WEBマーケティングをもっと身近に。

SEOライティングとは?初心者向けに基礎知識とやり方のコツを解説

SEOライティングとは?コツや注意点、ツール、勉強方法を初心者にもわかりやすく解説のサムネイル画像です

SEOライティングとは、自然検索からの集客を前提とした記事を書くことです。WEBライティングの1種ですが、SEO対策を意識して記事を書く必要があります。この記事では、SEOライティングとは何か、コツや注意点、ツール、勉強方法を初心者にもわかりやすく解説します。

1

SEOライティングとは

SEOライティングとは、自然検索からの集客を前提とした記事を書くことです。検索画面で記事が上位表示され、記事がクリックされる記事を書くこと、さらには記事を読んだ読者になんらかのアクションを起こしてもらうことを目的としています。

SEOライティングでは、基本的なライティングスキルだけでなく、SEO対策に関する正しい知識が必要です。

SEOライティングとWEBライティングを同じものとみなす考え方もありますが、この記事では別のものとして解説します。

1-1

そもそもSEOとは

SEOライティングの「SEO」とは、「Search Engine Optimization」を略したものです。直訳すると検索エンジン最適化という意味になります。

GoogleやYahoo!といった主要な検索エンジンを使用した自然検索に、対象のWEBサイトを最適化することで検索上位表示を目指し、企業の目的を達成することがSEO対策の目的です。

SEO対策の目的を達成するための一つの施策がSEOライティングです。

1-2

紙媒体のライティングとの違い

SEOライティングと紙媒体のライティングの違いは、どのような媒体に掲載される記事を書くかです。

SEOライティングで書いた記事は、インターネット上に公開されているWEBメディアに掲載されます。WEBメディアは誰でも無料で読めるため、非常に幅広い人に読まれる可能性があります。

一方、紙媒体のライティングで書いた記事が掲載されるのは、新聞や雑誌、書籍などです。WEBメディアと比較すると読まれる機会は少なく、読者の幅も狭いと言えるでしょう。

1-3

WEBライティングとの違い

SEOライティングとWEBライティングの違いは、記事が掲載されるWEBメディアの集客方法です。どちらもWEBメディアに掲載される記事を書くという点では同じですが、読者がどうやって記事を見つけるのかが違います。

SEOライティングで書いた記事は、検索エンジンで検索した人から読まれます。

一方、WEBライティングで書いた記事は、検索エンジンで検索した人だけでなく、WEB広告やSNS、WEBマガジンなどインターネット上に公開されているWEBメディア全般にアプローチする人すべてから読まれる可能性があります。

2

SEOライティングの目的

なぜSEOライティングを行う必要があるのか、自由に文章を書いてはいけないのかと疑問に感じる人もいるかもしれません。

▼ SEOライティングは以下の目的を達成する為に行われます。

  • 検索画面で記事が上位表示される
  • 検索画面で記事がクリックされる
  • 検索した人の疑問や悩みを解決する
  • 記事を読んだ読者になんらかのアクションを起こしてもらう
2-1

検索画面で記事が上位表示される

SEOライティングの目的は、書いた記事が検索画面で上位表示されることです。

検索画面で上位表示されなければ書いた記事が読まれる可能性が非常に低くなるため、SEOライティングを行う意味はありません。

SEOライティングでは、検索上位表示を目指すことが必要になります。

2-2

検索画面で記事がクリックされる

検索画面に記事が表示されたとしても、記事が必ず読まれるとは限りません。

検索ユーザーは検索画面に表示された記事のタイトルや説明文から記事の内容を推察して、記事を読むかどうかを判断しています。

SEOライティングでは、検索者を意識して記事のタイトルや説明文を書く必要があります。

2-3

検索した人の疑問や悩みを解決する

検索ユーザーの目的は、抱えている疑問や悩みを解決することです。

Googleなどの検索エンジンは検索ユーザーの疑問や悩みを解決できる記事を検索画面に表示する仕組みなので、検索ユーザーを意識した記事を書く必要があります。

検索ユーザーが知りたい、調べたいと思わない記事を書いても、記事が読まれることはありません。

2-4

記事を読んだ読者になんらかのアクションを起こしてもらう

SEOライティングで書かれた記事の目的は、読者が記事を読んだ後に、何らかのアクションを起こしてもらうことです。

▼ 企業は、以下のような目的でWEBメディアを運営しています。

  • 商品やサービスの売上をアップしたい
  • 来客数を増やしたい
  • 広告収入を増やしたい
  • 資料請求やお問い合わせを増やしたい
  • 多くの人とコミュニケーションを図りたい


たとえば、商品やサービスの売上が目的のWEBメディアの場合、読者が記事を読んだだけで商品やサービスを購入しなければ売上は発生しません。

SEOライティングでは、記事を読んだ読者を満足させるだけでなく、なんらかのアクションを起こしてもらうことを意識して書く必要があります。

3

【初心者向け】SEOライティングのコツ

前述したように、SEOライティングではなんらかの結果が求められます。ただ文章を書けばよいわけではありません。

▼ 成果が期待できるSEOライティングのコツは以下の通りです。

  • キーワードを入れる
  • タイトルタグ・見出しタグを適切に使用する
  • 検索者の意図に沿った内容にする
  • 想定したターゲットに向けた内容にする
  • 検索ボリュームが大きいテーマから先に書く
  • 企業の目的に応じてゴールを設定する
  • 一次情報を参考にする
  • 専門性の高い内容を書く
  • 独自性のある内容を書く
  • 共起語からトピックを探す
3-1

キーワードを入れる

SEOライティングでは、記事のタイトルや見出し、本文にキーワードを入れる必要があります。

Googleは記事に含まれたキーワードから内容を把握し、検索順位を決定する基準としているからです。特に記事タイトルは最も影響力が強く、見出し・本文の順に影響を与えます。

記事タイトルにキーワードを入れる場合は、できる限り左側に寄せるようにしましょう。記事タイトルは検索画面で30文字前後しか表示されないので、タイトルの後半にキーワードを入れる途中で途切れてしまうかもしれません。

▼ また、以下のような方法で記事にキーワードを入れると、Googleからペナルティを受ける可能性があります。

  • 背景色と文字フォントの色を同じに設定する
  • テキストのフォントサイズを小さくする
  • 画像の後ろにテキストを隠す
  • CSSを用いてテキスト領域を表示しないように指定する
3-2

タイトルタグ・見出しタグを適切に使用する

タイトルタグ・見出しタグを適切に使用することも、SEOライティングで重要なポイントです。前述したように記事タイトルと見出しはGoogleが記事を評価する重要な要素なので、適切に使用する必要があります。

【タイトルタグ・見出しタグの使用例】

<title> 記事タイトル </title>

<h2> 見出し </h2>
 <h3> 見出し </h3>
 <h3> 見出し </h3>

<h2> 見出し </h2>
 <h3> 見出し </h3>
  <h4> 見出し </h4>
  <h4> 見出し </h4>
 <h3> 見出し </h3>


タイトルタグ・見出しタグを使用していないと、記事の内容にかかわらず狙ったキーワードで検索上位することが困難になります。

3-3

検索者の意図に沿った内容にする

SEOライティングでは、検索ユーザーの意図に沿った内容にする必要があります。

Googleは検索ユーザーが使用したキーワードに対し、よりふさわしい内容の記事を検索上位に表示します。記事の内容が検索ユーザーにとって期待している内容、満足できる内容でなければ、検索上位表示を目指すのは困難です。

たとえば、「パン 作り方」でSEOライティングする場合は、パンの作り方を説明した文章を書く必要があります。美味しいパン屋さんを紹介する記事を書いても、「パン 作り方」で検索上位表示されることはありません。

検索ユーザーはどのような目的で検索しているのか、どのような情報が知りたいのかを想定して文章を書くようにしましょう。

3-4

想定したターゲットに向けた内容にする

SEOライティングにおいては、誰に向けて記事を書くのかが重要になります。

前述したように検索ユーザーに向けて記事を書くのは当然ですが、同じキーワードで検索した人がすべて同じ状況だとは限りません。

たとえば、「交通事故 慰謝料」というキーワードで検索する人は、交通事故の被害者だけでなく加害者も想定されます。被害者は慰謝料がどのくらいもらえるかを知りたいと考えて検索しているでしょう。
一方、加害者の場合はどうすれば慰謝料を減らせるのかを知りたいと考えているかもしれません。

上記のように、検索ユーザーが置かれた立場や状況によって、求める情報が異なる場合があります。どのような人に向けて記事を書くのかを意識しておきましょう。

3-5

検索ボリュームが大きいテーマから先に書く

SEOライティングでは、検索ボリュームが大きいテーマから先に書くことが重要です。

検索ボリュームとは、1か月間にそのキーワードがどのくらい検索で使用されたかを表す数値です。検索ボリュームが1,000であれば、1か月間に1,000回検索されたことになります。

つまり、検索ボリュームが大きい場合は知りたい人が多く、小さい場合は知りたい人が少ないということです。

記事の前半に検索ボリュームが小さいテーマを書いてしまうと、検索ボリュームが大きいテーマについて知りたいと考えている検索ユーザーは、知りたいことが書かれていないと判断するかもしれません。

できるだけ多くの検索ユーザーを満足させるために、検索ボリュームが大きいテーマから先に書くようにしましょう。

3-6

企業の目的に応じてゴールを設定する

SEOライティングでは、企業の目的に応じてゴールを設定することが重要です。

企業はさまざまな目的で記事を制作しており、検索ユーザーが知りたい情報と企業の目的に差が生じることもあります。

「勤怠管理 無料」というキーワードで検索する人が知りたいことは、無料で使える勤怠管理システムに関する情報です。

一方、有料の勤怠管理システムを提供している企業は、記事で紹介した無料の勤怠管理システムではなく、自社製品を購入してもらうことが目的です。記事を読んだ読者が無料の勤怠管理システムを購入してしまうと、企業には利益が発生しません。

上記のような事態を避けるために、SEOライティングでは検索ユーザーを満足させるだけではなく、企業の目的が達成できる内容の記事を書く必要があります。

3-7

一次情報を参考にする

SEOライティングでは、一次情報を参考にして記事を書くことが重要です。

一次情報とは、公的機関が公表した情報や専門家による独自の調査、実験結果などの独自の情報を指します。検索上位記事に書かれている情報は、基本的に二次情報になります。

検索上位記事に書かれている情報は、必ずしも正しいとは限りません。Googleの検索アルゴリズムは情報が正しいかどうかを正確に判断できないので、間違った情報が書かれている記事が検索上位に表示されることもあります。

読者に誤解を与えないように、一次情報を参考にして記事を書くようにしましょう。

3-8

専門性の高い内容を書く

専門性の高い内容を書くことで、読者の満足度を高めることができ、Googleからの評価も高くなります。

ここで言う「専門性」とは、専門家しか知らないような深い内容を指します。誰でも調べれば簡単に分かるような内容だけでなく専門性の高い内容を盛り込むことで、他の記事との差別化が可能です。

専門性はGoogleの品質評価基準のひとつなので、検索順位を高める効果も期待できます。

3-9

独自性のある内容を書く

独自性のある内容を書くことで、他の記事との差別化を図ることができ、検索順位が上がりやすくなります。

ここで言う「独自性」とは、他の誰にも真似できない情報を指します。

▼ 具体的には、以下のようなものが独自性の高い情報です。

  • 独自に調査したアンケート結果
  • 独自の方法で分析した研究結果
  • 自ら行ったインタビュー


SEOライティングでは、検索上位記事と似たような内容になりやすいです。読者にとっては、どの記事にも同じことしか書いていないと思うこともあるでしょう。

こういった状況では、記事に独自性の高い情報を盛り込むことで読者の満足度を高められるため、検索上位表示が期待できます。

3-10

共起語からトピックを探す

共起語からトピックを探して記事に盛り込むことも、SEOライティングでは効果があります。

共起語とは、検索上位記事の文章の中で、キーワード周辺で使用される頻度が高い単語です。記事で書かれている内容を把握しやすくなるため、関連キーワードと同様にチェックされています。

共起語で重要なことは、書くべきトピックの見落としを防ぐことです。記事に共起語を盛り込めばよいわけではありません。

4

SEOライティングの注意点

SEOライティングを行う際の注意点は以下の通りです。

  • 意味が通らない文章は書かない
  • キーワードを詰め込まない
  • 他の記事をコピペしない


間違った方法でSEOライティングを行ってしまうと、十分な効果が得られなかったり、トラブルになる恐れがあります。

4-1

意味が通らない文章は書かない

SEOライティングでは、キーワードを無理に入れようとして意味が通らない文章を書くのはNGです。意図的に検索順位を操作するスパム行為とGoogleから判定される恐れがあります。

4-2

キーワードを詰め込まない

SEOライティングではキーワードを意識して書くことが多いですが、記事に含まれるキーワード数が多ければ上位表示されるわけではありません。

記事にキーワードを詰め込んでしまうと読者が内容を理解しづらくなるだけでなく、検索順位が上がりにくくなる恐れがあります。

4-3

他の記事をコピペしない

検索上位記事の内容を参考に書くことが多いSEOライティングでは、他の記事に書かれた文章をそのままコピペしてしまう人もいます。

他の記事をコピペすると著作権違反になったり、サイトの運営者から訴えられたりする恐れがあるため、絶対にしてはならない行為です。

5

SEOライティングで使う機会が多いツール

SEOライティングで使う機会が多いツールは以下の通りです。

  • 競合記事チェックツール
  • 関連キーワードツール
  • 共起語ツール
  • コピペチェックツール
5-1

競合記事チェックツール

競合記事チェックツールは、検索上位の記事の内容やタイトル、見出し、文字数などが確認できるツールです。記事の概要がつかみやすいので、記事の方向性を決めやすくなります。

おすすめは、ラッコーツールズの「見出し(hタグ)抽出」です。無料で利用でき、指定したキーワードの検索上位記事のタイトル、見出し、文字数が一括抽出できます。

5-2

関連キーワードツール

関連キーワードツールは、指定したキーワードと関連性が強いキーワードが抽出できるツールです。検索ユーザーがどのようなキーワードで検索しているかが分かるため、検索する目的や意図をつかみやすくなります。

5-3

共起語ツール

共起語ツールとは、検索上位記事から共起語が抽出できるツールです。

ほとんどが無料で利用でき、簡単な操作で共起語を確認できます。前述した関連キーワードツールと併用するとさらに効果的です。

5-4

コピペチェックツール

コピペチェックツールとは、自分が書いた記事とすでに公開されている記事の重複箇所をチェックできるツールです。

主に、他の記事からコピペした文章が使用されていないかを確認するために使用します。

自分が記事を書くために使用するツールではありませんが、SEOライティングを依頼する企業から自分でチェックするように指示されることもあるため、使い方は理解しておきましょう。

▼ 代表的なコピペチェックツールは以下の通りです。

CopyContentDetector
こぴらん
sujiko.com

6

SEOライティングの勉強方法

SEOライティングの仕事がしたい、初めてSEOライティングに挑戦するという場合は、以下の方法でSEOライティングの勉強ができます。

  • 本・書籍
  • 資格
  • 講座・スクール
  • WEBサイトを自分で運営する
6-1

本・書籍

本を読んでSEOライティングを勉強する場合、SEO対策について書かれた本とWEBライティングについて書かれた本を読むことをおすすめします。

SEO対策とWEBライティングは別のスキルであり、個別に勉強する必要があるからです。WEBライティングの本ではSEO対策に触れていることが多いので、SEOライティング初心者ならWEBライティングの本から読むことをおすすめします。

【SEOライティングの本おすすめ3選】

  • 沈黙のWebライティング
  • SEO対策のためのWebライティング実践講座
  • 最新のGoogle対策!これからのSEOWebライティング本格講座
6-2

資格

SEOライティングの仕事に資格が必要なわけではありませんが、資格を取得する過程で正しい知識を身に付けられます。

SEO対策は信憑性の低い情報や効果的とは言えないテクニックが出回っているため、基礎から正しい知識を身に付けられる資格取得もおすすめです。また、資格を取得していることで仕事が得られやすくなる可能性もあります。

資格の取得には1万円以上かかることも多いため、勉強をするために資格を取得するというより、長期的な効果を意識して資格を取得するかを判断しましょう。

【SEOライティングの資格おすすめ3選】

  • Webライティング能力検定
  • Webライティング技能検定
  • ビジネス著作権検定
6-3

講座・スクール

SEO対策もライティングもよくわからない初心者なら、独学で知識を身に付けるより講座やスクールを受講するほうがおすすめです。基礎から体系的に学習できるため、短期間で効率良く勉強できます。

ただし、受講する講座やスクールが信頼できるものかを確認しておく必要があります。初心者目当ての悪質な講座・スクールもあるため、注意が必要です。

6-4

WEBサイトを自分で運営する

SEOライティングの基礎的な知識があり、実践的な経験を積みながら勉強する場合は、WEBサイトを自分で運営するのもよいでしょう。

記事がサイトに投稿されるまでの流れやGoogleから評価されるまでの過程を体感できるため、知識だけでなく実践的な経験が身に付けられます。

7

まとめ

SEOライティングでは、検索ユーザーが求める情報を記事に盛り込む必要があります。

WEBライティングと比べて記事が検索画面で上位表示されることが求められるため、SEO対策に関する正しい知識を身に付けることが重要です。

SEOライティングのコツや注意点を理解し、成果が期待できる記事を書きましょう。


プラスワード 記事内用バナー


この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。 サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超のノウハウをSEOサービスに反映し、3,000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

RECOMMENDED ARTICLES

ぜひ、読んで欲しい記事

  • SEOと文字数は関係ない│多いページが上位される本当の理由を解説のサムネイル画像です

    SEOと文字数の関係とは?文字数について覚えておくべき6つのポイント

    2024/05/13

  • YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説のサムネイル画像です

    YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説

    2024/04/03

  • リライトとは?リライト記事の選び方とSEO効果を高めるやり方を解説のサムネイル画像です

    リライトとは?SEO効果を高めるやり方とコツを解説

    2024/03/12

  • 社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/27

backtotop