WEBマーケティングをもっと身近に。

求人メディアのWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

求人メディアのWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

「求人サイトのWEB集客ではどのような記事を作成すれば良いのか」「どのように記事制作を進めれば良いのか」など、お悩みではないでしょうか?この記事では、求人サイトのWEB集客において記事作成を行うメリットからキーワード選定の方法、記事作成の流れなど、初めてWEB集客に取り組む求人サイトにも分かりやすく解説します。

プラスワードバナー画像

【求人サイトの定義】

求人サイトには、人材を採用したいと考えている企業や就職・転職したいと考えている求職者が登録するサイトと、自社だけで直接人材を確保するために用意した求人専用のサイトがあります。
「求人サイト」と表現される場合には、前者を思い浮かべるケースが一般的です。「求人媒体」と表現するケースもあります。
この記事では、求人するために自社で求人サイトを構築・運用するケースと、企業と求職者から登録してもらう形式のサイトが集客するケースの両方について解説します。

1

求人サイトが記事作成(コンテンツSEO)を行うメリット

求人サイトが記事作成を行うメリットは、以下の3つです。

  • 求人、採用に関する情報が豊富であることをユーザーにアピールできる
  • 求人に関連するページを増産することで専門性が高まりSEOに効果的になる
  • 将来サイトに登録する可能性のある潜在顧客へアプローチができる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

1-1

求人、採用に関する情報が豊富であることをユーザーにアピールできる

求人サイトが記事作成を行うメリットの1つ目は、求人、採用に関する情報が豊富であることをユーザーにアピールできることです。求人サイトを利用するユーザーには、就職・転職したいと考えている求職者と、自社にマッチする人材を探している企業がいます。

求人サイトを利用する求職者の目的は就職・転職することなので求人情報が豊富であることは重要ですが、以下のような就職・転職に関する記事を作成しておくことで、求人サイトを利用しながら就職・転職活動を行うユーザーに対し利便性の高さをアピールできます。

  • 就職・転職活動の流れ
  • 履歴書・職務経歴書の書き方
  • 面接対策

同様に、求人・採用に関する記事を作成することで、人材を見つけるために求人サイトに登録する企業側に対しても利便性の高さをアピールできます。

一方、求職者と企業では必要な情報が異なるため、それぞれ別のカテゴリで記事を作成する必要があります。

1-2

求人に関連するページを増産することで専門性が高まりSEOに効果的になる

求人サイトが記事作成を行うメリットの2つ目は、求人に関連するページを増産することで専門性が高まりSEOに効果的になることです。Googleに代表される検索エンジンは、サイト内に掲載している記事の情報から、サイトがどの分野・ジャンルに関する専門性が高いのかを判断しています。

例えば、「求人に関連するページ」を増産した場合、「求人」に関する専門性が高いと判断されるわけです。一方、「転職に関するページ」を増産した場合は「転職」に関する専門性が高いと判断されます。

「求人サイト」は企業側だけでなく求職者も使用する可能性がありますが、「求人」は主に企業側が使用する用語です。

「求人」に関する専門性を高めた場合は「求人」に関連したキーワードで上位表示を狙いやすくなるため、人材を探している企業を集客しやすくなります。一方、求職者を集客する場合には、「転職」に関する専門性を高めた方が効果的です。

1-3

将来サイトに登録する可能性のある潜在顧客へアプローチができる

求人サイトが記事作成を行うメリットの3つ目は、将来サイトに登録する可能性のある潜在顧客へアプローチができることです。

求人サイトの顕在顧客・潜在顧客は以下の通りです。

顕在顧客・登録する求人サイトを探している求職者
・登録する求人サイトを探している企業
潜在顧客・人材を確保したいと考えている企業
・自社で求人しているものの人材が確保できていない企業
・就職・転職したいと考えている求職者
・企業の求人に応募しているものの採用してもらえない求職者


顕在顧客である求職者や企業は、どこの求人サイトに登録するかを比較・検討します。一方、潜在顧客である求職者や企業は、求人サイトの存在は理解していても、現時点では必要だと意識しているわけではありません。

顕在顧客に対してはリスティング広告やSNSアカウント運用によってもアプローチできますが、潜在顧客に効率良くアプローチできるわけではありません。

一方、求人サイトの見込み顧客に向けて有益なコンテンツを作成するコンテンツSEOであれば、潜在顧客に対して効率良くアプローチでき、サイトへの登録を自然に促すことも可能です。

2

求人サイトの記事作成におけるキーワード選定の方法

求人サイトの記事作成におけるキーワード選定では、顕在顧客と潜在顧客が検索時に使用する可能性が高いキーワードを選定します。

前述したように、求人サイトの見込み顧客には求職者と企業の両方がいますが、顕在顧客が使用するキーワードが大きく異なるわけではありません。

【顕在顧客向けのキーワード例】

  • 求人サイト 正社員
  • 採用サイト 福岡
  • 転職サイト 看護師

求人サイト求人サイト
求人媒体
採用サイト
転職サイト
転職エージェント
地域名福岡
東京
大阪
契約形態正社員
派遣
フリーランス
アルバイト
パート
職種エンジニア
士業
看護師


求人サイトや採用サイトといったキーワードに、地域名や契約形態、職種などのキーワードを組み合わせてキーワードを選定します。

一方、潜在顧客向けのキーワード選定では、求人サイトや採用サイトといったキーワードは使用しません。潜在顧客は求人サイトの利用を検討している段階ではないため、検索時に求人サイトや採用サイトといったキーワードを使って検索することはないからです。

潜在顧客がどのような悩みや疑問を抱えているのか、どのようなキーワードを使用するのかを想定してキーワードを選定する必要があります。

たとえば、履歴書の書き方が分からない求職者は「履歴書 書き方」と検索する可能性が高く、面接に不安を感じている求職者は「面接 コツ」「面接 自己紹介」と検索するはずです。

上記のようなケースでは求人サイトを利用するために検索しているわけではありませんが、求人サイトの見込み顧客となる可能性があります。

3

求人サイトの記事作成ポイント9選

求人サイトの記事作成のポイントは、以下の通りです。

  1. 履歴書や面接に関する記事は具体的な例や見本となるフォーマットを挿入する
  2. 記事のテーマが重複しないように注意する
  3. インタビューや事例を記事内で紹介する
  4. 著者・監修者を明記する
  5. データを掲載する場合は箇条書きリストやテーブル表を活用する
  6. 記事内に関連記事のリンクを設置しておく
  7. ユーザーが知りたい情報を網羅的に紹介する
  8. 記事を量産する場合は先にカテゴリ分けをしておく
  9. テーマが広くなる場合はカテゴリ分けに加えてタグ分けを使用する

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

3-1

【ポイント1】履歴書や面接に関する記事は具体的な例や見本となるフォーマットを挿入する

求人サイトの記事作成ポイントの1つ目は、履歴書や面接に関する記事は具体的な例や見本となるフォーマットを挿入することです。転職関連の記事で履歴書の書き方を解説する場合には、書き方に関するノウハウだけでなく、具体的に書かれた見本を記載しておくことも重要です。

テンプレートとして見本を用意しておくことで、文章の一部を変更するだけで履歴書を作成することができるため、ユーザーの利便性をさらに高めることができます。

また、手書きではなくパソコン上で履歴書を作成するケースが多いため、履歴書のフォーマットを用意しておき、ユーザーがダウンロードして使える機能を追加しておくことも効果的です。

3-2

【ポイント2】記事のテーマが重複しないように注意する

求人サイトの記事作成ポイントの2つ目は、記事のテーマが重複しないように注意することです。同じテーマで記事を作成したり、類似した内容で複数の記事を作成したりすると、検索エンジンから重複コンテンツとみなされる恐れがあります。

重複コンテンツだとみなされるデメリットは、以下の通りです。

  • 記事の評価が分散する
  • クローラビリティが低下する
  • ユーザーエクスペリエンスが悪化する

記事を作成する前に、類似した内容の記事をすでに作成していないか、同じ内容を何度も書いていないかを確認しておきましょう。

3-3

【ポイント3】インタビューや事例を記事内で紹介する

求人サイトの記事作成ポイントの3つ目は、インタビューや事例を記事内で紹介することです。

実際に利用したユーザーへ、インタビューを実施して記事にすることで利用者の感想をリアルに伝えることができるため、近年ではWEB集客で事例コンテンツを作成するケースが増加しています。

求人サイトを利用することを検討している段階の顕在顧客や、求人サイトを比較している段階の顕在顧客の課題は、求人サイトを利用することで目的が達成できるのかです。

実際に求人サイトを利用することで、希望する企業へ転職できた求職者や自社にマッチした人材を獲得できた企業に対してインタビューを行い事例として紹介することで、見込み顧客からの信頼性を高めることができます。

3-4

【ポイント4】著者・監修者を明記する

求人サイトの記事作成ポイントの4つ目は、著者・監修者を明記することです。Googleはコンテンツの質を評価する際に、記事にどのような内容が書かれているかだけでなく、誰が記事を書いたのかも重視しています。

転職に関する記事であれば、転職をしたことが一度もない人が書いた記事より、実際に求人サイトを利用して転職した人や転職サポートを専門に行っている人が書いた記事の方が高く評価されます。

一方、Googleは記事の内容から誰が書いた記事なのか判断することはできません。そのため、記事に著者を明記することで誰が書いた記事なのかを伝える必要があるわけです。

同様に、記事を執筆した人とは別の人が記事の内容を監修した場合には、著者と合わせて監修者も明記しておきましょう。記事に著者・監修者を明記することで記事の専門性や信頼性を高めることができ、ユーザーの利便性向上やSEO評価向上に繋がります。

3-5

【ポイント5】データを掲載する場合は箇条書きリストやテーブル表を活用する

求人サイトの記事作成ポイントの5つ目は、データを掲載する場合は箇条書きリストやテーブル表を活用することです。記事の内容によっては、情報を文章で伝えるより箇条書きリストやテーブル表の方が読みやすく伝わりやすい場合があります。

無理に文章にしてしまうと、かえって分かりにくくなってしまうかもしれません。
たとえば、類似した情報を列挙する場合は、文章よりも箇条書きの方がおすすめです。

文章求人サイトの記事作成のポイントは、履歴書や面接に関する記事は具体的な例や見本となるフォーマットを挿入することや、記事のテーマが重複しないように注意すること、インタビューや事例を記事内で紹介することです。
箇条書き求人サイトの記事作成のポイントは、以下の通りです。
・履歴書や面接に関する記事は具体的な例や見本となるフォーマットを挿入する
・記事のテーマが重複しないように注意する
・インタビューや事例を記事内で紹介する


箇条書きを活用することで1文の文字数を抑え、情報を完結に伝えることができます。

文章を箇条書きにする場合に使用するタグは以下の通りです。

  • <ul>
  • <ol>
  • <li>

<ul>と<li>、もしくは<ol>と<li>を組み合わせて文章を箇条書きにします。

また、年齢別の求人数といった複数のデータを扱う場合には、文章よりもテーブル表がおすすめです。

年齢求人数
20代○○人
30代××人
40代△△人


文章をテーブル表にする場合に使用するタグは以下の通りです。

  • <table>
  • <tr>
  • <th>
  • <td>

上記のケースに該当する場合には、文章ではなく箇条書きリストやテーブル表を活用するようにしましょう。

3-6

【ポイント6】記事内に関連記事のリンクを設置しておく

求人サイトの記事作成ポイントの6つ目は、記事内に関連記事のリンクを設置しておくことです。

たとえば、履歴書の書き方の記事を見た人は、以下のような情報の書き方について解説した記事も読みたくなります。

  • 学歴・職歴欄の書き方
  • 免許・資格欄の書き方
  • 志望動機の書き方
  • 賞罰の書き方
  • 趣味・特技欄の書き方

また、履歴書の書き方を理解できた後には、面接の対策の記事が読みたくなることもあるかもしれません。記事を読んだ後にどのような記事を読みたくなるかを踏まえて、関連する記事への内部リンクを設置しておくことが重要です。

関連する記事へ内部リンクを設置することでユーザーの回遊性が高くなり、検索エンジンに対して記事同士の繋がりを明確に伝えることができます。

3-7

【ポイント7】ユーザーが知りたい情報を網羅的に紹介する

求人サイトの記事作成ポイントの7つ目は、ユーザーが知りたい情報を網羅的に紹介することです。特定のテーマに対する網羅性を高めることでサイトの専門性が高くなり、SEO対策としても高い効果が期待できます。

また、ユーザーにとっても再検索する必要性がなくなるため、サイトからの離脱を防止できます。特定のテーマに関する網羅性を高める場合には、関連キーワードやサジェストキーワードを確認して記事を作成する方法が効果的です。

たとえば、「履歴書」の関連キーワード・サジェストキーワードには以下のようなものがあります。

  • 履歴書 テンプレート
  • 履歴書 書き方
  • 履歴書 学歴
  • 履歴書 バイト
  • 履歴書 写真

上記のキーワードに対してそれぞれ記事を作成することで、「履歴書」に関する網羅性を高めることができます。

ただし、「履歴書 テンプレート」と「履歴書 ダウンロード」のように検索意図が類似しているケースや同じケースもあるため、個別に記事を作成するべきか検討したうえで作成するようにしましょう。

関連キーワード・サジェストキーワードは検索画面で確認できますが、以下のようなツールを使用することで効率良く探すことができます。

3-8

【ポイント8】記事を量産する場合は先にカテゴリ分けをしておく

求人サイトの記事作成ポイントの8つ目は、記事を量産する場合は先にカテゴリ分けをしておくことです。事前にカテゴリ分けしておくことで、類似した内容の記事を作成してしまうことを防ぎ、カテゴリの網羅性を高めることができます。

カテゴリ分けする場合にカテゴリ名にキーワードを入れると、SEO対策としても効果的です。

以下のように、カテゴリ名に入れたキーワードの関連キーワードで記事を作成することで、それぞれの記事同士の関連性が強くなります。

カテゴリ名キーワード
履歴書・職務経歴書履歴書 書き方
職務経歴書 書き方
履歴書 職務経歴書 違い
面接対策面接 質問
面接 マナー
面接 自己紹介
面接 服装


また、カテゴリ分けする場合には、複数の記事に共通するようなカテゴリを作成しないようにする必要があります。

ひとつの記事に対して複数のカテゴリを設定してしまうと、カテゴリページで記事を探すユーザーが何度も同じ記事を目にすることになり、既に読んだ記事なのか分かりにくくなってしまいます。

複数のカテゴリに記事を設定することで読まれる機会が増えると思われるかもしれませんが、実際にはユーザーの利便性が低下するだけで効果は期待できません。

どちらのカテゴリに含めれば良いか迷う記事がある場合には、カテゴリ分けの段階から見直すようにしましょう。

3-9

【ポイント9】テーマが広くなる場合はカテゴリ分けに加えてタグ分けを使用する

求人サイトの記事作成ポイントの9つ目は、テーマが広くなる場合はカテゴリ分けに加えてタグ分けを使用することです。基本的にサイトでさまざまなテーマを扱う場合であっても、カテゴリを増やすことで対応できます。

カテゴリ分けに加えてタグ分けを使用するのは、カテゴリ分けでは分類しにくい方向性で記事を分類した方が利便性が高くなるケースです。求職者は履歴書や職務経歴書、応募書類などさまざまな書類を書く必要があり、それぞれの書類に書く内容もさまざまです。

文章を書くことに慣れていない求職者の場合は、書き方に関する記事だけを読んでみたいと思うケースもあるかもしれません。一方、「書き方」というカテゴリを作成した場合、他のカテゴリと記事が重複してしまうことになります。

上記のようにカテゴリを作成することで記事の重複が発生してしまう場合には、カテゴリ分けでなくタグ分けがおすすめです。カテゴリとは別にタグを作成しておくことで、ユーザーは特定のテーマに関する記事だけを見つけやすくなります。

ただし、やみくもにタグを作成しすぎるとかえって目的の記事を見つけにくくなってしまうため、無理にタグ分けを行う必要はありません。

4

求人サイトの記事の推奨文字数と推奨記事作成数

求人サイトの記事の推奨文字数は3,000文字~5,000文字、推奨記事作成数は50ページ~100ページです。文字数が少なすぎればユーザーを十分に満足させることはできず、多すぎれば読むことに疲れたユーザーが記事から離脱する恐れがあります。

ユーザーの検索意図を考慮したうえで、必要な情報は網羅しているか、不要な情報を盛り込み過ぎていないかをチェックしながら記事を作成することが重要です。

記事の文字数の目安は、検索上位記事の文字数が参考になります。

記事の文字数をチェックできるツールは以下の通りです。

記事のURLやキーワードを入力することで、記事の文字数やタイトル、見出し構成などの情報を無料で確認できます。

ただし、記事の文字数は検索順位に直接影響を与える要素ではないため、特定の文字数を目指して記事を作成するのは効果的ではありません。記事の文字数より、ターゲットキーワードに対する検索意図を満たしているか、検索上位記事より網羅性が低くないかの方が重要です。

記事の作成数については多すぎても問題となるケースはありませんが、類似した内容の記事を複数作成してしまうと、検索エンジンから重複コンテンツとみなされる恐れがあります。

記事を作成するコストが無駄になってしまうため、記事を作成する前に類似した記事がないかをチェックしておきましょう。また、記事数を増やすことで該当するジャンル・テーマの専門性が高いと判断されるため、SEO対策として効果的です。

扱うテーマ次第で記事数は大きく異なるため、競合サイトを確認して記事数を決めるようにしましょう。

5

求人サイトのWEB集客における記事作成の流れ

求人サイトの記事作成の手順は以下の通りです。

  1. キーワードとテーマを選定する
  2. 記事の構成を作成する
  3. 執筆をする
  4. 関連する画像を用意する
  5. 記事を公開する
  6. 記事の効果検証、リライトを行う

それぞれの手順について詳しく解説します。

5-1

STEP1. キーワードとテーマを選定する

求人サイトのWEB集客における記事作成では、始めにキーワードとテーマを選定します。求人サイトの記事作成において始めにキーワードを選定するのは、記事のターゲットや書く内容を明確にするためです。

求人サイトで選定するキーワードには、採用する企業側が使用するキーワードと転職を目指す求職者が使用するキーワードの両方があるため、どちらをターゲットにしているのか、どちらが使用するのかを意識してキーワードを選定したうえで記事を作成しなければ、誰に向けた記事なのか分かりにくくなってしまいます。

「求人」を含むキーワードは企業側が主に使用するものの、求職者が使用するケースはほとんどありません。同様に、企業側は「転職」というキーワードを使って検索するケースは低いですが、求職者は「転職」というキーワードを含めて検索するケースが多いです。

求職者向けのカテゴリに企業向けの記事を分類しても効果的ではないため、どちらに向けた記事を作成するのかを意識してキーワードを選定する必要があります。

5-2

STEP2. 記事の構成を作成する

次に、求人サイトの見込み顧客へ向けたキーワードとテーマを元に、記事の構成を作成します。求人サイトの構成案作成では、記事を読むユーザーに何をさせたいのかを意識することが重要です。

求人サイトの場合、求職者に対しては会員登録、企業側に対しては問い合わせが獲得を目指すコンバージョンになります。コンバージョンが獲得できる文脈になっているか、CTAをどこに設置するのかを意識して構成案を作成しましょう。

5-3

STEP3. 執筆をする

次に、作成した記事の構成に従って、求人サイトの見込み顧客へ向けて記事を執筆します。求人サイト運営はBtoBビジネスでありBtoCビジネスでもあるため、企業と求職者のどちらに向けた記事なのかを意識して執筆することが重要です。

記事のテーマが求職者向けなのに企業を意識して執筆してしまうと、記事を読む求職者は自分に向けた記事ではないと勘違いしてしまうかもしれません。同様に、企業向けの記事に対して求職者を意識して執筆しても、問い合わせに結びつくことはないでしょう。

上記のように、記事のテーマとターゲットユーザーがマッチしていなければ、期待する効果が得られない恐れがあります。

5-4

STEP4. 関連する画像を用意する

次に、求人サイトの記事の内容と関連する画像を用意し、サムネイル画像とアイキャッチ画像を作成し、記事に設置します。

求人サイトで用意する画像は以下の通りです。

  • 記事の内容がイメージできる画像
  • 求人サイトを利用して採用できた企業の人事担当者の顔写真
  • 求人サイトを利用して転職できた就職者の顔写真

また、記事に画像を設置する際には、画像の内容を検索エンジンへ伝えるために、設置する画像にalt属性を設定しておきましょう。

5-5

STEP5. 記事を公開する

次に、完成した記事を求人サイトに公開します。

記事を公開する際の注意点は、以下の通りです。

  • 記事のテーマ・キーワードとターゲットユーザーがズレていないか
  • ターゲットユーザーにマッチした表現になっているか
  • 難読漢字に読み仮名は付けているか
  • 専門用語に解説を付けているか
  • 関連記事への内部リンクは設置しているか
  • タイトルタグや見出しタグは適切に設定できているか
  • 既存記事と内容が重複していないか
  • 著作権違反になっていないか
  • パーマリンクは適切に設定しているか

記事を公開した後でチェック・修正しても問題ないものもありますが、パーマリンク設定だけは修正が面倒なので記事を公開する前にチェックしておきましょう。

5-6

STEP6. 記事の効果検証、リライトを行う

最後に、記事の効果検証、リライトを行います。記事の効果検証は、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを使用します。

Googleアナリティクスではサイトを訪れた後のユーザーの行動を確認でき、Googleサーチコンソールでは検索エンジンを経由してサイトへ訪れるユーザーの行動が確認できます。


各ツールで記事が効果を発揮しているかを確認し、問題が見つかった場合には記事のリライトを実施します。

また、定期的に記事の内容をチェックし、記事に掲載された情報が古くないか、最新の情報を提供できているかを確認することも重要です。記事の鮮度はSEOにも影響しますが、記事の日付だけを変更するような作為的なリライトを実施すると逆効果になってしまう恐れがあります。

6

求人サイトの記事カテゴリ例

求人サイトの求職者に向けた記事カテゴリ例は以下の通りです。

  • 転職活動の流れ
  • 履歴書・職務経歴書
  • 面接対策
  • 転職についてのお役立ち情報
  • 内定後・退職について
  • 専門分野に特化している場合は、その中でカテゴリを作成する

求人サイトを利用する企業に向けた記事カテゴリについては、別に作成する必要があります。

6-1

転職活動の流れ

求人サイトの記事カテゴリ「転職活動の流れ」には、就職・転職を検討している求職者に向けて、転職活動の流れを解説した記事を作成します。ただし、転職する企業や職種によって「転職活動の流れ」が異なるわけではないので、あえてカテゴリを作成するかは検討する必要があります。

【記事作成例】

  • 転職活動の流れ
  • 転職活動で用意するもの・チェックリスト
  • 応募用紙の書き方
  • 転職スケジュール
  • 自己分析
6-2

履歴書・職務経歴書

求人サイトの記事カテゴリ「履歴書・職務経歴書」には、就職・転職を検討している求職者に向けて、履歴書・職務経歴書に関する記事を作成します。

【記事作成例】

  • 履歴書・職務経歴書の書き方
  • 履歴書と職務経歴書の違い
  • 履歴書・職務経歴書のテンプレート
  • 学歴の計算方法・早見表
  • 志望動機・自己PRの書き方
6-3

面接対策

求人サイトの記事カテゴリ「面接対策」には、就職・転職を検討している求職者に向けて、面接に関する記事を作成します。

【記事作成例】

  • 面接のコツ
  • 面接でよく聞かれる質問
  • 面接時のマナー・服装
6-4

転職についてのお役立ち情報

求人サイトの記事カテゴリ「転職についてのお役立ち情報」には、転職後のキャリアについてや職業別の年収について、異業種への転職についてなど、転職を視野に入れている求職者向けの記事を作成します。

ただし、前述した「転職活動の流れ」や「履歴書・職務経歴書」、「面接対策」も「転職についてのお役立ち情報」に含まれるため、基本的には具体的な内容が分かるカテゴリを作成する方が効果的です。

分類しづらいテーマの記事を、「転職についてのお役立ち情報」に分類する運用をおすすめします。

6-5

内定後・退職について

求人サイトの記事カテゴリ「内定後・退職について」には、内定をもらった後に、前の企業を退職する手続きについて解説した記事を作成します。ただし、内定と退職は基本的に異なるテーマなので、同じカテゴリに含めるべきかは検討する必要があります。

再就職先が決まらないまま退職を検討するケースなど、内定とは全く関係なく退職について調べるケースも想定されるからです。内定をもらった後に退職する場合と再就職先が未定のまま退職する場合では退職手続きが大きく異なるため、記事を作成する際には混同しないように注意する必要があります。

6-6

専門分野に特化している場合は、その中でカテゴリを作成する

特定の専門分野に特化している求人サイトの場合、専門分野の親カテゴリを作成し、その中に子カテゴリを作成します。

【エンジニアの転職に特化した求人サイトの記事カテゴリ例】

親カテゴリ子カテゴリ
エンジニア転職転職活動の流れ
履歴書・職務経歴書
面接対策
転職についてのお役立ち情報
内定後・退職について


一方、複数の分野の求人を扱う場合には、子カテゴリではなくタグとして設定することをオススメします。

7

求人サイトに関する記事作成例

【 株式会社マイナビ】

株式会社マイナビ
画像引用元:https://job.mynavi.jp/conts/2025/index.html?1705560579517

マイナビが、コンテンツマーケティングにおいて成功を収めた主要な理由は、そのターゲットに合わせた多様で実践的な情報提供にあります。

まずインターンシップ、業界研究、選考対策、就活ノウハウといった幅広いテーマによって、就職活動における様々な段階やニーズに対応しています。さらに、自己分析ツールのような便利なツールを提供することで、利用者の滞在時間の延長とエンゲージメントの向上を図っています。

また、時期に応じて卒業年度ごとのコンテンツをトップに表示することで、タイムリーかつ関連性の高い情報を提供し続けています。

これらの戦略で、利用者にとって価値ある情報を継続的に提供することで、信頼とブランド力の強化に繋げています。

8

まとめ

今回は、求人サイトのWEB集客において記事作成を行うメリットからキーワード選定の方法、記事作成ポイント、推奨文字数と推奨記事作成数、記事作成の流れまで解説しました。

求人サイトのコンテンツSEOでは、企業と求職者のどちらを集客するのか、どのようなキーワードで検索されているのかを意識して記事を作成することが重要です。

本記事で解説したキーワード選定の方法と記事作成ポイントを参考に、見込み顧客を集客できる記事を作成しましょう。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。 サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超のノウハウをSEOサービスに反映し、3,000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

RECOMMENDED ARTICLES

ぜひ、読んで欲しい記事

  • SEOと文字数は関係ない│多いページが上位される本当の理由を解説のサムネイル画像です

    SEOと文字数の関係│多いページが上位表示されている理由を解説

    2024/04/12

  • YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説のサムネイル画像です

    YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説

    2024/04/03

  • リライトとは?リライト記事の選び方とSEO効果を高めるやり方を解説のサムネイル画像です

    リライトとは?SEO効果を高めるやり方とコツを解説

    2024/03/12

  • 社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/27

backtotop