WEBマーケティングをもっと身近に。

印刷会社のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

印刷会社のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

「印刷会社のWEB集客ではどのような記事を作成すれば良いのか」「どのようにコンテンツSEOを進めれば良いのか」など、お悩みではないでしょうか?この記事では、印刷会社がWEB集客で記事を作成するメリットからキーワード選定の方法や記事作成の流れまで、初めてWEB集客に取り組むWEBサイト運営者にも分かりやすく解説します。

プラスワードバナー画像
1

印刷会社がWEB集客で記事作成(コンテンツSEO)するメリット

印刷会社がWEB集客で記事作成するメリットは、以下の3つです。

  1. 印刷の依頼を検討している潜在層へアピールができる
  2. 印刷に関連する情報が増えるため専門性が高まりSEOに効果的
  3. 印刷に関する知識が豊富であることをユーザーにアピールできる

それぞれのメリットについて具体的に解説します。

1-1

印刷の依頼を検討している潜在層へアピールができる

印刷会社がWEB集客で記事作成するメリットの1つ目は、印刷の依頼を検討していない潜在層へアピールができることです。印刷会社の見込み顧客には、アプローチすることですぐに問い合わせが期待できる顕在顧客と、将来的な問い合わせが期待できる潜在顧客がいます。

印刷会社の顕在顧客と潜在顧客の状態は、以下の通りです。

顕在顧客どこの印刷会社へ依頼するか比較・検討している
印刷会社へ依頼すべきかを検討している
潜在顧客自身で印刷しようとしている
印刷会社の必要性・有用性を理解していない


顕在顧客は印刷会社の存在を認識していますが、潜在顧客は印刷会社を利用することを意識していないため、リスティング広告やSNS広告などのWEB広告でアプローチしても高い効果が期待できません。

一方、検索流入が期待できる記事を作成すれば、潜在顧客に対して効率良くアプローチできます。

顕在顧客へアプローチする場合には競合他社との競争や差別化を意識する必要がありますが、潜在顧客へアプローチする場合には、自社の特徴やメリットを理解させることで問い合わせに結びつけることが可能です。

1-2

印刷に関連する情報が増えるため専門性が高まりSEOに効果的

印刷会社がWEB集客で記事作成するメリットの2つ目は、印刷に関連する情報が増えるため専門性が高まりSEOに効果的であることです。Googleに代表される検索エンジンは、サイト内の情報からサイトの専門性の高さを判断します。

たとえば、印刷に関する記事が多いサイトは、印刷に関する専門性が高いと判断されるわけです。専門性の高さは記事やサイトの評価に影響するため、専門性が高いと判断されることで検索上位表示されやすくなります。

1-3

印刷に関する知識が豊富であることをユーザーにアピールできる

印刷会社がWEB集客で記事作成するメリットの3つ目は、印刷に関する知識が豊富であることをユーザーにアピールできることです。初めてサイトを訪れるユーザーにとっては、サイトを運営する会社が印刷に関してどの程度の知識や技術力があるのかを判断することは容易ではありません。

印刷に関連する記事を量産することで、印刷会社・サービスとしての知識の豊富さや技術力の高さをユーザーにアピールできます。

また、印刷会社の利用を検討していない潜在顧客に対しても、記事を通じて自社サービスの有用性を自然な形でアピールでき、問い合わせに繋げることが可能です。

2

印刷関連の記事作成におけるキーワードの選定方法

印刷関連の記事作成におけるキーワードの選定では、以下の3点を意識することが重要です。

  1. 見込み顧客が使用するキーワードなのか
  2. 顕在顧客が使用するキーワードなのか
  3. 潜在顧客が使用するキーワードなのか

WEB集客においては、自社サービスの利用が期待できる見込み顧客ではないユーザーを集客しても効果的ではありません。キーワードの選定では、見込み顧客が使用するキーワードを選定すること、つまり見込み顧客ではないユーザーが使用するキーワードを除外して選定することが重要です。

【印刷に関するキーワード例】

顕在顧客印刷会社 おすすめ
潜在顧客印刷用紙 種類
非見込み顧客印刷局
印刷製本包装機械健康保険組合
印刷オペレーター


上記のようにキーワードに「印刷」が含まれていても、さまざまな検索意図が想定されます。

顕在顧客を集客する場合には、「印刷会社」や「印刷サービス」、「印刷」といったキーワードが含まれているキーワードを選定します。

下記キーワードのように、印刷する対象となる印刷物の名称や地域名が検索キーワードとして使用するケースもあります。

  • 「パンフレット 印刷会社 福岡市」
  • 「名刺 印刷サービス 東京都 港区」
  • 「カタログ 印刷 安い」

ただし、「印刷会社 求人」や「印刷会社 仕事内容」といったように見込み顧客ではないユーザーが使用するキーワードを選定する必要はありません。

また、印刷会社や印刷サービスを比較・検討している段階の顕在顧客の場合は、印刷に関連したキーワードではなく、印刷会社・印刷サービスの名称を入れて検索するケースもあります。

  • 「プリントパック 評判」
  • 「プリントパック 料金」
  • 「プリントパック 納期」
  • 「プリントパック 見積もり」
  • 「プリントパック 問い合わせ」

自社の社名やサービス名を使用して検索されることを、指名検索と言います。

指名検索で上位表示できれば問い合わせに繋がる可能性が非常に高いので、上位表示できているか、どのページが検索結果に表示されているかを確認しておきましょう。

ただし、自社の社名やサービス名が低い場合、検索ボリュームがそれほど高くない場合があります。コンテンツSEOを実施したり、自社SNSアカウントを運用することで、自社の社名やサービス名の認知度を高めることが可能です。

潜在顧客を集客する場合には、自身で印刷をしようとしているユーザーが使用するキーワードを選定します。

【キーワード例】

  • 「印刷 コンビニ 値段」
  • 「印刷 エクセル」
  • 「印刷アプリ」

「印刷 コンビニ 値段」の場合であれば、コンビニで印刷する場合の値段を紹介しつつ、部数が多い場合は印刷会社を利用した方がコスパが良くなることを紹介し、自社サービスを訴求するわけです。

以下のようなキーワード選定ツールを利用すれば、無料で大量のキーワードを取得できるため、効率良くキーワード選定が行えます。

3

印刷関連の記事作成ポイント8選

印刷関連の記事を作成する際のポイントは、以下の8つです。

  1. 初心者にも分かりやすいコンテンツ作りを意識する
  2. 専門用語など技術的な内容は具体的に解説する
  3. 印刷のコツや失敗させない方法を記事内で紹介する
  4. メリットだけではなくデメリットも一緒に紹介する
  5. 印刷やデザインに関するコツや注意点を紹介する
  6. サイズや仕様の紹介には図や画像を付ける
  7. 記事を量産する場合はカテゴリ分けをしておく
  8. テーマが広くなる場合はカテゴリ分け+タグ分けを使用する

それぞれのポイントについて具体的に解説します。

3-1

【ポイント1】初心者にも分かりやすいコンテンツ作りを意識する

印刷関連の記事作成ポイントの1つ目は、初心者にも分かりやすいコンテンツ作りを意識することです。サービスサイトにコラム記事を掲載している場合、どのように印刷を依頼すれば良いのか、どのようなサービスを提供しているのか、サイトに訪れたユーザーが戸惑うケースがあります。

「初めての方へ」や「ご利用ガイド」といった、自社サービスを初めて利用するユーザーのためのページを作成することで、スムーズに問い合わせを獲得できるようになります。

「入稿ガイド」や「よくある質問」ページも作成しておくことで、ユーザーの不安や疑問を解消することも可能です。また、上記のようなページを作成しても、ユーザーがページへ簡単にアクセスできる状態になっていなければ効果を発揮することはできません。

ページの上部にグローバルナビゲーションを設置し、どのページからでもアクセスできるようにしておきましょう。

3-2

【ポイント2】専門用語など技術的な内容は具体的に解説する

印刷関連の記事作成ポイントの2つ目は、専門用語など技術的な内容を具体的に解説することです。印刷を依頼したいと考えている顕在顧客や自身で印刷しようとしている潜在顧客に、印刷に関する専門的な知識があるとは限りません。

技術的な内容を解説する際に専門用語を多用していると、具体的な意味が伝わらなかったり間違って解釈されたりする恐れがあります。技術的な内容の記事では出来る限り専門用語の使用を避け、印刷に関する初心者でも理解できるようにすることが重要です。

どうしても専門用語を使用する必要がある場合には、個別に用語解説を行うようにするか、専門用語について解説した記事へ誘導するようにしましょう。

3-3

【ポイント3】印刷のコツや失敗させない方法を記事内で紹介する

印刷関連の記事作成ポイントの3つ目は、印刷のコツや失敗させない方法を記事内で紹介することです。印刷に関する課題を抱えるユーザーの多くは、どうすれば印刷がうまくいくのか、印刷で失敗しないためにはどうすべきなのかを検索して調べています。

印刷のコツや失敗させない方法を記事内で紹介することで記事が検索画面に表示されるようになるため、検索に関して課題を抱えるユーザーにアプローチできるわけです。

3-4

【ポイント4】メリットだけではなくデメリットも一緒に紹介する

印刷関連の記事作成ポイントの4つ目は、メリットだけではなくデメリットも一緒に紹介することです。特定のテーマに関するメリットについて知りたいと考えているユーザーは、デメリットがあることも理解しています。

メリットだけをアピールしてデメリットについて触れていなければ、何か不都合なことがあるのではないか、デメリットを隠そうとしているのではないかと考えるのが一般的です。

記事の中でデメリットについて言及していなければ、どのようなデメリットがあるのかを調べるために検索し直して別のサイトへ移動するかもしれません。メリットをアピールする際には、デメリットも一緒に紹介するようにしましょう。

また、デメリットがあることだけを紹介するのではなく、どのような場合にデメリットが生じるのか、どうすればデメリットを解消できるのかを解説することも重要です。

3-5

【ポイント5】印刷やデザインに関するコツや注意点を紹介する

印刷関連の記事作成ポイントの5つ目は、印刷やデザインに関するコツや注意点を紹介することです。前述したように、印刷に関する課題を抱えるユーザーの多くは、どうすれば印刷がうまくいくのか、印刷で失敗しないためにはどうすべきなのかを検索して調べています。

印刷やデザインに関するコツや注意点を紹介することで記事が検索画面に表示されるようになるため、検索に関して課題を抱えるユーザーにアプローチできるわけです。

3-6

【ポイント6】サイズや仕様の紹介には図や画像を付ける

印刷関連の記事作成ポイントの6つ目は、サイズや仕様の紹介には図や画像を付けることです。サイズに関する内容やリーフレットなど、紙の仕様を紹介する記事を作成する場合は、サイズ表や図、実際の写真を使って紹介すると情報を分かりやすく伝えることができます。

たとえば、封筒にはさまざまな種類がありそれぞれサイズが異なりますが、それぞれの違いを文章で表現しようとすると分かりにくくなってしまいます。

以下のようなサイズ表を作成することで、封筒の名称ごとのサイズが一目で分かるようになります。

【例:封筒の種類】

封筒の名称サイズ規格
角形1号270☓382mm定形外
角形2号240☓332mm定形外
角形3号216×277mm定形外
角形4号120☓235mm定形
角形5号235×120mm定形


また、印刷で使用する用紙の質感や、見た目の違いなどのように文章では十分に情報を伝え切れない場合には、イラストや実際の画像を記事に設置すると効果的です。

3-7

【ポイント7】記事を量産する場合はカテゴリ分けをしておく

印刷関連の記事作成ポイントの7つ目は、記事を量産する場合はカテゴリ分けをしておくことです。記事をカテゴリ分けしておくことでユーザーが目的の記事を見つけやすくなり、類似した記事を作成してしまうことを防止できます。

上記のカテゴリ分けは、サービスページや「初めての方へ」「ご利用ガイド」「お問い合わせ」といった自社サービスを利用するユーザーに向けたページのカテゴリ分けとは別の話です。

検索流入を前提としたユーザーに向けた、記事コンテンツのカテゴリ分けを指します。

サービスサイトの中に記事コンテンツを作成する場合には、「コラム」や「ブログ」といった親カテゴリを作成し、「印刷の基礎知識」や「入稿の基礎知識」といった子カテゴリを作成します。

印刷関連の記事コンテンツのカテゴリ設定例については、後述します。

3-8

【ポイント8】テーマが広くなる場合はカテゴリ分け+タグ分けを使用する

印刷関連の記事作成ポイントの8つ目は、テーマが広くなる場合はカテゴリ分け+タグ分けを使用することです。単純に扱うテーマが広くなるだけであれば、子カテゴリを増やすだけで問題ありません。

カテゴリ分けとタグ分けを併用するのは、カテゴリ分けだけでは記事を分類しづらいケースや、カテゴリ分けとは別の方向性で記事を分類するケースです。

カテゴリ分けではひとつの記事に対してひとつのカテゴリを割り当てることが原則となるため、複数のカテゴリに共通するテーマで記事を作成した場合、どのカテゴリに割り当てるべきか迷ってしまったり、別のカテゴリを作成してしまったりすることがあります。

たとえば、以下のようにカテゴリ分けをした場合、「冊子印刷のコツ」や「チラシデザインの種類」といったテーマの記事が複数のカテゴリに分類されてしまいます。

  • 冊子
  • チラシ
  • 名刺
  • 印刷のコツ
  • デザイン

以下のようにカテゴリ分け・タグ分けを行えば、カテゴリ及びタグそれぞれで記事が重複することはありません。

カテゴリタグ
冊子
チラシ
名刺
印刷のコツ
デザイン


上記のケースであれば、カテゴリをタグを逆にしても問題ありません。
記事を分類する場合には、カテゴリ分け及びタグ分けの基準を統一することが重要です。

4

印刷関連の記事のカテゴリ設定例

印刷関連の記事カテゴリの設定例は、以下の通りです。

  • 印刷の基礎知識
  • 入稿の基礎知識
  • デザイン制作
  • WEB制作・動画制作
  • 写真撮影・動画加工
  • 印刷とSDGs

それぞれのカテゴリで、どのような記事コンテンツを作成すれば良いのかを解説します。

4-1

印刷の基礎知識

印刷関連の記事カテゴリ「印刷の基礎知識」では、印刷に関して悩みや疑問を抱えるユーザーに向けて、一般的な印刷の基礎的な情報を紹介する記事を作成します。

【作成する記事コンテンツの例】

  • オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い
  • 中綴じと無線綴じの違い
  • 印刷用紙の種類
4-2

入稿の基礎知識

印刷関連の記事カテゴリ「入稿の基礎知識」では、印刷するデータの入稿に関して悩みや疑問を抱えるユーザーに向けて、一般的な入稿の基礎知識を紹介する記事を作成します。

【作成する記事コンテンツの例】

  • 印刷に適した画像の保存形式
  • 断ち切り線とは?
  • スミベタとリッチブラックの違い
  • RGBとCMYKの違い
4-3

デザイン制作

印刷関連の記事カテゴリ「デザイン制作」では、印刷物に印刷するデザインの制作に関する記事を作成します。

【作成する記事コンテンツの例】

  • デザインの種類
  • チラシデザインのコツ
  • 会社案内の作り方
  • インパクトのある名刺デザイン
  • タイポグラフィとは
4-4

WEB制作・動画制作

印刷関連の記事カテゴリ「WEB制作・動画制作」では、WEB制作と動画制作に関する記事を作成します。

近年ではチラシやパンフレットなどの用紙への印刷と並行してデジタルデータも作成したいユーザーも増加しており、WEB制作・動画制作に関する記事コンテンツを作成することで効率良く見込み顧客にアプローチできます。

一方、WEB制作・動画制作だけを依頼したいユーザーも集客する可能性があるため、WEB制作・動画制作を専門とする会社との差別化が重要です。

4-5

写真撮影・動画加工

印刷関連の記事カテゴリ「写真撮影・動画加工」では、印刷物に印刷する写真の撮影方法や画像の加工テクニック、デジタルデータに設置する動画の加工方法に関する記事を作成します。

【作成する記事コンテンツの例】

  • Photoshopを使った写真の加工テクニック
  • 写真の著作権について
  • 写真撮影に必要な道具
4-6

印刷とSDGs

印刷関連の記事カテゴリ「印刷とSDGs」では、印刷会社として自社におけるSDGsへの取り組みに関する記事を作成します。

近年ではSDGsに対して注目が集まっており、見込み顧客が印刷会社を比較・検討する際には、印刷を依頼する会社がSDGsに対してどのように取り組んでいるかについても重視されています。

自社におけるSDGsへの取り組みを記事として作成しておくことで、競合他社との差別化や企業・商品ブランディングとして活用することが可能です。

5

印刷関連の記事の推奨文字数と推奨記事作成数

印刷関連の記事の推奨文字数は3,000文字~5,000文字、推奨記事作成数は50ページ~100ページです。文字数が3000文字以下だとユーザーニーズを十分に満たすことができず、文字数が多すぎれば記事から途中離脱されやすくなります。

現在のSEOでは記事の文字数に比例して検索順位が上がりやすくなるわけではないので、文字数にこだわるのではなくユーザーニーズを網羅できているか、十分な情報量なのかを意識して記事を作成することが重要です。

記事の文字数を設定する際には、検索上位記事の文字数が参考になります。検索上位記事と比べて自社の記事の文字数が著しく少ない場合には、必要な情報が不足しているかもしれません。

外部サイトの記事の文字数をチェックできるツールは、以下の通りです。

記事のURL、もしくはキーワードを入力することで、記事ごとの文字数に加えて記事タイトルや見出し、ディスクリプションなども合わせて確認できます。

記事の作成数については、印刷会社のサイトで扱うテーマや提供できるサービスの幅広さ次第で大きく変動します。文字数のように、記事数が多すぎてユーザーが不便になることはありません。

記事数が増加するにつれて、サイト全体のアクセス数が増加しやすくなります。

ただし、類似した記事や検索意図を満たしていない記事、品質の低い記事を量産しても、効果を発揮することはありません。記事数を増やそうとするのではなく、インデックス数を増やすことを意識して記事を作成するようにしましょう。

6

印刷会社のWEB集客における記事作成の流れ

印刷会社のWEB集客における記事作成の流れは、以下の通りです。

  1. キーワードとテーマを選定する
  2. 記事の構成を作成する
  3. 執筆をする
  4. 関連する画像を用意する
  5. 記事を公開する
  6. 公開した記事のチェック、リライトを繰り返す

それぞれのステップでは何をするのか、どのような点に注意すべきかを解説します。

6-1

STEP1. キーワードとテーマを選定する

印刷会社のWEB集客における記事作成では、始めにキーワードとテーマを選定します。

検索エンジンは検索ユーザーが使用するキーワードにマッチした記事を検索結果に表示する仕組みなので、検索流入を前提とした記事を作成する場合には検索上位表示を狙うキーワードを選定しなければいけません。

キーワードを選定せずに記事を作成しないと、類似した内容の記事を複数作成してしまったり、検索ユーザーの検索意図を十分に網羅できない記事を作成してしまう恐れがあるからです。

キーワードの選定方法については、前述した「印刷関連の記事作成におけるキーワードの選定方法」で確認してください。

6-2

STEP2. 記事の構成を作成する

次に、印刷会社の見込み顧客へ向けたキーワードとテーマを元に、記事の構成を作成します。

構成案を作成する必要があるのは、構成案を作成せずに執筆を始めてしまうと、何について書かれた記事なのか、誰に向けた記事なのかが分かりにくくなってしまう恐れがあるからです。

構成案を作成するポイントは以下の通りです。

  • 記事を作成する目的を明確にする
  • ターゲット・ペルソナ設定を行う
  • ターゲットキーワードを設定する
  • ターゲットキーワードの検索意図を想定する
  • 記事全体の流れを決める
  • 検索上位記事と比較して不足した情報を補う

6-3

STEP3. 執筆をする

次に、作成した記事の構成に従って、印刷会社の見込み顧客へ向けて記事を執筆します。印刷会社の見込み顧客には一般消費者だけでなく法人企業も想定されるため、幅広いユーザー層を意識して執筆することが重要です。

顕在顧客から問い合わせを獲得するための記事なのか、潜在顧客にアプローチするための記事なのかによって、文章のトーンを変えるのも良いでしょう。

また、キーワードが詰め込まれていたり日本語として成立していなかったりしている文章だと、ユーザーからの信頼を得ることはできません。

誰にでも分かる表現を心がける、文末表現を統一する、冗長表現を避けるといった、ライティングの基本に従って執筆することが重要です。

6-4

STEP4. 関連する画像を用意する

次に、記事の内容と関連する画像を用意し、サムネイル画像とアイキャッチ画像を作成し、記事に設置します。

印刷関連の記事で用意する画像は、以下の通りです。

  • 印刷用紙の質感や色合いが分かる写真
  • 印刷設定を行う手順を解説した画像
  • デザインソフトの使い方を解説した画像

WEBサイトにサムネイル画像やアイキャッチ画像を設置する際には、画像の内容が分かるようにalt属性を設定する必要があります。

検索エンジンはテキストデータのようには画像の内容を認識できないため、alt属性を使用してどのような意味を持つ画像なのかを伝えなければいけません。

6-5

STEP5. 記事を公開する

次に、完成した記事を印刷会社のWEBサイトで公開します。

公開する前には、以下の点をチェックしておく必要があります。

  • 誤字・脱字はないか
  • 日本語・文章として成立しているか
  • タイトルタグや見出しタグ、ディスクリプションタグは設定されているか
  • 外部サイトをコピペした文章はないか
  • 著作権・薬機法・景品表示法に違反していないか
  • 関連記事への内部リンクは設置されているか
  • 問い合わせに結びつくCTAは設置されているか
  • ページの表示速度が遅すぎないか
  • スマホから見た場合でも適切に表示されているか
  • パーマリンクは適切に設定されているか

上記の中でもパーマリンク設定は記事公開後の修正に手間がかかるため、確実にチェックしておくようにしましょう。

6-6

STEP6. 公開した記事のチェック、リライトを繰り返す

最後に、公開した記事のチェックを行い、課題を解消できるまでリライトを繰り返し実施します。

記事を公開した後にチェックするポイントは以下の通りです。

  • 記事がインデックスされているか
  • ターゲットキーワードでランクインできているか
  • 目的のページへ誘導できているか
  • 滞在時間や離脱率、直帰率に問題はないか

記事を公開しても、記事がインデックスされていなかったり、ランクインできていなければ検索ユーザーの目に触れることはありません。

記事の公開から1ヶ月経過してもインデックスされていない場合には記事の内容に問題がある可能性が高いため、なぜインデックスされていないのかを確認する必要があります。

記事がインデックスされているかや検索順位はGoogleサーチコンソールから、記事のアクセス数や滞在時間、直帰率などはGoogleアナリティクスから無料で確認することが可能です。

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスは設定する前のデータは参照できないため、まだ設定していない場合には早急に設定するようにしましょう。

7

印刷に関する記事作成例

【バンフーオンラインショップ】

バンフーオンラインショップ
画像引用元:https://www.vanfu.co.jp/column/

バンフーオンラインショップは、オンライン上で印刷サービスを提供している、株式会社帆風が運営しているWEBサイトです。「バンフーのインサツコラム」では、画像やイラスト、表を活用して分かりやすく解説されています。

冊子印刷の基礎知識やデータ入稿の基礎知識など、冊子作成や印刷の初心者に役立つコラムが多数掲載されており、将来的に問い合わせに結びつく可能性のある潜在顧客に対しても効率良くアプローチできていることが分かります。

8

まとめ

今回は、印刷会社がWEB集客で記事を作成するメリットから、キーワード選定の方法や記事作成の流れまで解説しました。

近年ではネット上で印刷サービスを提供する企業が増加しており、顕在顧客だけをターゲットにして集客しようとすると、高い広告出稿コストがかかったり、競合他社との価格競争に巻き込まれたりする恐れがあります。

一方、コンテンツSEOを実施すれば、集客コストを抑えて見込み顧客にアプローチすることが可能です。潜在顧客を主に集客するため競合他社との競争が少なく、広告を出稿して集客するよりも低コストで集客することが可能です。

本記事で解説したキーワード選定の方法や記事作成の流れを参考に、印刷会社の見込み顧客から問い合わせを獲得できる記事を作成しましょう。

プラスワードバナー画像

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。 サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超のノウハウをSEOサービスに反映し、3,000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

RECOMMENDED ARTICLES

ぜひ、読んで欲しい記事

  • SEOと文字数は関係ない│多いページが上位される本当の理由を解説のサムネイル画像です

    SEOと文字数の関係│多いページが上位表示されている理由を解説

    2024/04/12

  • YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説のサムネイル画像です

    YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説

    2024/04/03

  • リライトとは?リライト記事の選び方とSEO効果を高めるやり方を解説のサムネイル画像です

    リライトとは?SEO効果を高めるやり方とコツを解説

    2024/03/12

  • 社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/27

backtotop