WEBマーケティングをもっと身近に。

ジム・パーソナルトレーニングのWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

ジム・パーソナルトレーニングのWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

「トレーニングジムやフィットネスジム、パーソナルトレーニングのWEB集客ではどのような記事を作成すれば良いのか」記事制作の進め方など、お悩みではないでしょうか?本記事では、ジムのWEB集客において記事作成を行うメリットからキーワード選定の方法、記事作成の流れなど初めてWEB集客に取り組むジムにも分かりやすく解説します。

1

ジム・パーソナルトレーニングのWEB集客で記事作成(コンテンツSEO)をするメリット

ジム・パーソナルトレーニングのWEB集客で、記事作成をするメリットは以下の4つです。

  1. トレーニングに関する専門性が高い事をユーザーにアピールできる
  2. トレーニングに関連するページが増えるのでサイトの専門性が上がりSEO効果が高まる
  3. トレーニングに興味を持っている潜在層にアプローチできる
  4. SNSでの拡散や、自然な被リンクを獲得できる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

1-1

トレーニングに関する専門性が高い事をユーザーにアピールできる

ジム・パーソナルトレーニングのWEB集客で記事作成をするメリットの1つ目は、トレーニングに関する専門性が高い事をユーザーにアピールできることです。

WEBサイトにサービスページや料金ページがあれば、どのような機材が用意されているのかや利用料金がどの程度なのかは分かりますが、トレーナーの知識や経験がどのくらいなのかは分かりません。

一方、トレーニングに関する記事を作成することで、トレーニングに関する専門性の高さをトレーニングジムやフィットネスジム、パーソナルトレーニングの利用を検討している顕在顧客に対してアピールすることが可能です。

また、トレーニングジムやフィットネスジム、パーソナルトレーニングに在籍しているトレーナーのプロフィールを紹介するページを作成しておけば、

  • どのようなトレーナーが指導をするのか
  • どのような経歴の持ち主なのか
  • どのような対応をするのか

といった事を伝えることができ、利用を検討している見込み顧客に対して安心感を与えることができます。

1-2

トレーニングに関連するページが増えるのでサイトの専門性が上がりSEO効果が高まる

ジム・パーソナルトレーニングのWEB集客で記事作成をするメリットの2つ目は、トレーニングに関連するページが増えるのでサイトの専門性が上がりSEO効果が高まることです。

WEBサイトにおける「専門性(Expertise)」とは、特定のテーマに関する情報の多さ・深さを評価するGoogleがコンテンツの品質を評価する際に利用する指標のひとつです。

専門性(Expertise)に経験(Experience)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trust)を加え、E-E-A-Tと呼ばれています。E-E-A-TはGoogle検索品質評価ガイドラインに記載されているコンテンツの評価基準であり、各項目が高いと評価されたWEBサイトは高いSEO効果が期待できるようになります。

具体的なトレーニングのやり方やトレーニングの効果、トレーニング時の注意点といったトレーニングに関連するページを増やすことで、E-E-A-Tの1種である専門性が高いと判断されます。

実際にトレーニングを行っている人が記事を執筆することで、E-E-A-Tの経験(Experience)が高いと判断される効果も期待できます。さらに、実際にトレーニングジムを運営しているWEBサイトが記事を作成することで、権威性や信頼性も高いと評価されます。

また、トレーニングやフィットネス、ダイエットなどのテーマはYMYLジャンルに該当するため、上記のE-E-A-Tが特に大きな影響を与えます。

YMYLとは、人のお金や健康、政治、社会福祉に関するジャンルです。YMYLに該当するジャンルは人の人生に大きな影響を与える可能性が高いため、E-E-A-Tが低いWEBサイトは検索結果の上位に表示されにくくなっています。

逆に言えば、E-E-A-Tを高めやすいジム・パーソナルトレーニングのWEBサイトで記事を作成することは、SEOにおいて有利であるということです。

1-3

トレーニングに興味を持っている潜在層にアプローチできる

ジム・パーソナルトレーニングのWEB集客で記事作成をするメリットの3つ目は、トレーニングに興味を持っている潜在層にアプローチできることです。

リスティング広告を出稿したり自社SNSアカウントを運用したりすることで、トレーニングジムやフィットネスジム、パーソナルトレーニングの利用を検討している顕在顧客へアプローチすることは可能です。

しかし、トレーニング自体に興味はあるものの、ジムに行ってトレーニングしようと考えていなかったり、ジムを探していなかったりするユーザーの場合、ジムの広告や投稿に興味を持たない可能性が高く、なかなかアプローチすることはできません。

一方、トレーニングに興味を持っているユーザーが持つ悩みや疑問を解消できる記事を作成すれば、検索画面の上位に表示されやすくなり、潜在顧客に対しても効率良くアプローチできます。

1-4

SNSでの拡散や、自然な被リンクを獲得できる

ジム・パーソナルトレーニングのWEB集客で記事作成をするメリットの4つ目は、SNSでの拡散や自然な被リンクを獲得できることです。

作成した記事が読者を満足させることができれば、記事を読んだ読者からSNSで記事を拡散してもらえたり、読者がWEBサイトの運営者であれば運営しているWEBサイトで記事を紹介してもらえたりするかもしれません。

記事がSNSで拡散されたり被リンクを獲得できたりすれば、検索流入とは別の経路からの流入が期待できるようになり、アクセス数が増加します。

また、トレーニングジムやフィットネスジム、パーソナルトレーニングの名称がSNSや外部サイトで使用されたり(サイテーション)、外部サイトに記事へのリンクを設置してもらえたり(被リンク)すれば、高いSEO効果が期待できます。

2

ジム・パーソナルトレーニング関連の記事作成におけるキーワード選定の方法

ジム・パーソナルトレーニング関連の記事作成におけるキーワード選定では、顕在顧客と潜在顧客が検索時に使用する可能性が高いキーワードを選定します。

【ジム・パーソナルトレーニングの主な顕在顧客と潜在顧客】

顕在顧客・ジム・パーソナルトレーニングの利用を検討しているユーザー
・利用するジム・パーソナルトレーニングを比較・検討しているユーザー
潜在顧客・トレーニング方法を調べているユーザー
・トレーニングやフィットネス、ダイエットに興味があるユーザー


比較・検討段階の顕在顧客の場合、以下のようなキーワードを組み合わせて検索する可能性が高いです。
ジムの名称キーワードトレーニングジム
フィットネスジム
パーソナルトレーニング
パーソナルジム
ダイエットジム
スポーツジム
地域名キーワード福岡市
足立区
特性
特徴
強みキーワード
女性専用
酸素カプセル
手ぶら
HIIT
アスリート


【例】

  • フィットネスジム 福岡市 女性
  • トレーニングジム 足立区 HIIT

また、「〇〇スポーツクラブ 評判」「〇〇トレーニングジム 料金」といったように、指名キーワードを加えて検索するケースもあります。

一方、トレーニングジムやフィットネスジム、パーソナルトレーニングの利用は検討していないものの、運動やダイエットに興味がある潜在顧客が検索時に使用するキーワードは以下の通りです。

  • 有酸素運動 効果
  • 体脂肪 落とし方
  • 食事制限なし 筋トレ
3

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイント10選

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイントは、以下の通りです。

  1. 自社の強みにあわせたターゲットとテーマを設定する
  2. トレーニング例やトレーニング時間、期間を紹介する
  3. トレーニング方法は動画を使って具体的に解説する
  4. トレーニングのコツや注意点もあわせて紹介する
  5. トレーニングに関する専門用語は分かりやすく解説する
  6. デメリットを書く場合は書き方に注意する
  7. 実際通っている人の口コミを紹介する
  8. Instagramを利用している場合は、写真を記事にも挿入する
  9. 記事を大量に作成する場合は、事前にカテゴリ分けをしておく
  10. 幅広いテーマを扱う場合はタグを使用する

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

3-1

【ポイント1】自社の強みにあわせたターゲットとテーマを設定する

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイントの1つ目は、自社の強みにあわせたターゲットとテーマを設定することです。

トレーニングジムやフィットネスジム、パーソナルトレーニングを比較・検討している段階のユーザーは、他のジムと比べてどのような特徴があるのか、どのような強みがあるのかを特に意識してチェックします。

「誰にでもオススメです」「どんなトレーニングでもできます」「さまざまな器具を用意しています」といったように汎用的なアピールだと、かえって読者から敬遠されてしまう恐れがあります。

特にどのようなユーザーにオススメの施設なのか、どのようなトレーニング方法が得意なのか、有人の施設なのかといった、自社の専門性や得意分野をアピールすることが重要です。また、自社の得意分野に関する記事を作成することで、自社の施設にマッチしたユーザーだけを集客することが可能です。

どのような強みがあり、どんな人に会員になってほしいのかを決定した上で記事ターゲットを設定し、見込み顧客に向けて情報を発信するようにしましょう。

3-2

【ポイント2】トレーニング例やトレーニング時間、期間を紹介する

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイントの2つ目は、トレーニング例やトレーニング時間、期間を紹介することです。たとえば、「ダイエット やり方」と検索するユーザーは、単純にやり方を知りたいだけではなく、効果が出るまでにどのくらいの時間がかかるのかについても知りたいと考えています。

キーワードから表面的な検索意図を想定して記事を作成するのではなく、検索キーワードには現れていない検索意図や検索することで達成したいことは何かを想定し、読者を満足させる記事を作成することが重要です。

理想の身体作りまでの期間を紹介することで、実際通う場合もイメージがしやすくなります。

3-3

【ポイント3】トレーニング方法は動画を使って具体的に解説する

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイントの3つ目は、トレーニング方法は動画を使って具体的に解説することです。ほとんどのトレーニング方法は、テキストや画像だけでは十分に解説することができません。

動画はテキストや画像よりも情報量が多く読者の記憶にも定着しやすいため、トレーニング方法を解説する場合には、実際の動きを正確に伝えられる動画を作成し、記事に設置するようにしましょう。

動画はモバイル端末からの視聴にも適しており、記事からの離脱を防止したり、SNSでの拡散されたりする効果も期待できます。

3-4

【ポイント4】トレーニングのコツや注意点もあわせて紹介する

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイントの4つ目は、トレーニングのコツや注意点もあわせて紹介することです。

たとえば、「上腕二頭筋 ストレッチ やり方」と検索するユーザーは、単純にやり方を知りたいだけではなく、どうすれば上手くできるのか、どのような点に注意すれば良いのかについても知りたいと考えています。

キーワードから表面的な検索意図を想定して記事を作成するのではなく、検索キーワードには現れていない検索意図や検索することで達成したいことは何かを想定し、読者を満足させる記事を作成することが重要です。

3-5

【ポイント5】トレーニングに関する専門用語は分かりやすく解説する

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイントの5つ目は、トレーニングに関する専門用語を分かりやすく解説することです。

トレーナーの間では日常的に使用している用語であっても、トレーニングを始めたばかりのユーザーだと、トレーニング器具やトレーニング方法の正式な名称を聞いたことがなかったり、正確な意味を理解していない可能性もあります。

初めて専門用語を目にする初心者の理解を助けるために、用語の解説も合わせて紹介するようにしましょう。

3-6

【ポイント6】 デメリットを書く場合は書き方に注意する

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイントの6つ目は、デメリットを書く場合は書き方に注意することです。

記事にメリットだけでなくデメリットを書くことは非常に重要なことですが、どのような場合にデメリットが発生するのか、どうすればデメリットを抑えることができるのかまで解説しなければ、読者に対してマイナスの印象を与えてしまうかもしれません。

多くのユーザーはデメリットの裏返しとしてメリットが得られることは理解しており、意図的にデメリットを解説しなかったり軽視したりすれば、かえって読者からの信頼低下に繋がります。

3-7

【ポイント7】実際通っている人の口コミを紹介する

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイントの7つ目は、実際に通っている人の口コミを紹介することです。ジム・パーソナルトレーニングを比較・検討している段階のユーザーは、実際に通っているユーザーがどう感じているのか、どのような口コミがあるのか調べるケースが多いです。

自社WEBサイトでお客様の声を紹介する記事を作成することで、入会を検討しているユーザーの後押しに繋がります。お客様の声として紹介する場合、SNSなどの口コミを紹介するのではなく、実際に利用したお客様へインタビューを実施し、記事化することが重要です。

SNSに投稿されている口コミはすでにユーザーが目にしている可能性が高く、記事で紹介しても参考になりません。自社でお客様に対するアンケートやインタビューを実施することで、記事の独自性が高まり、SEO効果も期待できます。

3-8

【ポイント8】Instagramを利用している場合は、写真を記事にも挿入する

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイントの8つ目は、Instagramを利用している場合は、写真を記事にも挿入することです。自社Instagramアカウントを運用して集客している場合には、投稿で使用した画像を記事にも転用することで、SEO評価やユーザーからの満足度が向上します。

ただし、記事の内容と関係のない画像を設置してはいけません。

また、自社Instagramアカウントを運用していない場合においても、記事に画像が必要な場合には積極的に設置することをオススメします。

3-9

【ポイント9】記事を大量に作成する場合は、事前にカテゴリ分けをしておく

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイントの9つ目は、記事を大量に作成する場合は、事前にカテゴリ分けをしておくことです。

【ジム・パーソナルトレーニングのWEBサイトにおけるカテゴリ例】

  • TOPページ
  • はじめての方へ
  • コンセプト紹介
  • トレーニングコース紹介
  • トレーナー紹介
  • ボディメイク例
  • ご予約の流れ
  • ジム設備紹介
  • よくある質問
  • 新着情報
  • ブログ・コラム
  • お問い合わせ
  • Web予約ページ

ブログ・コラムカテゴリの下に、トレーニングをする体の部位や器具ごとにカテゴリを作成することで、ユーザーが目的の記事に到達しやすくなり、カニバリ防止にもなります。

3-10

【ポイント10】幅広いテーマを扱う場合はタグを使用する

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成ポイントの10つ目は、幅広いテーマを扱う場合はタグを使用することです。幅広いテーマを扱う場合でも、ブログ・コラムカテゴリの下に複数の子カテゴリを作成することで、記事を分類する事ができ、ユーザーが関連記事を見つけやすくなります。

カテゴリとは別にタグを設置する場合、カテゴリ分けとは別の方向性から記事を分類するようにしましょう。カテゴリと同じようにタグ分けを行ったりむやみにタグを作成したりすると、記事の分類が分かりにくくなり、かえって読者の利便性が低下します。

4

ジム・パーソナルトレーニングに関する記事の推奨文字数と推奨記事作成数

ジム・パーソナルトレーニングに関する記事の推奨文字数は3,000文字~5,000文字、推奨記事作成数は50ページ~100ページです。記事の文字数が検索順位に直接影響を与えるわけではありませんが、文字数があまりにも少なすぎると検索意図を満たしていないと判断される恐れがあります。

一方、数万文字といったあまりにも文字数が多すぎる記事の場合、途中で読むことを面倒に感じて最後まで記事を読んでもらえず、途中で離脱されてしまうかもしれません。

どのくらいの文字数が最適なのかを判断できない場合は、上位表示を狙っているキーワードの上位記事の文字数を確認しましょう。検索上位記事の文字数を確認する場合は、ラッコツールズ工房の「見出し(hタグ)抽出」やラッコキーワードの「見出し抽出」がオススメです。

記事URLやキーワードを入力することで、記事の文字数に加えて以下のような情報も取得できます。

  • 記事タイトル
  • ディスクリプション
  • 見出し

また、記事数についても文字数と同様に直接検索順位に影響を与える要素ではありませんが、記事数が多いほど特定のテーマ・ジャンルに関する網羅性・専門性を高めることができます。

どのくらいの記事数が最適なのかを判断できない場合は、競合サイトのインデックス数を確認するようにしましょう。競合サイトのインデックス数は、Google検索の「site:」コマンドで調べることができます。

5

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成の流れ

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成手順は、以下の通りです。

  1. キーワードとテーマを選定する
  2. 構成を作成する
  3. 執筆をする
  4. 関連する画像を用意する
  5. 記事を公開する
  6. 作成した記事は定期的に見直し、リライトを行う

それぞれの手順について詳しく解説します。

5-1

STEP1. キーワードとテーマを選定する

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成では、始めにキーワードとテーマを選定します。ジム・パーソナルトレーニングの記事作成において始めにキーワードを選定するのは、記事のターゲットや書く内容を明確にするためです。

上位表示を狙うキーワードを設定せずに記事を作成すると、検索意図を満たしていない記事になってしまったり、誰に向けた記事なのか曖昧な記事になってしまったり、類似した記事を何度も作成してしまったりする恐れがあります。

前述した「ジム・パーソナルトレーニング関連の記事作成におけるキーワード選定の方法」を参考に、キーワードを選定した上で記事の作成に着手しましょう。

5-2

STEP2. 構成を作成する

次に、ジム・パーソナルトレーニングの見込み顧客へ向けたキーワードとテーマを元に、記事の構成を作成します。

記事の構成を作成せずに執筆を始めてしまうと、以下のような問題が発生する恐れがあります。

  • 問い合わせに結びつかない文脈になる
  • 検索意図を十分に満たしていない記事になる
  • 何度も同じ内容を解説してしまう
  • 読者の満足度が低下して離脱率が高くなる

5-3

STEP3. 執筆をする

次に、作成した記事の構成に従って、ジム・パーソナルトレーニングの見込み顧客へ向けて記事を執筆します。

記事を執筆する際のポイント・注意点は、以下の通りです。

  • 正しい文法で執筆しているか
  • 記事を読む読者に向けた表現になっているか
  • 分かりにくい表現を多用していないか
  • 著作権・薬機法違反になっていないか
  • メリットだけでなくデメリットも紹介しているか
  • 問い合わせに繋がる文脈になっているか
5-4

STEP4. 関連する画像を用意する

次に、ジム・パーソナルトレーニングの記事の内容と関連する画像を用意し、サムネイル画像とアイキャッチ画像を作成し、記事に設置します。

記事に設置する画像は、以下の通りです。

  • ジムの外観
  • ジムで利用できる設備
  • トレーナー・ジム運営者の顔写真
  • ジムを利用したお客様の顔写真

画像だけでなく、トレーニング方法を解説した動画も記事に設置しておきましょう。

5-5

STEP5. 記事を公開する

次に、完成した記事をジム・パーソナルトレーニングのWEBサイトで公開します。

記事を公開する前に確認する項目は、以下の通りです。

  • 誤字脱字はないか
  • 適切にタイトルタグや見出しタグ、ディスクリプションタグは設定されているか
  • 記事の内容と読者がマッチしているか
  • 検索意図を十分に満たしているか
  • 検索上位記事と比べて情報が不足していないか
  • 情報は最新のものになっているか
  • CTAは設置されているか

上記が十分に実施されていないと、検索上位表示されにくくなったり、記事から問い合わせが獲得できなかったりする恐れがあります。

5-6

STEP6. 作成した記事は定期的に見直し、リライトを行う

最後に、作成した記事は定期的に見直しリライトを行います。
リライトとは、作成した記事を書き直すことです。

以下のような状況でリライトを実施します。

  • 文章が読みにくい
  • 記事の内容と読者がマッチしていない
  • 掲載した情報に変更点があった
  • 検索意図が変化した
  • 問い合わせに結びついていない

リライトする必要があるかを定期的にチェックする必要がありますが、意味もなく文章を書き直したり、記事の鮮度を偽装するようなリライトを実施しても効果は得られません。

記事のどこに問題があるのかを確認し、問題点を解消するリライトを実施することが重要です。記事の内容によっては、記事を削除して新規作成したり、他の記事と統合したりするケースもあります。

6

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成の注意点

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成注意点は、以下の3つです。

  1. 執筆は薬機法に注意する
  2. 中長期的な施策として考える
  3. コピーコンテンツは避ける

それぞれの注意点について詳しく解説します。

6-1

執筆は薬機法に注意する

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成注意点の1つ目は、執筆は薬機法に注意することです。ダイエットや健康に関する記事のすべてで薬機法を意識する必要はありませんが、サプリメントや健康食品などは薬機法に関わるため、表現や書き方に注意する必要があります。

【NGな書き方】

  • これを飲めば必ず痩せる!
  • 脂肪燃焼・デトックス効果がある
  • 最高の効果
  • 便秘・メタボ改善

ジム・パーソナルトレーニングの記事が薬機法に違反している場合、業務改善命令や業務停止命令、措置命令、許可・登録の取り消しなどの行政処分を受ける恐れがあります。

また、2021年8月の改正薬機法施行に伴い課徴金制度が導入され、売上に対して4.5%の課徴金が課せられるようになりました。

記事が薬機法に違反しているかどうかの判断は非常に難しいため、弁護士などの法律の専門家に依頼してチェックしてもらうか、薬機法に関する知見の豊富な記事制作会社へ依頼することをオススメします。

6-2

中長期的な施策として考える

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成注意点の2つ目は、中長期的な施策として考えることです。

リスティング広告は出稿してすぐに効果が得られますが、リスティング広告を何年も出稿しているからといって、期待できる効果が変化するわけではありません。同じ設定・金額でリスティング広告を出稿した場合、1年目でも5年目でも期待できるアクセス数は同じです。

一方、コンテンツSEOは効果を発揮するまでに一定の時間が必要な施策であり、実施した内容が適切なのかを検証・確認しなければいけません。間違った方法で実施していた場合には、見直しを行う必要があります。

6-3

コピーコンテンツは避ける

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成注意点の3つ目は、コピーコンテンツは避けることです。

作成した記事がコピーコンテンツだとみなされてしまうと、検索エンジンからの評価が分散して効果が見込めなかったり、著作権違反とみなされ社会的なペナルティを受ける恐れがあります。

コピーコンテンツとは、URLが異なるにもかかわらず、記事の内容が全く同じ、あるいはほとんどが同じ記事です。サイト内の記事同士で発生するコピーコンテンツと、サイト外の記事との間で発生するコピーコンテンツの2種類があります。

サイト内で発生したコピーコンテンツは検索エンジンからペナルティを受けることはありませんが、サイト外の記事との間で発生するコピーコンテンツは、検索エンジンからペナルティを受けて検索順位が低下したりインデックスから除外されてしまう恐れがあります。

また、場合によっては著作権違反とみなされ、外部サイトの運営者から訴えられたり、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方が科されたり(法人の場合には3億円以下の罰金刑)する恐れがあります(著作権法第119条1項)。

7

ジム・パーソナルトレーニングの記事作成例

【スマートフィット100】

スマートフィット100
画像引用元:https://smartfit100.com/

スマートフィット100は、24時間営業により利用者に柔軟な時間帯でのトレーニングを提供し、手頃な価格設定と高いセキュリティを実現しています。

当ジムでは、性別やトレーニングの目的に応じたブログコンテンツを提供し、初心者の方にも分かりやすい情報をお届けしています。具体的な内容は、Instagramの埋め込み動画を使用して解説しています。これにより、他のジムとの差別化を図っています。

また、サイドメニューには様々な検索タグを配置しており、ユーザーが興味のある記事を簡単に検索できるように工夫しています。このアプローチにより、ユーザーエンゲージメントを向上させ、WEBサイトのSEO効果を高める役割を果たしています。

読者のニーズに合わせた内容とアクセスしやすい構造が、スマートフィット100の成功の鍵となっています。

8

まとめ

今回は、トレーニングジムやフィットネスジム、パーソナルトレーニングのWEB集客において記事作成を行うメリットからキーワード選定の方法、記事作成ポイント、推奨文字数と推奨記事作成数、記事作成の流れまで解説しました。

検索ユーザーに向けた記事を作成することで、顕在顧客だけでなく潜在顧客を集客する事が出来ます。

ただし、特定の地域だけで運営しているトレーニングジムやフィットネスジム、パーソナルトレーニングの場合、店舗から遠く離れた地域に住むユーザーを集客しても、問い合わせに結びつくとは限りません。

ローカルビジネスの場合には、全国に向けてコンテンツSEOを実施するより、Googleマップを利用したMEO対策を実施した方が効果的です。


この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。 サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超のノウハウをSEOサービスに反映し、3,000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

RECOMMENDED ARTICLES

ぜひ、読んで欲しい記事

  • SEOと文字数は関係ない│多いページが上位される本当の理由を解説のサムネイル画像です

    SEOと文字数の関係│多いページが上位表示されている理由を解説

    2024/04/12

  • YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説のサムネイル画像です

    YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説

    2024/04/03

  • リライトとは?リライト記事の選び方とSEO効果を高めるやり方を解説のサムネイル画像です

    リライトとは?SEO効果を高めるやり方とコツを解説

    2024/03/12

  • 社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/27

backtotop