WEBマーケティングをもっと身近に。

旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

「旅行・観光業界のWEB集客ではどのような記事を作成すれば良いのか」「どのようにコンテンツSEOを進めれば良いか」など、お悩みではないでしょうか?本記事では、旅行・観光業界がWEB集客で記事を作成するメリットからキーワード選定の方法や記事作成の流れまで、初めてWEB集客に取り組むサイト運営者にも分かりやすく解説します。

プラスワードバナー画像
1

旅行・観光業界がWEB集客で記事を作成(コンテンツSEO)するメリット

旅行・観光業界がWEB集客で記事を作成するメリットは、以下の4つです。

  1. 旅行・観光に関する情報が豊富なことをユーザーにアピールできる
  2. 競合と差別化を図ることでオンラインからの直接予約が見込める
  3. 旅行・観光に関連するページを増やすことでSEOに効果的
  4. 旅行・観光を検討している潜在層にアプローチできる

それぞれのメリットについて具体的に解説します。

1-1

旅行・観光に関する情報が豊富なことをユーザーにアピールできる

旅行・観光業界がWEB集客で記事を作成するメリットの1つ目は、旅行・観光に関する情報が豊富なことをユーザーにアピールできることです。

宿泊施設の予約ページを作成しただけでは、ユーザーに対して旅行・観光に関する情報を十分に提供することはできません。

コンテンツSEOを実施することで旅行・観光に関する情報を掲載したページを作成すれば、サイトを訪れたユーザーに対して自サイトが旅行・観光に関する情報が豊富なことをユーザーにアピールできます。

また、旅行・観光に関する情報を掲載したページを作成することで検索画面に表示される機会が増加するため、検索して情報を収集しようとする幅広い見込み顧客にアプローチすることが可能です。

1-2

競合と差別化を図ることでオンラインからの直接予約が見込める

旅行・観光業界がWEB集客で記事を作成するメリットの2つ目は、競合と差別化を図ることでオンラインからの直接予約が見込めることです。

オンライン上でユーザーから見込み顧客からの予約を直接獲得するためには、何らかの方法でユーザーにサイトを訪れてもらう必要があります。サイトへユーザーを集客する方法は、リスティング広告やSNS広告などのWEB広告、新聞やTVCMなどのオフライン広告、SNSアカウント運用、SEO対策などです。

広告出稿では競合他社との差別化を意識することは難しいですが、コンテンツSEOを実施することによって、自サイトのページが検索結果の上位に表示され、検索エンジンから見込み顧客を自サイトへ集客できれば、予約ページへ見込み顧客を直接誘導できます。

リスティング広告で集客する場合だと競合他社との競争は避けられませんが、検索流入から自サイトへ見込み顧客を集客した場合には、競合他社との競争は発生することはありません。

1-3

旅行・観光に関連するページを増やすことでSEOに効果的

旅行・観光業界がWEB集客で記事を作成するメリットの3つ目は、旅行・観光に関連するページを増やすことでSEOに効果的であることです。Googleに代表される検索エンジンは、特定のテーマに関する情報が充実しているサイトを高く評価する傾向にあります。

たとえば、福岡県だけの観光情報を紹介しているサイトより、日本全国の観光情報を紹介しているサイトの方が評価が高くなり、検索上位に記事が表示されやすくなります。

旅行・観光に関連するページを増やすことでさまざまなキーワードで記事がインデックスされ、様々な記事が検索結果に表示されるため、色々なユーザーをサイトへ集客できサイトの回遊性が高くなるため、サイト全体のアクセス数が増加します。

1-4

旅行・観光を検討している潜在層にアプローチできる

旅行・観光業界がWEB集客で記事を作成するメリットの4つ目は、旅行・観光を検討している潜在層にアプローチできることです。宿泊施設の予約をしようとしている顕在顧客を集客する場合なら、リスティング広告を出稿することで効率良くアプローチできます。

しかし、旅行・観光を検討しているものの、WEBサイトで宿泊施設の予約をしようとしていない潜在顧客の場合、宿泊施設の予約サイトの広告には興味を示さないケースも想定されます。

一方、コンテンツSEOであれば、旅行先や混交情報について検索で情報を収集しようとしている潜在顧客に対して自然な形でアプローチすることが可能です。

2

旅行・観光関連の記事作成におけるキーワード選定方法

旅行・観光関連の記事作成におけるキーワードを選定する手順は以下の通りです。

  1. ターゲットユーザーを明確にする
  2. ターゲットユーザーがどのようなキーワードを使用するか想定する
  3. 検索ボリュームをチェックする
  4. SEO難易度をチェックする
  5. 検索意図を想定する

観光・旅行業界のWEB集客でキーワードを選定する場合、顕在顧客と潜在顧客のどちらが検索時に使用するのかを意識して選定することが重要です。

【宿泊予約サイトの見込み顧客】

顕在顧客宿泊予約サイトを経由して予約しようとしているユーザー
宿泊予約サイトを比較・検討しているユーザー
潜在顧客旅行先・宿泊先を検討しているユーザー


宿泊せずに日帰りで観光しようとしているユーザーや宿泊施設のWEBサイトで直接予約をしようとしているユーザーは見込み顧客ではありません。

【顕在顧客が使用するキーワード例】

  • 宿泊予約サイト ランキング
  • ホテル予約サイト おすすめ
  • 国内 ホテル予約 安い

顕在顧客を集客する場合、問い合わせを獲得できる可能性が高い一方、大手予約サイトとの競争に打ち勝つ必要があります。一方、潜在顧客に対してアプローチできれば、競合他社との競争に巻き込まれることなく問い合わせを獲得することが可能です。

ただし、大手予約サイトも潜在顧客にアプローチするコンテンツを作成しているため、自社の独自性をアピールする必要があります。潜在顧客は、どこに行くのか、どこに宿泊するのか、誰と行くのか、いつ行くのかを意識して、複数のキーワードを組み合わせて検索しています。

【潜在顧客が使用するキーワード例】

目的キーワード
どこに行くのか・絶景
・夜景
・パワースポット
・マリーナ
・公園
・寺院
・国内(福岡・関東・東北など)
・海外(フランス・ヨーロッパ・アジアなど)
どこに宿泊するのか・ホテル
・民宿
・旅館
・温泉
・露天風呂
・国内(福岡・関東・東北など)
・海外(フランス・ヨーロッパ・アジアなど)
誰と行くのか・カップル
・子連れ
・親子
・ファミリー
・一人旅
いつ行くのか・季節(春・夏・秋・冬)
・紅葉
・花見
・月(1月・2月など)


上記のように観光・旅行業界のWEBサイトの見込み顧客が使用するキーワードは目的に応じて多岐に渡るため、見込み顧客の立場になって使用するキーワードを想定することが重要です。


旅行・観光関連の記事作成におけるキーワード選定方法は以下の通りです。

  • 実際に検索してサジェストキーワード・関連キーワードを取得する
  • キーワード選定ツールを使用する

サジェストキーワードは検索サービスの検索窓に表示されるキーワード、関連キーワードは検索画面に表示される、入力したキーワードと関連性が高いキーワードです。

手軽にキーワードを取得できる一方、取得できるキーワードの数は限られています。

キーワードを選定する場合には、以下のようなキーワード選定ツールを活用することをおすすめします。

無料ツール有料ツール
・Googleキーワードプランナー
・ラッコキーワード
・RURI-CO
・Googleトレンド
・Ubersuggest
・Keywordmap
・Ahrefs
・SEM RUSH
・kwfinder.com
・SERPStat


大量のキーワードをまとめて取得できるため作業を効率良く進めることができ、取得したデータをファイル形式にして保存することも可能です。

3

旅行・観光関連の記事作成ポイント11選

旅行・観光関連の記事を作成する際のポイントは、以下の11つです。

  1. ターゲット(目的)にあわせた記事を作成する
  2. 穴場情報や現地の人しか知らない情報を発信する
  3. 現地写真や実際の画像をできる限り多く使用する
  4. プランや旅行のコースを記事内で紹介する
  5. イベント情報や最新の案内を紹介する
  6. 紹介したスポットの詳細情報を記事内に挿入する
  7. 旅行・観光時に気を付けるべきポイントを紹介する
  8. 著者・監修者情報を記載する
  9. 記事情報は常に最新の状態に保つ
  10. カテゴリを事前に分けてから記事を作成する
  11. 幅広いテーマを扱う場合はタグを使用する

それぞれのポイントについて具体的に解説します。

3-1

【ポイント1】ターゲット(目的)にあわせた記事を作成する

旅行・観光関連の記事作成ポイントの1つ目は、ターゲット(目的)にあわせた記事を作成することです。

旅行代理店や宿泊予約サイトのターゲットユーザーには一般消費者と法人の両方が想定されますが、ターゲットユーザーがどのような目的で記事を閲覧するのかを意識して記事を作成する必要があります。

検索エンジンは検索キーワードとの関連性が高い記事を上位に表示する仕組みなので、記事の内容と検索意図がズレている場合、検索上位表示は見込めません。

検索ユーザーがどのような目的で検索しているのか、記事を読むことでどのような情報を得たいと考えているのかを想定し、記事を作成する必要があります。

3-2

【ポイント2】穴場情報や現地の人しか知らない情報を発信する

旅行・観光関連の記事作成ポイントの2つ目は、穴場情報や現地の人しか知らない情報を発信することです。

公式サイトに書かれている情報や検索することで容易に入手できるような情報だけでなく、現地の人や実際に現地に行ったことがある人しか体験できない情報なども織り交ぜることで、記事に独自性を持たせることができます。

検索品質評価ガイドラインに登場するE-A-TがE-E-A-Tに変更されたことから、記事制作者の実体験に基づく情報が織り込まれている記事がGoogleから高く評価されるようになりました。

E-E-A-Tとは、Googleの検索品質評価ガイドラインに登場する、コンテンツの質を評価する際に使用される指標です。

  • Experience(経験)
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trust(信頼)

穴場情報や現地の人しか知らない情報を発信することで、E-E-A-TのひとつであるExperience(経験)が高いとみなされ、記事が検索上位に表示されやすくなります。

3-3

【ポイント3】現地写真や実際の画像をできる限り多く使用する

旅行・観光関連の記事作成ポイントの3つ目は、現地写真や実際の画像をできる限り多く使用することです。旅行などに関するコラムの場合、写真の豊富さや綺麗さなどがユーザーの記憶に残りやすいため、重要な要素と言えます。

観光スポットやグルメ情報についての情報を調べるユーザーにとっては、大量のテキスト情報より1枚の画像の方が有益だと感じるケースもあるでしょう。ユーザーがどのような情報を求めているのかを想定し、現地写真や実際の画像をできる限り多く使用することが重要です。

ただし、記事に大量の画像を設置すると、記事の読み込み速度が低下したり、画像が記事の大半を占めてしまったりして、ユーザーの利便性が低下する恐れがあります。

大量の画像を設置する場合には、画像のファイルサイズを縮小する、画像を縦に並べるのではなく横スクロールで設置するといった対策を行うようにしましょう。

3-4

【ポイント4】プランや旅行のコースを記事内で紹介する

旅行・観光関連の記事作成ポイントの4つ目は、プランや旅行のコースを記事内で紹介することです。

旅行や観光について調べるユーザーは、どこがおすすめの観光スポットなのか、宿泊施設はどこがおすすめなのか、食事はどこがおすすめなのかといったように、特定の情報だけでなくさまざまな情報について知りたいと考えています。

観光スポットや宿泊施設に関する記事を作成する場合には、現地に関する情報だけを紹介するのではなく、観光スポットを含めた旅行全体のプランや現地に行くコース、周辺の観光情報なども紹介すると効果的です。

3-5

【ポイント5】イベント情報や最新の案内を紹介する

旅行・観光関連の記事作成ポイントの5つ目は、イベント情報や最新の案内を紹介することです。観光スポットについて十分な知識があるユーザーであっても、最新のイベント情報について検索して調べるケースがあります。

たとえば、長崎のハウステンボスでは毎年5月に「バラ祭」が開催されていますが、開催日時が毎年固定されているわけではないため、「バラ祭」を目当てにハウステンボスへ行くユーザーは日時を確認するはずです。

イベント情報や最新の案内を紹介する記事を作成することで、特定のイベントに関する情報を調べるユーザーにアプローチできます。

3-6

【ポイント6】紹介したスポットの詳細情報を記事内に挿入する

旅行・観光関連の記事作成ポイントの6つ目は、紹介したスポットの詳細情報を記事内に挿入することです。

施設の名称や住所、営業時間、公式サイトのURL、施設へのアクセス方法など、観光スポットや宿泊施設に関する情報を記事の中で紹介する場合、文章ではなく表形式にする方が効果的です。

また、複数の施設を紹介する場合には、表の形式を統一しておくようにしましょう。

3-7

【ポイント7】旅行・観光時に気を付けるべきポイントを紹介する

旅行・観光関連の記事作成ポイントの7つ目は、旅行・観光時に気を付けるべきポイントを紹介することです。

初めて行く場所へ旅行する場合、以下のような失敗はよくある話です。

  • 現地に着いたら駐車場がなかった
  • 近くに食事ができる店がなかった
  • 道が入り組んでいて迷子になった
  • ベビーカーのレンタルサービスがなかった
  • 温泉に行ったらシャンプーが置いてなかった

旅行先の基本的な情報だけを紹介するのではなく、旅行・観光時に気を付けるべきポイントを紹介することで、ユーザーの利便性を高めることができます。

3-8

【ポイント8】著者・監修者情報を記載する

旅行・観光関連の記事作成ポイントの8つ目は、著者・監修者情報を記載することです。観光スポットや宿泊施設、料理に満足できるかどうかは主観によって大きく左右されるため、ユーザーにとっては誰が記事を書いたのかも重要な要素になります。

どこの誰が書いたか分からない記事より、実際に現地へ行ったことがある人や料理を食べたことがある人が書いた記事の方が、ユーザーに対して信頼感を与えることができます。

3-9

【ポイント9】記事情報は常に最新の状態に保つ

旅行・観光関連の記事作成ポイントの9つ目は、記事情報は常に最新の状態に保つことです。

営業時間や料金、サービスなど、旅行・観光に関するコンテンツは情報が変わることが多くあるため、記事を作成した時には正しい情報であっても、いつの間にか変更されてしまっているかもしれません。

公式サイトを定期的にチェックし、常に内容を確認して誤った情報を提供しないよう気を付ける必要があります。

また、宿泊施設に関する情報を紹介する場合は、いつの情報なのかを掲載し、公式サイトで確認できる状態にしておく事も重要です。

3-10

【ポイント10】カテゴリを事前に分けてから記事を作成する

旅行・観光関連の記事作成ポイントの10つ目は、カテゴリを事前に分けてから記事を作成することです。旅行・観光に関するテーマは幅広くなることが考えられるため、事前にカテゴリを分けた上で記事作成に着手することをおすすめします。

たとえば、「旅行先」というカテゴリだけの場合だと、国内の旅行先と海外の旅行先の記事がひとつのカテゴリに分類されてしまい、ユーザーが目的の記事を見つけづらくなってしまうからです。

事前に「国内」「海外」といったようにカテゴリを分けておくことで、どのカテゴリに記事があるのかを一目で分かるようになります。

また、どのカテゴリにどのくらいの記事があるのか、どのカテゴリの記事が不足しているのかを把握しやすくなり、効率良く記事を作成することが可能です。間違って似たような記事を作成してしまうといったことも回避できます。

【カテゴリ作成例】

  • 海外
  • 国内
  • 観光プラン
  • グルメ
  • 旅館・ホテル
  • 宿泊体験

ただし、カテゴリを作成する際には、類似したカテゴリや複数の記事が分類されるようなカテゴリを作成しないように注意する必要があります。

たとえば、「カップルにおすすめのデートスポット」という記事を作成した場合、「カップル」と「デート」のどちらのカテゴリに記事を当てはめれば良いのか悩むことになってしまうでしょう。

カップルにおすすめの旅行先も、デートにおすすめの旅行先も、同じ旅行先が該当する可能性が高いからです。

「カップル」と「デート」はそれぞれ検索する際に使用される可能性が高いキーワードですが、検索ユーザーの検索意図はほとんど変わりません。上記のようなケースの場合には、カテゴリにするのではなくタグとして作成することをおすすめします。

タグの作成
画像引用:じゃらんニュース
3-11

【ポイント11】幅広いテーマを扱う場合はタグを使用する

旅行・観光関連の記事作成ポイントの11つ目は、幅広いテーマを扱う場合はタグを使用することです。幅広いテーマを扱う場合であっても、基本的にカテゴリを増やしたりカテゴリに親子関係を持たせたりすることで対応できます。

タグを使用するのは、カテゴリとして作成すると他のカテゴリにも記事が分類されてしまうケースです。

親カテゴリ子カテゴリ
観光スポット国内
海外
デート
カップル
親子
花見


たとえば、上記のようにカテゴリを設定してしまうと、「親子におすすめの海外観光スポットおすすめ〇選」や「カップルにおすすめの国内デートスポット」といった記事は、複数の子カテゴリに分類されてしまいます。

国内かつ海外の観光スポットは存在しませんが、国内かつカップルもしくは親子におすすめの観光スポットは存在するからです。

上記の場合であれば、子カテゴリに「国内」と「海外」を設定し、「デート」や「カップル」「親子」「花見」はタグとして設定することをおすすめします。

4

旅行・観光関連の記事カテゴリの設定例

旅行・観光関連の記事カテゴリの設定例は、以下の通りです。

  • 国内
  • 海外
  • 観光情報
  • グルメ
  • 宿・ホテル情報
  • 温泉
  • 子供
  • カップル
  • デート
  • 紅葉・花見

それぞれのカテゴリで、どのような記事コンテンツを作成すれば良いのかを解説します。

4-1

国内

旅行・観光関連の記事カテゴリ「国内」では、日本国内の観光スポットに関する情報が掲載された記事を作成します。

【カテゴリ「国内」の記事作成例】

  • 北海道でおすすめの海鮮料理
  • 泊まって良かった鎌倉の高級旅館
  • 子供連れでも気楽に利用できるおすすめの貸切温泉
4-2

海外

旅行・観光関連の記事カテゴリ「海外」では、海外の観光スポットに関する情報が掲載された記事を作成します。

【カテゴリ「海外」の記事作成例】

  • ドイツでおすすめの古城ホテル
  • ヨーロッパのおすすめ世界遺産
  • 海外一人旅・ツアー特集
4-3

観光情報

旅行・観光関連の記事カテゴリ「観光情報」では、観光スポットに関する情報が掲載された記事を作成します。

【カテゴリ「観光情報」の記事作成例】

  • 絶景が楽しめる神社・寺
  • 中国・四国地方でおすすめのパワースポット
  • 温泉が近くにある道の駅
  • グルメ・お土産が充実したサービスエリア
  • 東北でおすすめの世界遺産
4-4

グルメ

旅行・観光関連の記事カテゴリ「グルメ」では、グルメに関する情報が掲載された記事を作成します。

【カテゴリ「グルメ」の記事作成例】

  • 福岡でおすすめの海鮮料理
  • 伊勢志摩でおすすめのお土産
  • 京都でおすすめのご当地グルメ
4-5

宿・ホテル情報

旅行・観光関連の記事カテゴリ「宿・ホテル情報」では、宿泊施設に関する情報が掲載された記事を作成します。

【カテゴリ「宿・ホテル情報」の記事作成例】

  • 泊まって良かった関西の高級ホテル
  • 一度は泊まってみたい贅沢旅館
  • 何度も泊まってみたい露天風呂付き民宿
  • 福岡でおすすめのグランピング施設
  • 子供連れにおすすめのキャンピング場
4-6

温泉

旅行・観光関連の記事カテゴリ「温泉」では、温泉及び温泉付きの宿泊施設に関する情報が掲載された記事を作成します。

【カテゴリ「温泉」の記事作成例】

  • 東京近郊でおすすめの日帰り温泉
  • カップルにおすすめの貸切温泉
  • 絶景が楽しめる長野県の秘湯
  • 紅葉が美しい四国の温泉施設
  • デートにおすすめの源泉100%かけ流し混浴風呂
4-7

子供

旅行・観光関連の記事カテゴリ「子供」では、子供連れにおすすめの観光スポット・宿泊施設や子供を連れて観光に行く場合の注意点に関する記事を作成します。

【カテゴリ「子供」の記事作成例】

  • 赤ちゃんがいても安心して連れていけるテーマパーク
  • 子供連れでも楽しめるスキー場
  • 子供が喜ぶ観光スポット
4-8

カップル

旅行・観光関連の記事カテゴリ「カップル」では、カップルにおすすめの観光スポットや宿泊施設、カップルで観光に行く際の注意点に関する記事を作成します。

【カテゴリ「カップル」の記事作成例】

  • カップルでのお出かけにおすすめの絶景露天風呂
  • クリスマスに行きたいカップルにおすすめの観光スポット
  • カップルで行きたいアジアの旅行先
4-9

デート

旅行・観光関連の記事カテゴリ「デート」では、デートにおすすめの観光スポットや宿泊施設に関する記事を作成します。

【カテゴリ「デート」の記事作成例】

  • 冬デートにおすすめのイルミネーションスポット
  • デートにおすすめのご当地グルメ
  • お金がかからない福岡のデートスポット
4-10

紅葉・花見

旅行・観光関連の記事カテゴリ「紅葉・花見」では、紅葉や花見におすすめの観光スポットや宿泊施設に関する記事を作成します。

【カテゴリ「紅葉・花見」の記事作成例】

  • 神奈川県の絶景紅葉スポット
  • 紅葉も楽しめる露天風呂
  • 桜が美しい花見スポット
5

旅行・観光関連のタグ設定例

【旅行・観光関連のタグ設定例】

  • 絶景
  • 夜景
  • パワースポット
  • デート
  • カップル
  • マリーナ
  • 公園
  • 寺院
  • テーマパーク
  • 季節(春・夏・秋・冬)
  • 月(1月・2月など)
  • 子連れ
  • 親子
  • 温泉
  • プール

旅行・観光関連のタグを設定する際には、検索ユーザーがどのようなキーワードで検索するかを意識することが重要です。

カテゴリ設定の場合には「秋」と「紅葉」、「春」と「花見」、「カップル」と「デート」といったように似たような意味を持つ単語を設定しない方が良いですが、タグの場合は想定されるキーワードをすべてタグとして設定するようにしましょう。

観光スポットに関して検索する場合には「秋」と「紅葉」の両方の単語が使用されますが、グルメに関しては「紅葉」ではなく「秋」という単語を使用する可能性が高いからです。

ユーザーが何について知りたいのか、調べたいのかによってタグを使い分けることができるように、さまざまな単語をタグとして設定すると効果的です。

6

旅行・観光関連の記事作成の流れ

旅行・観光関連の記事作成の流れは、以下の通りです。

  1. キーワードとテーマを選定する
  2. 構成を作成する
  3. 執筆をする
  4. 関連する画像を用意する
  5. 記事を公開する
  6. 作成した記事は定期的に見直し、リライトを行う

それぞれのステップでは何をするのか、どのような点に注意すべきかを解説します。

6-1

STEP1. キーワードとテーマを選定する

旅行・観光関連の記事作成では、始めにキーワードとテーマを選定します。

旅行・観光を検討している見込み顧客はさまざまな単語を組み合わせて検索するため、記事の内容と検索意図がマッチしていなければユーザーを十分に満足させることはできません。

また、検索上位表示を狙うためには検索需要のある内容であることが求められるため、旅行日記のような内容の記事を作成すると検索上位表示することは難しくなります。

見込み顧客が実際にどのようなキーワードで検索しているのかを確認し、どのような情報を求めているのか、最終的に何をしたいのかを想定するためにも、執筆する前にキーワードを選定することが重要です。

キーワードの選定方法については、前述した「旅行・観光関連の記事作成におけるキーワード選定方法」で確認してください。

6-2

STEP2. 構成を作成する

次に、旅行・観光関連の見込み顧客へ向けたキーワードとテーマを元に、記事の構成を作成します。

【構成を作成する手順】

  • サジェストや関連キーワードを抽出する
  • 検索意図をくみ取る
  • 必要な見出しを作成する

【構成を作成する際のポイント】

  • 競合サイトを確認し見出し漏れがないかを確認する
  • 見出しにキーワードを詰め込まない
  • 適切な方法でタイトルタグ・見出しタグを設定する
  • 検索需要が高い検索意図には記事の前半で答える
  • CTAに繋がる文脈にする
6-3

STEP3. 執筆をする

次に、作成した記事の構成に従って、旅行・観光関連の見込み顧客へ向けて記事を執筆します。

旅行・観光関連の見込み顧客は観光スポットや宿泊施設に関する情報だけでなく、実際に行ってどう感じたのか、宿泊して満足できたのかといった、体験してみないと分からない情報も求めています。

情報をただ提供するのではなく、臨場感のある表現方法を心がけて執筆するようにしましょう。

6-4

STEP4. 関連する画像を用意する

次に、記事の内容と関連する画像を用意し、サムネイル画像とアイキャッチ画像を作成し、記事に設置します。

【旅行・観光関連の記事に設置する画像例】

  • 宿泊施設の外観
  • 個室の内装
  • 個室から見た風景
  • 宿泊施設で提供される料理
  • 観光地の風景

また、旅行・観光関連の記事で使用するのは、原則としてオリジナル画像や公式サイトで公開されている画像のみです。

フリー画像サイトなどで入手できる画像を使用したり、実際の画像とは異なる画像を記事に設置してしまうと、記事を読んだユーザーに対して誤解を与えてしまったり、施設の関係者からクレームを受けたりする恐れがあります。

宿泊施設であれば実際に宿泊し許可を取った上で写真を撮影する、観光スポットであれば現地に行って撮影するといった方法で、オリジナル画像を用意するようにしましょう。

また、外部サイトや公式サイトから無断で画像をコピーし、記事に設置してはいけません。サイトの運営者や施設運営会社から許可を得ずに画像を使用した場合、著作権違反となってしまいます。

他のサイトに掲載されている画像を使用する場合には、画像引用のルールに従って画像を設置しなければいけません。また、検索エンジンは画像の内容を正確に認識できないので、どこの画像なのかをaltタグで記述する必要があります。

記事に画像を設置する場合には、altタグを使用して画像の内容を検索エンジンへ伝えられるようにしておくことが重要です。

画像にaltタグを使用することで、以下のようなメリットも期待できます。

  • 代替テキストを表示できる
  • 視覚障害者の利便性が向上する
  • 画像検索で記事が表示されやすくなる
6-5

STEP5. 記事を公開する

次に、完成した記事を旅行・観光関連のWEBサイトで公開します。

記事を公開する際の注意点は以下の通りです。

  • 記事の表示速度が遅すぎないか
  • スマホからでも正しく表示されているか
  • 他の記事からテキストや画像を盗用していないか
  • metaタグやリンクタグは適切に使用されているか
  • 誤字脱字はないか
  • ターゲットにマッチした表現になっているか
  • パーマリンクは適切に記述されているか

記事を公開した後でも修正可能な項目もありますが、上記については出来る限りチェックしておきましょう。特に、パーマリンクは記事を公開して検索上位表示された段階だと修正に手間がかかります。

6-6

STEP6. 作成した記事は定期的に見直し、リライトを行う

最後に、公開した記事のチェックを行い、課題を解消できるまでリライトを繰り返し実施します。検索流入を前提とした記事の場合、検索上位表示されていなかったり、設定したコンバージョンを獲得出来ていなかったりすれば、作成した意味がありません。

記事を公開したままにするのではなく、公開後の効果検証と改善を実施することが重要です。

▼ 記事を公開した後のチェックポイントは以下の通りです。

  • 記事がインデックスされているか
  • ターゲットキーワードで上位表示出来ているか
  • リンクボタンは適切に機能しているか
  • 記事に掲載した情報が古くなっていないか
  • 記事が最後まで読まれているか
  • 問い合わせページへ誘導出来ているか

観光・旅行に関する記事は最新情報が掲載されていることが求められるため、古い情報のままだとユーザーが記事から離脱しやすくなったり、記事に対する信頼性が低下したりする恐れがあります。

記事の日付だけを変更するのは意味がありませんが、記事で紹介している観光地や宿泊施設、店舗などの公式サイトを定期的にチェックし、記事に書かれている情報と差異がないか、変更点はないかを定期的にチェックすることが重要です。

ただし、記事の日付だけを変更するといった、恣意的に記事の評価を高めるようなリライトを実施すると、かえって評価が低下する恐れがあります。リライトすることを目的とするのではなく、改善することを意識して作業を実施しましょう。

7

旅行・観光関連の記事作成例

【じゃらんニュース】

じゃらんニュース
画像引用元:https://www.jalan.net/news/list_tag_index/

じゃらんnetは、宿・ホテルの宿泊予約サービスを提供している、株式会社リクルートが運営しているWEBサイトです。「じゃらんニュース」では、国内旅行を検討しているユーザーに向けてさまざまな情報を提供しています。

「宿泊」や「温泉」、「絶景」「グルメ」「観光スポット」などさまざまなタグが設置されており、サイトを訪れたユーザーが知りたい情報を見つけやすくなっています。

8

まとめ

今回は、旅行・観光業界がWEB集客で記事を作成するメリットからキーワード選定の方法や記事作成の流れまで解説しました。

旅行・観光業界がWEB集客をする場合、自社のサービスを利用しようとしている顕在顧客を集客するより、これから旅行・観光することを検討している潜在顧客に向けた記事を作成した方が効果的です。

本記事で紹介したキーワード選定の方法や記事作成の流れを参考に、見込み顧客を集客できる記事を作成し、自社サービスへの問い合わせを獲得しましょう。

プラスワードバナー画像

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。 サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超のノウハウをSEOサービスに反映し、3,000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

RECOMMENDED ARTICLES

ぜひ、読んで欲しい記事

  • SEOと文字数は関係ない│多いページが上位される本当の理由を解説のサムネイル画像です

    SEOと文字数の関係│多いページが上位表示されている理由を解説

    2024/04/12

  • YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説のサムネイル画像です

    YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説

    2024/04/03

  • リライトとは?リライト記事の選び方とSEO効果を高めるやり方を解説のサムネイル画像です

    リライトとは?SEO効果を高めるやり方とコツを解説

    2024/03/12

  • 社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/27

backtotop