WEBマーケティングをもっと身近に。

弁護士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

弁護士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

「弁護士のWEB集客ではどのような記事を作成すれば良いのか」「どのようにコンテンツSEOを進めれば良いのか」など、お悩みではないでしょうか?この記事では、弁護士のWEB集客において記事作成を行うメリットからキーワード選定の方法、記事作成の流れなど、初めてWEB集客に取り組む弁護士にも分かりやすく解説します。

1

弁護士のWEB集客において記事作成(コンテンツSEO)を行うメリット

弁護士のWEB集客において、記事作成を行うメリットは以下の4つです。

  1. 弁護士の専門分野・得意分野をユーザーにアピールできる
  2. 法律に関連するページが増えるのでサイトの信頼性が高まりSEO効果に繋がる
  3. 法律に関する具体的な問題を抱えたユーザーに対してアピールができる
  4. リスティング広告に比べ低費用で運用できる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

1-1

弁護士の専門分野・得意分野をユーザーにアピールできる

弁護士のWEB集客において記事作成を行うメリットの1つ目は、弁護士の専門分野・得意分野をユーザーにアピールできることです。

弁護士が運営するWEBサイトで自身が専門とする分野や得意とする分野に関する記事を作成することで、WEBサイトに訪れた見込み顧客や検索ユーザーに対して、弁護士の専門分野・得意分野をアピールできます。

作成する記事の具体的な内容は、自身が過去に解決した事例や法律問題に関する解決方法です。交通事故専門の弁護士であれば、後遺障害認定によって示談解決した事例や、交通事故における慰謝料請求の手順などを解説した記事を作成します。

債務整理が専門の弁護士であれば、債権者からの取り立てが停止した事例や、借金の消滅時効に関する記事を作成します。

実際に顧客が抱える問題を解決した事例を紹介することで顧客からの信頼性を高めることができ、法律問題に関する具体的な記事を作成することで、弁護士としての専門性を高めることができます。

1-2

法律に関連するページが増えるのでサイトの信頼性が高まりSEO効果に繋がる

弁護士のWEB集客において記事作成を行うメリットの2つ目は、法律に関連するページが増えるのでサイトの信頼性が高まりSEO効果に繋がることです。

前述したように、法律に関する記事を作成することでサイトを訪れた見込み顧客から得意分野に関する専門性が高いと判断されますが、検索エンジンであるGoogleからも同様に専門性・信頼性が高いサイトだと判断されます。

Googleはサイトを評価する際に、コンテンツ制作者の経験や専門性、権威性、信頼性(E-E-A-T)を重視しています。

【E-E-A-T】

  • Experience(経験)
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trust(信頼)

E-E-A-Tは、検索順位に影響を与えるアルゴリズムではなくコンテンツの品質を評価する指標ではありますが、法律に関連するページを作成することで専門性が高いと判断され、弁護士自身がWEBサイトを運営することで権威性が、「弁護士自身が経験を活かして記事を作成することで信頼性が高い」と判断され、SEO効果に繋がります。

また、法律に関するテーマはYMYLジャンルに該当するため、特にE-E-A-Tの影響が強いです。

YMYLとは、Googleの品質評価ガイドラインに登場する項目のひとつである、お金や健康に関するジャンルを指します。

法律を含むYMYLジャンルの記事は読者の人生に大きな影響を与える可能性が高いため、GoogleはE-E-A-Tが高いWEBサイトだけを検索上位表示するようにしています。

法律に関するテーマであれば、弁護士ではない人が記事を作成する場合より、弁護士が運営するサイトや弁護士が執筆・監修した記事の方が検索上位表示されやすいです。

1-3

法律に関する具体的な問題を抱えたユーザーに対してアピールができる

弁護士のWEB集客において記事作成を行うメリットの3つ目は、法律に関する具体的な問題を抱えたユーザーに対してアピールができることです。コンテンツSEOは、検索ユーザーの具体的な問題や疑問を解決する記事を作成することで、見込み顧客にアプローチする施策です。

「交通事故 慰謝料」といったように、具体的な検索キーワードで問題を解決する方法を探す検索ユーザーに向けて記事を作成します。法律に関する具体的なトラブルを抱えた見込み顧客が検索時に使用するキーワードで検索上位表示できていれば、自然検索からの集客が期待できるわけです。

逆にいえば、見込み顧客が検索時に使用しないキーワードで検索上位表示できていても、見込み顧客は集客できません。

ただ記事を作成すれば法律に関する具体的な問題を抱えたユーザーに対してアピールができるわけではなく、見込み顧客がどのようなキーワードで検索するかを意識して記事を作成し、なおかつ検索上位表示されている必要があります。

1-4

リスティング広告に比べ低費用で運用できる

弁護士のWEB集客において記事作成を行うメリットの4つ目は、リスティング広告に比べ低費用で運用できることです。コンテンツSEOとリスティング広告は、TVCMや新聞広告などのオフライン広告や他のWEB広告に比べるといずれも低コストで運用できる施策です。

顕在層に向けて短期間の集客を行う場合は、リスティング広告の方が費用を抑えて集客することが可能です。

一方、コンテンツSEOはすぐに検索上位表示されるわけではなく検索順位をコントロールしやすいわけではありませんが、中長期的な視点で見ればリスティング広告よりもトータルの費用を抑えて運用できます。

【SEOとリスティング広告の違い】

比較項目SEOリスティング広告
検索表示への即効性低い高い
クリック率高い低い
掲載順位のコントロールコントロールしづらいコントロールしやすい
クリック費用無料有料
中長期的な費用感安い高い
スニペットコントロールしづらいコントロールしやすい
ターゲット顕在層・潜在層顕在層


ただし、コンテンツSEOを実施したからといって確実に集客できるとは限りません。間違った方法でコンテンツSEOを実施すれば、高額な費用をかけたにもかかわらず十分な成果が得られない可能性もあります。

また、コンテンツSEOの成果が出るまでには一定の時間が必要なので、施策を始めたばかりの段階だとリスティング広告の方が費用対効果は高いです。

期間が限定されている場合や顕在顧客だけにアプローチしたい場合はリスティング広告、時間をかけて集客に取り組みたい場合や潜在顧客を含めて幅広く集客したい場合はコンテンツSEOといったように、どちらの施策を実施するか、併用するかを検討しましょう。

2

弁護士関連の記事作成におけるキーワード選定の方法

弁護士関連の記事作成におけるキーワード選定では、顕在顧客と潜在顧客が検索時に使用する可能性が高いキーワードを選定します。

【弁護士の見込み顧客】

見込み顧客ターゲット検索キーワード例
顕在顧客弁護士を探している人弁護士 福岡
交通事故 弁護士
離婚 弁護士 大阪
潜在顧客法律に関する問題を抱えている人交通事故 後遺障害等級
任意整理とは
浮気 慰謝料


顕在顧客を集客する記事の場合、「弁護士」というキーワードに相談内容・業務内容や地域名を加えた検索キーワードを選定します。

検索ユーザーは弁護士に依頼したいという明確な意図を持って検索しているため問い合わせに結びつきやすい一方で、比較・検討している段階でもあるため他の弁護士との差別化を図る必要があります。

また、潜在顧客に比べて顕在顧客は非常に少ないため、顕在顧客に向けたキーワードだけを選定した場合、アクセス数が伸び悩む可能性が高いです。潜在顧客に向けたキーワードを選定する際には、法律に関する問題を抱えている人がどのようなキーワードで検索するかをイメージする必要があります。

適当にキーワードを組み合わせるのではなく、実際にどのようなキーワードで検索されているのか、どのような検索意図で検索しているのかを分析・考察することが重要です。

3

弁護士関連の記事作成ポイント11選

弁護士関連の記事作成ポイントは、以下の通りです。

  1. 得意な分野に関連した記事のテーマ・ターゲットを設定する
  2. 一般ユーザーに分かりやすい表現を使う
  3. 専門用語には解説をつける
  4. 誤った認識を植え付けないようにする
  5. 実際の法律に基づく情報を紹介する
  6. 過去の事例や判例を記載する
  7. 著作権侵害に注意する
  8. 参考文献・参照元を正確に記載する
  9. 著者・監修者情報を記載する
  10. 大量の記事を作成する場合はカテゴリを分けておく
  11. テーマが幅広くなる場合はタグを使用する

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

3-1

【ポイント1】得意な分野に関連した記事のテーマ・ターゲットを設定する

弁護士関連の記事作成ポイントの1つ目は、得意な分野に関連した記事のテーマ・ターゲットを設定することです。前述したように、弁護士事務所としてどの分野に力を入れているのかをアピールすることが重要です。

得意とする分野の記事を作成することで、弁護士事務所の強みや専門性を明確に伝えることができます。

また、過去に解決した事例やお客様の声、弁護士費用、弁護士のプロフィールなど、サイトを訪れた見込み顧客から問い合わせを獲得するためのコンテンツを作成することも重要です。

3-2

【ポイント2】一般ユーザーに分かりやすい表現を使う

弁護士関連の記事作成ポイントの2つ目は、一般ユーザーに分かりやすい表現を使うことです。弁護士事務所の見込み顧客の多くは法令や判例で使用されることが多い単語を目にしたことがなく、正確な意味を理解できるとは限りません。

以下のような法律用語をそのまま使用すると、本来の意味とは異なる意味で捉えてしまったり、勘違いさせてしまったりする恐れがあります。

  • 意思表示:法律効果を発生させたいと外部に対して主張すること
  • 善意:法的な効果が発生することを知らないこと
  • 悪意:法的な効果が発生することを知っていること

可能な範囲で専門用語の使用は控え、誰にでも理解できる、勘違いが発生しないような表現を心がけるようにしましょう。

3-3

【ポイント3】専門用語には解説をつける

弁護士関連の記事作成ポイントの3つ目は、専門用語には解説をつけることです。前述したように専門用語の多用は控えるべきですが、文脈によっては専門用語の使用が避けられないケースもあります。

専門用語を使用する場合は、「意思表示」といったように専門用語をカッコ書きにしたうえで、「意思表示とは~」といったように用語の解説を加えておきましょう。

また、法律用語には以下のような難読漢字も多いため、読みにくい漢字にはフリガナを振っておくことも重要です。

  • 心裡留保:しんりりゅうほ
  • 濫用:らんよう
  • 瑕疵:かし
  • 定款:ていかん
  • 表見代理:ひょうけんだいり
3-4

【ポイント4】誤った認識を植え付けないようにする

弁護士関連の記事作成ポイントの4つ目は、誤った認識を植え付けないようにすることです。

特定の法令や判例だけを取り上げて同種の問題にも当てはまるかのような書き方をしたり、特定の状況に限定した判例があたかも確立された裁判所の判断であるかのように書いてしまったりすれば、多くの読者はそれが正しいことだと認識してしまう恐れがあります。

必ずしも誤った情報とは断定できませんが、個人の主張を押し付けるような記事を作成すると弁護士としての資質や、弁護士事務所としてのスタンスを疑問視されるかもしれません。

3-5

【ポイント5】実際の法律に基づく情報を紹介する

弁護士関連の記事作成ポイントの5つ目は、実際の法律に基づく情報を紹介することです。法的な問題を解決する方法に対する根拠の大半は法令なので、記事に書く内容の根拠として該当する法令を引用しておけば、読者はわざわざ関連法令を調べる必要がありません。

民法第628条や労働基準法第137条といったようにどの法令の第何条が該当するのかだけを記述するより、法令の文章をそのまま引用する方がより親切です。

また、多くの法令はそのまま読んでも正確な意味が分からないケースも多いため、法令を引用したうえで具体的に何を意味しているのかを解説すると、読者の理解を助けることができます。

3-6

【ポイント6】過去の事例や判例を記載する

弁護士関連の記事作成ポイントの6つ目は、過去の事例や判例を記載することです。

実際に問題を解決した事例や裁判で勝ち取った慰謝料といった判例を紹介することで、読者に対して記事の内容を具体的に解説できます。弁護の実績としても紹介できるため、事例を記載をすることが重要です。

3-7

【ポイント7】著作権侵害に注意する

弁護士関連の記事作成ポイントの7つ目は、著作権侵害に注意することです。法律の専門家である弁護士であればご理解されているかと思いますが、第三者が作成した著作物を無断で記事に使用すると著作権侵害とみなされる恐れがあります。

WEB記事のコンテンツのすべてが著作物とみなされるとは限りませんが、外部サイトに設置されている画像を無断で使用したり、文章をコピペしたりしないように注意しましょう。

また、記事の制作を外注する場合においても、公開した記事が著作権を侵害している場合には、WEBサイトを運営している弁護士自身や弁護士事務所が責任を負う必要があります。

3-8

【ポイント8】参考文献・参照元を正確に記載する

弁護士関連の記事作成ポイントの8つ目は、参考文献・参照元を正確に記載することです。法律の専門家である弁護士であればご理解されているかと思いますが、第三者が作成した著作物を記事の中で表記する場合、引用元が分かるように記述する必要があります。

法的にはどの文献から参照したのか参照元が分かるだけで問題ありませんが、SEOの観点では参照元への発リンクを設置することが重要です。

記事のテーマと関連性が高いページへ発リンクを設置することで、検索エンジンが記事のテーマを正確に読み取ることができるようになります。

3-9

【ポイント9】著者・監修者情報を記載する

弁護士関連の記事作成ポイントの9つ目は、著者・監修者情報を記載することです。前述したように法律に関する記事はYMYLジャンルに該当するため、記事を誰が書いたのか、法律家や弁護士が監修しているかが特に重視されます。

弁護士自身が記事を書いた場合や記事を監修した場合には、自身の氏名や経歴などを著者情報・監修者情報として記事に記載するようにしましょう。

もちろん、弁護士自身が記事を執筆していなかったり、実際に監修していなかったりするにも関わらず著者情報・監修者情報として記載してはいけません。

3-10

【ポイント10】大量の記事を作成する場合はカテゴリを分けておく

弁護士関連の記事作成ポイントの10つ目は、大量の記事を作成する場合はカテゴリを分けておくことです。

【弁護士事務所のWEBサイトにおけるカテゴリ例】

  • TOPページ
  • はじめての方へ
  • 相談の流れ
  • 相談内容
  • 顧問契約
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 法律Q&A
  • 相談受付フォーム
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 新着情報
  • ブログ・コラム

上記カテゴリのうち、コンテンツSEOとして記事を量産するのは主にブログ・コラムになります。

ブログ・コラムでは、対応可能な相談内容・業務内容ごとにカテゴリを作成します。

【弁護士事務所のWEBサイトにおけるブログ・コラムのカテゴリ例】

  • 債務整理
  • 交通事故
  • 相続
  • 離婚
  • 刑事事件
  • 労働問題

扱うテーマごとにカテゴリを分けておくことで、読者が目的の記事に到達しやすくなりカニバリ防止にも繋がります。

3-11

【ポイント11】テーマが幅広くなる場合はタグを使用する

弁護士関連の記事作成ポイントの11つ目は、テーマが幅広くなる場合はタグを使用することです。サイトで扱うテーマが幅広い場合でも、基本的にブログ・コラムのカテゴリを増やすことで対応できます。

一方、各カテゴリに共通するテーマについては、新たにカテゴリを作成するのではなく、タグを使用する方がおすすめです。ただし、やみくもにタグを作成してしまうと、かえって読者が記事を見つけづらくなってしまう恐れがあります。

4

弁護士に関する記事の推奨文字数と推奨記事作成数

弁護士に関する記事の推奨文字数は3,000文字~5,000文字、推奨記事作成数は50ページ~100ページです。記事の文字数が検索順位に与えることはありませんが、法律が関わる記事を作成する場合には、文字数が多くなりやすい傾向にあります。

読者の多くは法律に関する知識が少なく、法令や判例に登場する専門用語の意味も分からない場合がほとんどです。分かりやすく解説しようとすると専門用語の意味から解説する必要があり、判例を引用すれば文字数が多くなってしまいます。

文字数が1万文字を超えると記事を読むことに疲れて離脱するケースもあるため、無理に文字数を多くしようとするのではなく、完結にまとめるようにしましょう。

作成する記事数については、特定のテーマに特化したWEBサイトにするのか、債務整理や交通事故、相続、離婚、刑事事件など幅広いテーマを扱うのかによって大きく異なります。

一般的には、複数のテーマで少しずつ記事を作成するより、ひとつのテーマに絞って記事を作成する方が専門性が高いと判断されやすく、検索上位表示されやすいです。

5

弁護士のWEB集客における記事作成の流れ

弁護士のWEB集客における記事作成の流れは、以下の通りです。

  1. キーワードとテーマを選定する
  2. 構成を作成する
  3. 執筆をする
  4. 関連する画像を用意する
  5. 記事を公開する

それぞれの手順について詳しく解説します。

5-1

STEP1. キーワードとテーマを選定する

弁護士のWEB集客における記事作成では、始めにキーワードとテーマを選定します。弁護士の記事作成において始めにキーワードを選定するのは、記事のターゲットや書く内容を明確にするためです。

キーワードを選定せずに記事を作成すると、類似した内容の記事を繰り返して作成してしまったり、検索需要のない記事を作成してしまったりすることになります。

弁護士のWEB集客におけるキーワードの選定方法については、前述した「弁護士関連の記事作成におけるキーワード選定の方法」で確認してください。

5-2

STEP2. 構成を作成する

次に、弁護士の見込み顧客へ向けたキーワードとテーマを元に、記事の構成を作成します。

法律に関する記事の構成を作成する際のポイントは、以下の通りです。

  • 導入文で読者に対してアピールする
  • 検索意図が大きい内容を序盤に配置する
  • 見出しで結論を読者に伝える
  • 読者が再検索しなくて済むようにする
  • まとめで読者に対して具体的な行動を促す

5-3

STEP3. 執筆をする

次に、作成した記事の構成に従って、弁護士の見込み顧客へ向けて記事を執筆します。

弁護士の見込み顧客へ向けて記事を執筆する際のポイントは、以下の通りです。

  • 専門用語の多用は控え分かりやすい表現にする
  • 難読漢字にはフリガナを付ける
  • 法令や判例を紹介して根拠を提示する
  • 誤解や勘違いさせないようにする

また、法的なトラブルにおける当事者のどちらに向けて書くのかも重要なポイントになります。

交通事故の場合であれば加害者側と被害者側、離婚であれば離婚したい側としたくない側といったように、どちらの立場の人に向けて記事を書くのか明確にしなければ、記事を読んだ読者が混乱したり満足できなかったりするかもしれません。

検索キーワードによっては加害者と被害者の双方が使用するケースもあるため、どちらの課題を解決する記事なのかを意識して執筆するようにしましょう。

5-4

STEP4. 関連する画像を用意する

次に、弁護士の記事の内容と関連する画像を用意し、サムネイル画像とアイキャッチ画像を作成し、記事に設置します。法律に関する記事で主に使用する画像は、記事に書かれた内容を補足したりイメージしやすくしたりする画像です。

法律に関する記事は、法律の知識が不足していたり専門用語を正確に理解できてなかったりする読者の場合には内容が理解しづらい可能性があります。テキストでは伝えにくい情報については、画像を使用するようにしましょう。

また、基本的に法令や判例に基づいて執筆する法律の記事はテキスト中心の記事になりやすいため、見出しごとに画像を挟むことでどこまで読んだのかを把握しやすくなり、記事からの離脱を防止できます。

5-5

STEP5. 記事を公開する

最後に、完成した記事を弁護士のWEBサイトで公開します。

完成した記事を公開する前に、以下の点ができているかをチェックしておきましょう。

  • タイトルタグ・見出しタグは適切に設定されているか
  • 内部リンク・外部リンクの設定に間違いはないか
  • 誤字・脱字はないか
  • 問い合わせに繋がるCTAが設置されているか

また、記事を公開した後には以下の点を確認しましょう。

  • 公開した記事がインデックスされているか
  • 表示速度が遅すぎないか
  • リンクやボタンが正常に機能しているか
  • 狙ったキーワードでランクインしているか
  • 検索意図が変化していないか
  • 問い合わせに結びついているか
  • 滞在時間が極端に短くないか
6

弁護士の記事作成の注意点

弁護士の記事作成注意点は以下の3つです。

  1. 中長期的な視点で計画をする
  2. 定期的にリライトを行う
  3. コピーコンテンツに注意する

それぞれの注意点について詳しく解説します。

6-1

中長期的な視点で計画をする

弁護士の記事作成注意点の1つ目は、中長期的な視点で計画をすることです。コンテンツSEOは検索流入によるアクセス数増加を期待する施策なので、記事が検索上位に表示されている必要があります。

記事が検索上位に表示されるまでには一定の時間が必要であり、リスティング広告や自社SNSアカウント運用のように施策を実施してすぐに効果を発揮するわけではありません。

また、コンテンツSEOは記事数を増やすことで相乗効果も期待できるため、アクセス数が指数関数的に増加します。リスティング広告の場合は投下した費用に比例してアクセス数が増加しますが、投下した費用が同じであれば長期間広告を運用していても期待できる効果は一定です。

コンテンツSEOは施策を実施する期間が長いほど高い効果が期待できるようになるため、中長期的な視点で施策を実施しましょう。

6-2

定期的にリライトを行う

弁護士の記事作成注意点の2つ目は、定期的にリライトを行うことです。

コンテンツSEOは記事を作成することがゴールではありません。作成した記事が狙ったキーワードで検索上位表示され、問い合わせに結びつく必要があります。

リライトを行うタイミングは以下の通りです。

  • 狙ったキーワードで上位表示できていない
  • 問い合わせに結びついていない
  • 検索意図が変化した場合
  • 法令の変更があった場合

Googleはコンテンツの評価において記事の鮮度も重視しているため、定期的にリライトすることで評価を高めることができます。

法令が変更されているにもかかわらず記事の内容が古いままであれば、記事を読んだ読者が間違った判断をしてしまうかもしれません。法令変更に合わせて記事の内容を見直し、リライトすることが重要です。ただし、記事の更新日時を変更するだけのような、意味のないリライトをしてはいけません。

定期的に記事の内容を確認し、最新の情報を提供することを心がけましょう。

6-3

コピーコンテンツに注意する

弁護士の記事作成注意点の3つ目は、コピーコンテンツに注意することです。

コピーコンテンツとは、自サイトもしくは第三者が作成したサイトのコンテンツと、内容がすべて同じ、あるいは一部が同じコンテンツを指します。重複コンテンツとも呼ばれ、コンテンツの評価に大きな影響を与える要素です。

具体的には、以下のようなケースが重複コンテンツに該当します。

  • 内容が完全に一致しているURLが自サイト内に複数存在している
  • 内容の大部分が一致しているURLが自サイト内に複数存在している
  • 類似した内容のURLが自サイト内に複数存在している
  • 自サイトのコンテンツの内容が外部サイトのコンテンツと酷似している

記事を作成する際に注意しなければいけないのは、すでに作成している記事と似たような内容の記事を繰り返して作成してしまうことです。

同じ検索意図を満たす記事を作成すると重複コンテンツとみなされてしまう恐れがあるうえに、記事を作成した手間や時間が無駄になってしまいます。

また、外部サイトのコンテンツをコピペして記事を作成すると、重複コンテンツとみなされるだけでなく、著作権を侵害する恐れもあります。

前述したように弁護士が第三者の著作権を侵害することは信頼性を著しく低下させる行為であり、本業に深刻な影響を及ぼす恐れがあります。

法律の専門家として法令を遵守した記事を作成しましょう。

7

弁護士に関する記事作成例

【ベリーベスト法律事務所】

ベリーベスト法律事務所
画像引用元:https://rikon.vbest.jp/

ベリーベスト法律事務所は、男女問題に特化し、離婚調停に長けた弁護士が多数在籍しています。

この事務所は、「どこからが浮気か」や「慰謝料請求の必要理由とその方法」に関する詳細なコラムを通じて、浮気を疑う潜在層から離婚を検討している顕在層まで、幅広い層にアプローチしています。これらのコラムは、事務所の知名度を高めるのに大いに役立っています。

さらに、養育費計算ツールや婚姻費用計算ツールなど、読者にとって有益なツールをサイト内に用意することで、サイトの離脱率を低下させ、訪問者のサイト滞在時間を延ばしています。これにより、エンゲージメント率が上昇し、記事の上位表示率も向上しています。

8

まとめ

本記事では、弁護士のWEB集客において記事作成を行うメリットからキーワード選定の方法、記事作成ポイント、推奨文字数と推奨記事作成数、記事作成の流れまで解説しました。

弁護士のWEB集客において検索流入を前提とした記事を作成する場合、見込み顧客がどのようなキーワードで実際に検索しているのかを分析し、検索意図を満たす記事を作成することが重要です。

本記事で解説したキーワード選定の方法や記事作成ポイントを参考に、問い合わせに繋がる記事を作成しましょう。

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。 サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超のノウハウをSEOサービスに反映し、3,000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

RECOMMENDED ARTICLES

ぜひ、読んで欲しい記事

  • SEOと文字数は関係ない│多いページが上位される本当の理由を解説のサムネイル画像です

    SEOと文字数の関係│多いページが上位表示されている理由を解説

    2024/04/12

  • YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説のサムネイル画像です

    YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説

    2024/04/03

  • リライトとは?リライト記事の選び方とSEO効果を高めるやり方を解説のサムネイル画像です

    リライトとは?SEO効果を高めるやり方とコツを解説

    2024/03/12

  • 社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/27

backtotop