WEBマーケティングをもっと身近に。

探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

「探偵事務所のWEB集客ではどのような記事を作成すれば良いのか」「どのようにコンテンツSEOを進めれば良いのか」など、お悩みではないでしょうか?本記事では、探偵事務所がWEB集客で記事を作成するメリットからキーワード選定の方法や記事作成の流れまで、初めてWEB集客に取り組むWEBサイト運営者にも分かりやすく解説します。

プラスワードバナー画像
1

探偵事務所がWEB集客で記事を作成(コンテンツSEO)するメリット

探偵事務所がWEB集客で記事を作成するメリットは、以下の3つです。

  1. 探偵に関連するページが増えサイトの専門性が高まりSEOに効果的
  2. 探偵の得意分野や実績をユーザーにアピールできる
  3. 見込み顧客の不安を解消することで依頼へつなげることができる

それぞれのメリットについて具体的に解説します。

1-1

探偵に関連するページが増えサイトの専門性が高まりSEOに効果的

探偵事務所がWEB集客で記事を作成するメリットの1つ目は、探偵に関連するページが増えサイトの専門性が高まりSEOに効果的であることです。

サイトの専門性とは、特定のジャンル・テーマに関する情報がどれだけ網羅されているかを判断する指標です。

たとえば、探偵事務所のWEBサイトでコンテンツSEOを実施する場合には探偵に関する記事や探偵を必要とする見込み顧客が知りたいと考える記事を作成するため、探偵に関する専門性が高くなります。

Googleを代表とする検索エンジンは、サイトの専門性の高さをコンテンツの質を評価する際の指標としており、他のサイトと比較して専門性が高いサイトの方が検索上位表示されやすくなります。

つまり、コンテンツSEOを実施すれば、他の探偵事務所のWEBサイトよりも自社のWEBサイトの方がSEOにおいて有利になるということです。

1-2

探偵の得意分野や実績をユーザーにアピールできる

探偵事務所がWEB集客で記事を作成するメリットの2つ目は、探偵の得意分野や実績をユーザーにアピールできることです。

探偵事務所へ依頼するかどうかを迷っているユーザーや他の探偵事務所と比較・検討している段階のユーザーなど、顕在顧客が探偵事務所のWEBサイトを閲覧する場合、どのジャンルの調査が得意なのか、どのくらいの実績があるのかを確認します。

なぜなら、不得意な分野の調査を探偵事務所へ依頼すると、期待するような効果がでないのではないか、費用面で高くつくのではないかと思うからです。

たとえば、デューデリジェンスや採用調査など法人向けの調査を依頼したいと考えている見込み顧客の場合、浮気調査が得意だとアピールしている探偵事務所へ依頼することを控えることもあるでしょう。

また、立ち上げて数ヶ月、数年程度の探偵事務所の場合、依頼することを不安に感じてしまうかもしれません。

比較・検討段階にある顕在顧客から自社を選択してもらうためには、探偵事務所としての得意分野や過去の実績をアピールすることが重要です。

1-3

見込み顧客の不安を解消することで依頼へつなげることができる

探偵事務所がWEB集客で記事を作成するメリットの3つ目は、見込み顧客の不安を解消することで依頼へつなげることができることです。

前述したように、見込み顧客の不安を解消するためには探偵事務所としての得意分野や過去の実績をアピールする必要があります。

ただし、「浮気調査が得意です!」や「実績豊富!」といったようなアピールの仕方では、本当に得意なのか、十分な実績があるのかを疑われ、逆効果になってしまうかもしれません。

見込み顧客の不安を解消するためには、文章だけでなく数値を中心とした根拠となる情報を見込み顧客へ提示することが重要です。

【例】

  1. 会社概要(代表者氏名・設立年月日・所在地・資本金・法人番号など)
  2. 過去の調査件数
  3. 調査員の人数
  4. 支店の数
  5. お客様からの声

上記のような具体的な情報を提示することで見込み顧客の不安を解消でき、問い合わせ獲得に繋げることができます。

2

探偵に関する記事作成におけるキーワード選定の方法

探偵に関する記事作成におけるキーワード選定では、顕在顧客と潜在顧客のどちらが検索時に使用するのかを意識して選定することが重要です。

顕在顧客は購買意欲が高い状態にあるので、サービス名や依頼したい調査内容、地域名をキーワードに含めて検索します。

顕在顧客が検索時に使用するキーワードは以下の通りです。

サービス名探偵
探偵事務所
依頼したい調査内容不倫・浮気調査
家出人・行方不明者捜索調査
結婚・婚前調査
企業調査
デューデリジェンス
採用調査
地域名北九州市
東京 港区
新潟県


【例】

  • 探偵事務所 北九州市
  • 浮気調査 東京 港区

また、自社以外の探偵事務所を含めて比較・検討している段階の顕在顧客の場合、上記キーワードに加えて「料金」「費用」「おすすめ」といった比較キーワードを使用するケースもあります。

問い合わせに繋がりやすいキーワードである一方、見込み顧客が自社と競合他社を比較している可能性が高いことを意識して選定しなければいけません。

潜在顧客を集客する場合には、探偵事務所の利用を前提としていないことを意識してキーワードを選定することが重要です。潜在顧客が使用するキーワードを選定する場合には、「探偵」や「調査」といった外部へ依頼することを意識したキーワードを意識する必要はありません。

たとえば、彼氏の浮気に悩んでいる潜在顧客は「浮気」と検索することはあっても、「浮気調査」と検索することはないからです。探偵事務所へ依頼する以外の方法で自身の問題を解決しようとしている見込み顧客がどのようなキーワードを使用するかを意識して、キーワードを選定する必要があります。

潜在顧客が使用するキーワードはすぐに問い合わせに繋がるユーザーを集客できるとは限りませんが、リードナーチャリングを実施することで顕在顧客へと近づけることができ、WEB集客における競合他社との競争を回避することが可能です。

キーワードを選定する際には、以下のようなキーワード選定ツールを使用すると作業を効率良く進めることができます。

キーワード選定ツールとは、キーワードを入力することで関連キーワードやサジェストキーワードを取得できるツールです。

キーワード選定だけでなく被リンク調査や競合サイト調査もできるツールもあるため、目的に合ったツールを使用しましょう。

3

探偵に関する記事のカテゴリ設定例

探偵に関する記事カテゴリの設定例は、以下の通りです。

  • 一般向け調査について
  • 法人向け調査について
  • その他の調査について
  • 探偵用語集

それぞれのカテゴリで、どのような記事コンテンツを作成すれば良いのかを解説します。

3-1

一般向け調査について

カテゴリ「一般向け調査について」では、以下のような一般消費者の見込み顧客が依頼する調査内容に関する記事を作成します。

  • 不倫・浮気調査
  • 家出人・行方不明者捜索調査
  • 監視調査
  • 結婚・婚前調査
  • ストーカー調査
  • いじめ調査
  • 結婚詐欺・ネット詐欺
  • 美人局調査
  • 親権確定調査
3-2

法人向け調査について

カテゴリ「法人向け調査について」では、以下のような法人企業の見込み顧客が依頼する調査内容に関する記事を作成します。

  • 企業調査
  • デューデリジェンス
  • 採用調査
  • フォレンジック
  • 社内の素行調査
  • 居住先・勤務先調査
  • 裁判・調停資料調査
  • 保険金不正請求調査
  • 入居者信用調査
  • 異臭・騒音・電磁波測定調査
3-3

その他の調査について

カテゴリ「その他の調査について」では、一般消費者及び法人企業のどちらにも当てはまる見込み顧客が依頼する調査内容に関する記事を作成します。

  • 個人信用調査
  • 盗聴器発見調査
  • 指紋・声紋・筆跡・DNA鑑定調査
  • 特殊撮影調査

ただし、「その他」など、どのような内容の記事が分類されているか分からないカテゴリ名を設定することはおすすめしません。どのカテゴリに分類すべきか分からない記事や先に公開しておきたい記事など、記事を一時的に分類する場合に使用しましょう。

3-4

探偵用語集

カテゴリ「探偵用語集」では、探偵が行う調査で使用する機会が多い、以下のような専門用語の意味を解説した記事を作成します。

  • 裏取り
  • 失尾
  • 宅割り
  • 勤割り
  • 面取り
  • 直調
  • 側調
  • 予備調査
  • 本調査

基本的に上記のような探偵用語は記事の中で使用することを控える必要がありますが、どうしても使用する必要がある場合には各用語に対して内部リンクを設置し、用語の意味を調べられるようにしておくことが重要です。

4

探偵に関する記事作成ポイント9選

探偵に関する記事を作成する際のポイントは、以下の9つです。

  1. 得意分野に関連するテーマ・内容の記事を作成する
  2. 過去の調査実績を記事内で紹介する
  3. ユーザーの不安に寄り添うトーンで作成する
  4. 解決実績は具体的な数値を紹介する
  5. 各ケースごとの対処法や防止方法を紹介する
  6. 法律に関する情報もあわせて紹介する
  7. 記事を大量に作成する場合は、事前にカテゴリ分けをしておく
  8. 幅広いテーマを扱う場合はタグを使用する
  9. 調査員の顔写真を挿入する

それぞれのポイントについて具体的に解説します。

4-1

【ポイント1】得意分野に関連するテーマ・内容の記事を作成する

探偵に関する記事作成ポイントの1つ目は、得意分野に関連するテーマ・内容の記事を作成することです。

ほとんどの探偵事務所では得意とする調査をアピールして集客しており、探偵事務所を利用するユーザーもどの分野が得意な探偵事務所なのかを確認したうえで利用するかどうかを検討します。

探偵事務所ならどこでも良いと考える見込み顧客は少ないので、何の調査を得意としているのか、どのくらいの実績があるのかを記事で明確にアピールすることが重要です。

4-2

【ポイント2】過去の調査実績を記事内で紹介する

探偵に関する記事作成ポイントの2つ目は、過去の調査実績を記事内で紹介することです。探偵事務所としての得意分野をアピールしても、利用するかどうかを検討しているユーザーにとっては任せて大丈夫なのか、本当に得意なのかを判断できません。

過去に行った実際の調査実績を記事として具体的に紹介することでユーザーは調査の流れや調査方法を確認できるため、安心して利用してもらうことができます。

4-3

【ポイント3】ユーザーの不安に寄り添うトーンで作成する

探偵に関する記事作成ポイントの3つ目は、ユーザーの不安に寄り添うトーンで作成することです。法人企業の場合であれば探偵事務所へ繰り返し依頼するケースもありますが、一般消費者の場合は初めて依頼するケースがほとんどです。

依頼して大丈夫なのか、期待する成果は得られるのかと、不安に感じてしまうこともあるでしょう。そのため、依頼しても安心だとユーザーに感じさせられる記事を作成することが重要です。

4-4

【ポイント4】解決実績は具体的な数値を紹介する

探偵に関する記事作成ポイントの4つ目は、解決実績は具体的な数値を紹介することです。

前述したように過去の実績を紹介することは重要ですが、今までどのくらい調査を行った実績があるのか、調査員は何人いるのか、どのくらいのユーザーが満足しているのかをアピールする場合には、具体的な数値を提示することが必要になります。

たとえば、顧客満足度が98%だとアピールする場合に必要な数値やデータは以下の通りです。

  • アンケート方法
  • アンケートを行った人数
  • アンケートを行った期間
  • アンケートの項目
  • アンケート項目別の回答数

上記のような具体的な数値を提示することで、書かれた情報に対する信頼性をユーザーに対して与えることができます。

4-5

【ポイント5】各ケースごとの対処法や防止方法を紹介する

探偵に関する記事作成ポイントの5つ目は、各ケースごとの対処法や防止方法を紹介することです。

探偵事務所を利用することを検討していない潜在顧客を集客する場合、浮気された場合の対処法を解説した記事や、浮気されないためにはどうするかといった、ハウツー情報を提供する記事を作成すると効果的です。

たとえば、浮気されているのではないかと相手を疑っているユーザーの場合、探偵事務所へ調査を依頼してみようと考えるのではなく、自分で調べてみようと考えることもあるでしょう。

潜在顧客が抱える悩みや疑問を解消できるハウツー記事を作成することで、潜在顧客に対して自然にアプローチでき、自社サービスの魅力や特徴についてもアピールできます。

4-6

【ポイント6】法律に関する情報もあわせて紹介する

探偵に関する記事作成ポイントの6つ目は、法律に関する情報もあわせて紹介することです。探偵事務所へ依頼する調査内容によっては、ユーザーから法的に問題はないのか、違法なやり方で調査するのではないかと心配されるケースもあります。

問題を解決するためには法律が関わるケースが多いため、調査内容や調査方法に限らず法的な情報も合わせて紹介するようにしましょう。また、どの法律が該当するのかが分かるように、具体的な法律の名称を記載しておくことも重要です。

4-7

【ポイント7】記事を大量に作成する場合は、事前にカテゴリ分けをしておく

探偵に関する記事作成ポイントの7つ目は、事前にカテゴリ分けをしておいて記事の量産に着手することです。カテゴリ分けを行わず大量の記事を作成してしまうと、すべての記事がひとつのカテゴリに分類されることになるため、ユーザーが目的の記事を見つけにくくなってしまいます。

記事の管理や整理がしづらくなり、似たような記事を作成するなど無駄なコストが発生することになってしまうかもしれません。

事前にカテゴリ分けを実施しておけば、どのカテゴリに分類される記事なのか、記事数が不足したカテゴリはどれかを、記事を作成する前の段階で確認しながら作業を進めることができます。

4-8

【ポイント8】幅広いテーマを扱う場合はタグを使用する

探偵に関する記事作成ポイントの8つ目は、幅広いテーマを扱う場合はタグを使用することです。前述したように、幅広いテーマを扱うことで記事数が増えることが予測される場合でも、カテゴリ数を増やすことで対応できます。

一方、既存のカテゴリ分けだと複数のカテゴリに記事が分類されてしまうケースでは、新たにカテゴリを作成するのではなく、タグを使用した方がユーザーの利便性が向上します。

ただし、記事数がそれほど多くない状態でタグ分けを行ったり大量のタグを設定したりすると、かえって記事を見つけづらくなってしまうかもしれません。

カテゴリ分けは事前に行っておくことが基本ですが、タグ分けは記事数が増えてからでも問題ありません。無理にタグを使用するのではなく、ユーザーの利便性を意識して記事を作成しましょう。

4-9

【ポイント9】調査員の顔写真を挿入する

探偵に関する記事作成ポイントの9つ目は、経営者や広報担当者、営業担当者などの顔写真を挿入することです。一般的には、WEBサイトにスタッフの顔写真を公開しておく方が、見込み顧客に対して信頼感や安心感を与えることができ、問い合わせを獲得しやすくなります。

しかし、探偵という仕事の性質上、実際に調査を行う調査員の顔を公開するわけにはいかないと考える経営者の方が多いはずです。探偵事務所のWEBサイトの記事の中で顔写真を掲載する場合、実務を担当する調査員ではなく、経営者や広報担当者、営業担当者で十分な効果が得られます。

ほとんどの見込み顧客は、探偵事務所の調査員が顔を見せることはできないこと、顔を公開すると調査に支障が出てしまうことを理解しているからです。調査員の顔写真が公開されていると、かえって不安感を与えてしまうかもしれません。

記事に顔写真を公開する場合は、探偵事務所の顔である経営者か、利用者と直接顔を合わせる機会が多い広報担当者や営業担当者、顧問弁護士などにしておきましょう。

5

探偵に関する記事の推奨文字数と推奨記事作成数

探偵に関する記事の推奨文字数は3,000文字~5,000文字、推奨記事作成数は50ページ~100ページです。

Googleは文字数をコンテンツの品質評価の指標としていないので、SEOにおいて文字数が少ないと検索上位表示できない、文字数を増やすことで検索順位を上げられる、といったことはありません。

記事を作成する場合には、文字数ではなく、検索ユーザーの検索意図を満たしているか、検索意図を網羅しているかが重要です。一方、記事の中身を充実させようとすると自然に文字数は増えていくため、結果として文字数が多い記事の方が検索上位に表示される傾向にはあります。

3,000文字~5,000文字を目安として、検索意図を網羅した記事を作成しましょう。作成する記事数が多ければ多いほど、SEOで有利になります。記事数が多いことでユーザーの不利益になることはないので、出来る限り多くの記事を作成することが重要です。

ただし、類似した内容の記事を作成してしまうと、Googleから重複コンテンツだとみなされ、記事の評価が低下したり分散したりする恐れがあります。

また、ひとつのカテゴリに大量の記事を分類していると目的の記事を見つけにくくなってしまうケースもあるため、記事を量産する場合には事前にカテゴリ設計を実施しておきましょう。

6

探偵事務所のWEB集客における記事作成の流れ

探偵事務所のWEB集客における記事作成の流れは、以下の通りです。

  1. キーワードとテーマを選定する
  2. 構成を作成する
  3. 執筆をする
  4. 関連する画像を用意する
  5. 記事を公開する
  6. 作成した記事の見直し、リライトを行う

それぞれのステップでは何をするのか、どのような点に注意すべきかを解説します。

6-1

STEP1. キーワードとテーマを選定する

探偵事務所のWEB集客における記事作成では、始めにキーワードとテーマを選定します。キーワードを選定せずに記事を作成しようとすると、似たような内容の記事を複数作成してしまったり、検索意図を満たしていない記事を作成してしまったりする恐れがあります。

キーワードを選定する際のポイントは、以下の通りです。

  • 記事を作成することで期待するコンバージョンを明確にする
  • 誰に向けた記事を作成するのかを決める
  • 検索ボリュームを確認する
  • 検索意図を想定する
  • キーワードを分類する

キーワードの選定方法については、前述した「探偵に関する記事作成におけるキーワード選定の方法」で確認してください。

6-2

STEP2. 構成を作成する

次に、探偵事務所の見込み顧客へ向けたキーワードとテーマを元に、記事の構成を作成します。

構成案を作成する際のポイントは以下の通りです。

  • 記事全体の流れを決める
  • タイトル・見出しを設定する
  • 検索上位記事を確認して不足した情報がないかを確認する
  • CTAを設置する

構成案作成と執筆を別の方が行う場合、記事の方向性やターゲットに関する認識にズレが生じてしまうことがあります。記事の見出しだけを渡して執筆させるのではなく、構成案作成者とライターの間で意図や認識を共有するようにしましょう。

6-3

STEP3. 執筆をする

次に、作成した記事の構成に従って、探偵事務所の見込み顧客へ向けて記事を執筆します。探偵事務所の見込み顧客には一般消費者と法人企業の両方が想定されるため、記事によってどちらがターゲットなのかを意識して執筆することが重要です。

浮気調査を依頼するのは一般消費者なのでフランクな表現を、企業調査を依頼するのは法人企業なので信頼感を与えられる表現を使用するといったように、読み手に合わせた表現を心がけるようにしましょう。

6-4

STEP4. 関連する画像を用意する

次に、記事の内容と関連する画像を用意し、サムネイル画像とアイキャッチ画像を作成し、記事に設置します。

探偵事務所の記事で用意する画像は以下の通りです。

  • 探偵事務所の経営者・広報担当・営業担当の顔写真
  • 顧問弁護士・行政書士の顔写真
  • 警察OB・OGの顔写真
  • 自社サービスを利用したお客様の顔写真
  • 実際の調査方法がイメージできる写真
  • 探偵事務所の外観写真
  • 利用者とスタッフが打ち合わせを行っている風景

検索エンジンは画像の内容を正確に認識できないので、記事に画像を設置する際にはalt属性を使用して画像の内容を伝える必要があります。

6-5

STEP5. 記事を公開する

次に、完成した記事を探偵事務所のWEBサイトで公開します。記事を公開する前に、記事が完成しているのか、公開しても問題はないのかを確認しておくことをおすすめします。

誤字脱字やタイトル・見出し・ディスクリプションタグ設定などは公開後でも短時間で修正できますが、記事のテーマとターゲットがズレていたり、記事の流れが最適化されていなかったりすると、記事を一度非公開にした後に修正することになってしまうかもしれません。

また、パーマリンクの変更は公開後の修正に手間がかかるため、変更する必要がないようにチェックしておきましょう。

6-6

STEP6. 作成した記事の見直し、リライトを行う

最後に、公開した記事が効果を発揮しているか、問題がないかをチェックし、課題を解消できるまでリライトを繰り返し実施します。検索流入を前提としたWEB集客の目的は、記事を作成して公開することではありません。

見込み顧客を自社WEBサイトへ集客でき、問い合わせに結びつけられる記事になっていることが重要です。

記事を公開した後には、以下のような点を定期的にチェックする必要があります。

  • インデックスされているか
  • 検索上位表示できているか
  • 最後まで読まれているか
  • すぐに離脱されていないか
  • 問い合わせページへ誘導できているか

課題が見つかった場合には、原因を特定したうえで適切にリライトを実施するようにしましょう。

7

探偵に関する記事作成の注意点

探偵に関する記事作成の注意点は、以下の2つです。

  1. 法律情報を記載する場合は、実際の法律に基づく内容を紹介する
  2. 記事の誇大表現は避ける

それぞれの注意点について詳しく解説します。

7-1

法律情報を記載する場合は、実際の法律に基づく内容を紹介する

探偵に関する記事を作成する際の注意点の1つ目は、現在適用されている法律に基づいて記事を作成することです。探偵事務所が実施する調査に関する記事の中には法律が関わるケースもありますが、法律によっては改正で内容が変更されているものもあります。

改正によって法律が変わっているにもかかわらず、記事で紹介している法的な内容が古い法律に基づいた内容だった場合、ユーザーに対して誤解を与えてしまったり、不利益を生じさせてしまったりする恐れがあります。

ユーザーが法律改正を把握している場合だと、探偵事務所としての信頼性が疑われてしまうかもしれません。記事を作成する段階で最新の法律を参照するのは当然のことですが、記事を作成した後でも法律の改正に対応しなければいけません。

WEBサイトの運営者にとっては過去に作成した記事だと思うかもしれませんが、記事を読むユーザーにとっては記事がいつ作成されたのかは関係ありません。

記事がいつ読まれても問題が発生しないように、最新の情報が書かれているか、法律が改正されていないかを定期的にチェックしましょう。

7-2

記事の誇大表現は避ける

探偵に関する記事を作成する際の注意点の2つ目は、記事の誇大表現は避けることです。問い合わせを獲得したいからといって、記事の中で「トラブルを必ず解決!」や「人気No.1」、「調査成功率100%」といった表現を根拠なく記載してはいけません。

以下のような表現を使用すると、景品表示法の優良誤認表示・有利誤認表示と判断される恐れがあります。

【優良誤認表示の具体例】

中古自動車販売する中古自動車の走行距離を3万kmと表示したが、実は10万km以上走行した中古自動車のメーターを巻き戻したものだった。
食肉国産有名ブランド牛の肉であるかのように表示して販売していたが、実はブランド牛ではない国産牛肉だった。
医療保険「入院1日目から入院給付金をお支払い」と表示したが、入院後に診断が確定した場合、その日からの給付金しか支払われないシステムだった。
アクセサリー天然ダイヤを使用したネックレスのように表示したが、使われているのはすべて人造ダイヤだった。

【引用記事】:優良誤認とは「消費者庁」


【有利誤認表示の具体例】

外貨定期外貨預金の受取利息を手数料抜きで表示したが、実質的な受取額は表示の1/3以下になってしまう。
運送業者基本価格を記載せずに、「今なら半額!」と表示したが、実は50%割引とは認められない料金で仕事を請け負っていた。

【引用記事】:有利誤認とは「消費者庁」


また、優良誤認表示・有利誤認表示と判断されるかどうかに関わらず、記事の中で誇大表現を多用しているとユーザーに対して不信感を与えてしまい、かえって敬遠されてしまう恐れもあります。

記事を作成する場合には根拠のある表現を意識し、ユーザーに対して安心感や信頼感を与えることを心がけましょう。

8

探偵に関する記事作成例

【Akai探偵事務所】

Akai探偵事務所
画像引用元:https://www.akai-tokio.com/

Akai探偵事務所は、浮気調査・素行調査に特化した、東京を拠点とする探偵事務所です。北海道から沖縄まで15か所の拠点があり、電話帳広告やランキング広告など高単価な広告費用を削減することで低料金を実現しています。

Akai探偵事務所のWEBサイトでは、浮気調査に特化した探偵事務所を全面的にアピールしたり、顧問の顔写真・経歴を紹介したりすることで、浮気に悩むユーザーからの信頼性を高めています。

9

まとめ

今回は、探偵事務所がWEB集客で記事を作成するメリットからキーワード選定の方法や記事作成の流れまで詳しく解説しました。探偵事務所がWEB集客を行う場合、潜在顧客を効率良く集客できるコンテンツSEOがおすすめです。

リスティング広告やSNS広告、ディスプレイ広告など、顕在顧客に向けて広告を配信するより、幅広い見込み顧客を集客できます。本記事で解説したキーワード選定の方法や記事作成の流れを参考にして検索流入が期待できる記事を作成し、見込み顧客からの問い合わせを獲得しましょう。

プラスワードバナー画像

この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。 サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超のノウハウをSEOサービスに反映し、3,000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

RECOMMENDED ARTICLES

ぜひ、読んで欲しい記事

  • SEOと文字数は関係ない│多いページが上位される本当の理由を解説のサムネイル画像です

    SEOと文字数の関係│多いページが上位表示されている理由を解説

    2024/04/12

  • YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説のサムネイル画像です

    YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説

    2024/04/03

  • リライトとは?リライト記事の選び方とSEO効果を高めるやり方を解説のサムネイル画像です

    リライトとは?SEO効果を高めるやり方とコツを解説

    2024/03/12

  • 社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/27

backtotop