WEBマーケティングをもっと身近に。

買取店のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

買取店のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

「買取店のWEB集客ではどのような記事を作成すれば良いのか」「どのように記事制作を進めれば良いのか」など、お悩みではないでしょうか?この記事では、買取店のWEB集客において記事作成を行うメリットからキーワード選定の方法、記事作成の流れなど、初めてWEB集客に取り組む買取店にも分かりやすく解説します。

1

買取店がWEB集客で記事作成(コンテンツSEO)を行うメリット

買取店がWEB集客で記事作成を行うメリットは、以下の3つです。

  • 買取を検討している潜在顧客へのアピールができる
  • 買取に関する情報を充実させることでユーザーからの信頼に繋がる
  • 買取に関連のページが増えサイトの専門性が上がりSEO効果が高まる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

1-1

買取を検討している潜在顧客へのアピールができる

買取店がWEB集客で記事作成を行うメリットの1つ目は、買取を検討している潜在顧客へのアピールができることです。

【買取店の顕在顧客と潜在顧客】

顕在顧客買取してもらいたいと考えているユーザー
買取店を比較・検討しているユーザー
潜在顧客家の中にある不要なものを処分したいと考えているユーザー
家の片づけを始めようとしているユーザー
緊急で現金が必要なユーザー


ブランド品や貴金属などを現金化しようとする場合には、基本的に買取店に売りに行くしかないため、誰かに買い取ってもらいたいと検討しているユーザーは顕在顧客です。

不要な物や現金化したい物があるユーザーは、身近な場所にある買取店に買い取ってもらいたい物を持っていくか、「品川 切手買取」といったキーワードで検索して買取店を探します。

上記のような顕在顧客をターゲットにした場合、「買い取ってもらいたい」という明確な意思があるユーザーしか集客できません。

一方、買取店の利用が効果的であることを自覚していない潜在顧客は、普段から積極的に買取店を探すことはないですし、売る物もないのにどこの買取店なら高く買い取ってもらえるのかを調べようとすることもありません。

「大事に使っているブランド品を買い取りますよ」と買取店から電話がかかってきたら、迷惑だと考えるユーザーがほとんどでしょう。特に売りたいものがないユーザーは、買取店の広告を見ても広告をクリックしてくれる可能性は低いです。

一方、潜在顧客の悩みや疑問を解消できるコンテンツを作成すれば、自然な形で潜在顧客にアプローチし、問い合わせに結びつける事が出来ます。

1-2

買取に関する情報を充実させることでユーザーからの信頼に繋がる

買取店がWEB集客で記事作成を行うメリットの2つ目は、買取に関する情報を充実させることでユーザーからの信頼に繋がることです。

どこの買取店を利用するかを検討している顕在顧客にとってみれば、売ろうとしているものを高く買い取ってもらえるのか、物の価値を正確に判断・評価してもらえるのかが重要なポイントになります。

ただ売るだけであればどの買取店でも問題はありませんが、高く売ろうとすれば売りたい物を専門に扱っている買取店や、売りたい物について専門的な知識や情報を持つ買取店、買取実績が豊富な買取店の方が高く買い取ってもらえると考えるはずです。

買取に関する記事や買取対象の物に関する記事を充実させることでユーザーからの信頼を得ることができ、問い合わせに繋がりやすくなります。

1-3

買取に関連のページが増えサイトの専門性が上がりSEO効果が高まる

買取店がWEB集客で記事作成を行うメリットの3つ目は、買取に関連するページが増えサイトの専門性が上がりSEO効果が高まることです。

Googleに代表される検索エンジンは掲載されている記事の内容からWEBサイトの専門性を判断しているため、特定のテーマやジャンルに関する記事を量産することで、そのテーマやジャンルの専門性が高いと判断されるようになります。

買取店のWEBサイトであれば、買取や買取対象のブランド・商品に関する専門性が高くなるということです。Googleはコンテンツの品質を評価する際に専門性を含む経験や権威性、信頼性といった要素を重視しており、これらの要素を総称してE-E-A-Tと表現しています。

つまり、E-E-A-Tの一つである専門性を高めることはコンテンツの品質評価にも大きく影響するため、高いSEO効果が期待できるということです。

また、買取店のWEBサイトで扱うことが多いお金に関する情報はYMYLジャンルに該当するため、特にE-E-A-Tの高さが大きく影響します。

YMYLとは、Your Money Your Lifeの頭文字を取った、Googleの品質評価ガイドラインに登場する項目のひとつです。YMYLジャンルは検索ユーザーの人生に大きく影響する可能性が高いため、E-E-A-Tが低いWEBサイトの場合はなかなか検索上位表示されません。

買取とは直接関係のない企業がWEBサイトを運営する場合より、実際に買取店を運営している企業が買取に関するWEBサイトを運用する方がE-E-A-Tを高めやすいです。

2

買取関連の記事作成におけるキーワード選定の方法

買取関連の記事作成におけるキーワード選定では、顕在顧客と潜在顧客が検索時に使用する可能性が高いキーワードを選定します。

買取店を比較・検討している段階の顕在顧客が検索時に使用するキーワードは、顕在顧客が住んでいる地域の名称と買い取ってもらいたいものに、「買取」というキーワードを加えたものです。

たとえば、福岡市早良区に住んでいる顕在顧客がルイヴィトンのバックを買い取ってもらいたい場合には、「福岡市 早良区 ルイヴィトン 買取」と検索します。「福岡市 早良区 ルイヴィトン」と検索すると販売店が表示されるため、検索キーワードに「買取」を加えて検索するわけです。

また、買取してもらうことは検討しているものの、今が売り時なのか、いくらで売れるのかを確認したい場合には、「ルイヴィトン 売るタイミング」や「ルイヴィトン 相場」といったキーワードで検索します。

検索時には、「ルイヴィトン」ではなく「ルイヴィトン M51980 モノグラム 相場」といったように型番や商品名・シリーズ名を入力するケースもあります。上記のように、顕在顧客が実際にどのようなキーワードで検索するのかを想定して、キーワードを選定することが重要です。

一方、買取店の潜在顧客を集客する場合、買取対象の物を持っているものの、売ろうとしていないユーザーや売らずにそのまま使い続けようとしているユーザーが、どのようなキーワードで検索するかを想定しなければいけません。

「ブランドバック 手入れ」や「ブランドバック 汚れ 落とし方」、「ブランドバック 保管方法」などのキーワードで記事を作成すれば、潜在顧客にアプローチした上で買取店の利用をさりげなくアピールできます。

キーワードによっては、買取対象のものを持っていないユーザーや購入を検討しているユーザーなど買取店の見込み顧客ではないユーザーが使用するケースもあります。

見込み顧客が使用する可能性があるか、買取店の利用に繋がるユーザーを集客できるのかを想定して、キーワードを選定するようにしましょう。

3

買取店の記事作成ポイント5選

買取店の記事作成ポイントは、以下の通りです。

  1. 買取相場についての記事を作る
  2. 買取を検討しているユーザーの疑問点に対して網羅性のある記事を作成する
  3. ブランド・商品についての記事を作る
  4. 扱う品目が多い場合は品目ごとにカテゴリを分けておく
  5. 買い取りたいブランド・商品に関する記事を最初に作成する

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

3-1

【ポイント1】買取相場についての記事を作る

買取店の記事作成ポイントの1つ目は、買取相場についての記事を作ることです。

買取を検討しているユーザーであっても、あえて手放すほどの金額ではないと判断して買取してもらうことを止めるケースや、値上がりを期待して買取してもらうことを見送るケースがあるからです。

ブランドや商品ごとに買取相場を解説した記事を作成することで、買取してもらうかどうかを検討しているユーザーを集客できます。

買取相場についての記事を作成する場合には、以下のような情報についても触れておきましょう。

  • 今が売り時なのか
  • 今後値上がりする可能性はあるのか
  • 自社で実際に買い取った金額
3-2

【ポイント2】買取を検討しているユーザーの疑問点に対して網羅性のある記事を作成する

買取店の記事作成ポイントの2つ目は、買取を検討しているユーザーの疑問点に対して網羅性のある記事を作成することです。

顕在顧客が抱える主な疑問と対応するキーワードは以下の通りです。

検索意図キーワード
買い取ってくれる買取店はどこにあるのか商品名 地域名 買取
どこの買取店だと高く売れるのか商品名 相場
いつ売るべきか商品名 売る時期


例えば、「ロレックス 売る時期」のキーワードに対する検索意図は以下の通りです。

  • 売るべき時期は?
  • 買取価格は時期により変動はあるのか?
  • 現在の相場は売り時なのか?

上記のように、キーワードは同じでも複数の検索意図が想定されます。記事の中でそれぞれの疑問を解消する情報を提供することで、網羅性の高い記事を作成できます。

さらに、ロレックスを売る時期を理解できた読者は、次に売ろうとするロレックスの現在の相場を確認するでしょう。相場を確認したうえで売ろうと決断したら、どこの買取店なら高く買い取ってくれるのかを調べるはずです。

上記のように、カスタマージャーニーの段階が進むにしたがって見込み顧客の使用するキーワードは変化します。見込み顧客の段階に合わせて記事を作成することで、買取店のサイトの網羅性が高くなります。

3-3

【ポイント3】ブランド・商品についての記事を作る

買取店の記事作成ポイントの3つ目は、ブランド・商品についての記事を作ることです。

【作成するブランド・商品の記事の例】

  • エルメスが誕生した歴史
  • エルメスのケリーとバーキンの違い
  • エルメスのバーキンはなぜ高い?

ただし、ブランドに関する最新トレンド情報や特定のデザインに関する情報の記事の場合、買取したいと考えているブランド品を現時点で所有していないユーザーやこれから購入を検討しているユーザーなど、買取店の見込み顧客ではないユーザーが検索するケースも想定されます。

ブランドや商品に関する記事を作成する場合、見込み顧客が興味を持つ記事なのか、問い合わせに結びつく可能性はあるのかなどを想定した上で着手するようにしましょう。

3-4

【ポイント4】扱う品目が多い場合は品目ごとにカテゴリを分けておく

買取店の記事作成ポイントの4つ目は、扱う品目が多い場合は品目ごとにカテゴリを分けておくことです。

【ブランドバッグ買取店のカテゴリ分けの例】

大カテゴリ小カテゴリ
ブランドバッグルイヴィトン
シャネル
エルメス
ディオール
フェンディ
セリーヌ
グッチ
プラダ
サンローラン
クロエ
ボッテガヴェネタ
ロエベ
バレンシアガ


また、買取店の見込み顧客が検索する際には、ブランド名だけでなくジャンル名や、型番、商品名、シリーズ名で検索する可能性もあります。

ブランド名だけでカテゴリを作成するのではなく、以下のように扱う物に合わせて小カテゴリを作成するのも効果的です。

大カテゴリ小カテゴリ
エルメスバッグ
財布
香水
ネックレス
スカーフ
大カテゴリ小カテゴリ
エルメスバッグケリー
バーキン
ピコタン
ボリード
アカプルコ


上記のようにカテゴリを分けておくことでサイトを訪れたユーザーの利便性が向上し、さまざまな検索キーワードにも対応できます。

3-5

【ポイント5】買い取りたいブランド・商品に関する記事を最初に作成する

買取店の記事作成ポイントの5つ目は、買取したいブランド・商品に関する記事を最初に作成することです。

特定のブランドを買い取ってもらいたいと考えている顕在顧客は、以下のようにブランド名を含んだキーワードで検索する可能性があります。

  • ロレックス 買取
  • ロレックス いつ売る
  • ロレックス高騰 いつまで
  • ロレックス 売却 相場

買取したいブランドに関する記事を作成することで、顕在顧客に効率良くアプローチすることが可能です。

ロレックスに関する記事を中心にトピッククラスターモデルを構築することで、記事同士の関連性が明確になり、高いSEO効果が期待できます。

ただし、特定のブランドについて興味を持つユーザーには、手に入れたいと考えるユーザーと手放したいと考えるユーザー、つまり該当するブランド品を持っているユーザーと持っていないユーザーが想定されます。

たとえば、「ロレックス」で実際に検索した場合に検索上位に表示される記事は、ロレックスを販売している記事、つまりロレックスを売りたいユーザーではなく買いたいと考えているユーザーに向けた記事です。

ロレックスに関する記事を中心にトピッククラスターモデルを構築した場合、記事の内容によっては見込み顧客ではないユーザーにもアプローチすることになります。

トピッククラスターモデルを構築する場合は、どの記事をピラーコンテンツ(ピラーページ)にするのか、見込み顧客を集客できるページなのかを検討することが重要です。

4

買取関連の記事のカテゴリ設定例

買取関連の記事のカテゴリ設定例は、以下の通りです。

  • ブランド品
  • ブランド時計
  • 宝石・ジュエリー
  • 金・プラチナ・貴金属
  • 骨董品
  • 金貨・小判・メダル

各カテゴリで作成する記事の具体例を解説します。

4-1

ブランド品

カテゴリ「ブランド品」では、ブランド品に関して買取店の見込み顧客が興味を持つ記事や、疑問に感じている記事を作成します。

【カテゴリ「ブランド品」の記事制作例】

  • ルイ・ヴィトンの買取相場
  • シャネルの売り時はいつ?
  • 廃盤になったルイ・ヴィトンが今でも人気が高い理由

前述したように、取り扱っているブランドごとに子カテゴリを作成することで、ユーザーが目的の記事を見つけやすくなります。

4-2

ブランド時計

カテゴリ「ブランド時計」では、ブランド時計に関して買取店の見込み顧客が興味を持つ記事や、疑問に感じている記事を作成します。

【カテゴリ「ブランド時計」の記事制作例】

  • ブランド時計の資産価値が高い理由
  • ロレックスの買取相場
  • パテック フィリップの価格が高騰している理由
4-3

宝石・ジュエリー

カテゴリ「宝石・ジュエリー」では、宝石・ジュエリーに関して買取店の見込み顧客が興味を持つ記事や、疑問に感じている記事を作成します。

【カテゴリ「宝石・ジュエリー」の記事制作例】

  • カラットとは?
  • 天然ダイヤと人工ダイヤの違い
  • 結婚指輪は買い取ってもらえる?
4-4

金・プラチナ・貴金属

カテゴリ「金・プラチナ・貴金属」では、金やプラチナ、貴金属に関して買取店の見込み顧客が興味を持つ記事や、疑問に感じている記事を作成します。

【カテゴリ「金・プラチナ・貴金属」の記事制作例】

  • 今後の金相場の予想
  • 金を売却する際に手数料は必要?
  • 砂金の買取相場
4-5

骨董品

カテゴリ「骨董品」では、骨董品に関して買取店の見込み顧客が興味を持つ記事や、疑問に感じている記事を作成します。

【カテゴリ「骨董品」の記事制作例】

  • 骨董品とアンティークの違い
  • 骨董品を売却すると税金はかかる?
  • 高価な骨董品の特徴
4-6

金貨・小判・メダル

カテゴリ「金貨・小判・メダル」では、金貨や小判、メダルに関して買取店の見込み顧客が興味を持つ記事や、疑問に感じている記事を作成します。

【カテゴリ「金貨・小判・メダル」の記事制作例】

  • 金メダルを売るといくらくらいになる?
  • 記念硬貨はいつ売るべき?
  • 金貨の資産価値はどのくらい?
5

買取店の記事の推奨文字数と推奨記事作成数

買取店の記事の推奨文字数は3,000文字~5,000文字、推奨記事作成数は50ページ~100ページです。

検索順位と文字数に直接的な因果関係があるわけではないので、読者にとって不要な情報を盛り込んで無理に文字数を増やそうとする必要はありません。

一方、記事を読んだ読者からコンバージョンを獲得するためには、読者を納得させる情報や文脈は必要です。特定の文字数を目指して記事を作成するのではなく、問い合わせに繋がる記事にするためにはどのくらいの文字数が必要なのかを検討するようにしましょう。

作成する記事数については、取り扱うジャンルやブランド数次第で大きく変動します。たとえば、ブランド時計だけを扱う買取店より、ブランドバッグやブランド食器、貴金属など幅広く取り扱う買取店では、作成する記事数は多くなります。

また、顕在顧客向けの記事だけでなく潜在顧客に向けた記事も作成する場合には、ある程度まとまった量の記事を作成しなければいけません。検索流入数の増加を優先するのか、サイトを訪れた読者からの問い合わせの増加を優先するのかによって、作成する記事数を検討しましょう。

6

買取店のWEB集客における記事作成の流れ

買取店のWEB集客における記事作成の手順は以下の通りです。

  1. キーワードとテーマを選定する
  2. 記事の構成を作成する
  3. 執筆をする
  4. 関連する画像を用意する
  5. 記事を公開する
  6. 記事のリライトを行う

それぞれの手順について詳しく解説します。

6-1

STEP1. キーワードとテーマを選定する

買取店のWEB集客における記事作成では、始めにキーワードとテーマを選定します。買取店のWEB集客における記事作成において始めにキーワードを選定するのは、記事のターゲットや書く内容を明確にするためです。

キーワードの選定方法については、前述した「買取関連の記事作成におけるキーワード選定の方法」を参考にしてください。

6-2

STEP2. 記事の構成を作成する

次に、買取店の見込み顧客へ向けたキーワードとテーマを元に、記事の構成を作成します。

構成を作成せずに執筆を開始すると、読みにくい文脈になってしまったり、必要な情報を網羅できていなかったりする恐れがあります。上位表示を狙うキーワードから検索意図を想定し、網羅性の高い構成を作成しましょう。

6-3

STEP3. 執筆をする

次に、作成した記事の構成に従って、買取店の見込み顧客へ向けて記事を執筆します。

記事を執筆する際の注意点は以下の通りです。

  • ブランド名や商品名を書き間違えない
  • 買取価格など金額については正確に書く
  • 見込み顧客に向けて書く
  • 問い合わせに繋がる文脈にする
  • 景品表示法に違反する表現は使用しない

買取の記事の執筆において特に重要なポイントは、誰に向けて記事を書くのかです。

特定のブランドや商品について検索して調べるユーザーには、買取してもらおうとしているユーザーだけでなく、これから購入しようと検討しているユーザーもいます。

購入することを目的としているユーザーに向けて記事を執筆してしまうと、買取を検討しているユーザーからの問い合わせに結びつかなくなってしまう恐れがあります。

作成する記事のターゲットは、買取店の見込み顧客であることを意識して執筆するようにしましょう。また、買取を検討しているユーザー向けの記事であることが分かるタイトルにすることも重要です。

6-4

STEP4. 関連する画像を用意する

次に、買取店の記事の内容と関連する画像を用意し、サムネイル画像とアイキャッチ画像を作成し、記事に設置します。買取店で取り扱うブランド品は個別に価値が異なるため、型番ごとに画像を用意する必要があります。

例えば、同じロレックスであっても「ロレックス デイトナ PT アイスブルー 116506A」と「ロレックス デイトナ YG レパード 116598SACO」では別の画像を用意しなければいけません。

検索時には型番や商品名で検索するケースが多いため、altタグで型番や商品名を設定しておきましょう。

6-5

STEP5. 記事を公開する

次に、完成した記事を買取店のWEBサイトで公開します。

記事を公開する前に確認するポイントは以下の通りです。

  • タイトルタグや見出しタグなどのmetaタグは正しく設定されているか
  • 誤字脱字はないか
  • 関連記事への内部リンクは設置しているか
  • 問い合わせページへ繋がるCTAは設置しているか
  • 記事の表示速度は遅すぎないか
  • パーマリンクは半角英数字になっているか

metaタグの設定や誤字脱字の修正、表示速度の改善などについては記事を公開した後に修正しても問題ありませんが、パーマリンクについては記事を公開する前にチェックしておく必要があります。

記事を公開した後にパーマリンクを変更すると、記事の評価がリセットされてしまいます。

301リダイレクト設定によって対応することは可能ですが、基本的にパーマリンクは変更しないことを前提に作業を進めましょう。

6-6

STEP6. 記事のリライトを行う

最後に、作成した記事のリライトを行います。

買取店で取り扱う物は買取価格が変動するケースが多く、買取を検討しているユーザーも現時点での相場を調べるケースが多いため、買取価格を掲載している記事や相場に関する記事については、定期的にリライトを行うことが重要です。

一方、ブランドの歴史やブランドの創業者に関する記事など、過去の情報が中心の記事については、頻繁にリライトする必要はありません。

Googleサーチコンソールで検索順位を確認し、狙ったキーワードで上位表示できていない場合については、問題点を解消するようにリライトを行うようにしましょう。

7

買取店に関する記事作成例

【買取福ちゃん】

買取福ちゃん
画像引用元:https://www.fuku-chan.info/

買取専門店「福ちゃん」では、戦略的な方法でコラム記事を活用することで売上を伸ばしています。福ちゃんのコラムは、さまざまな商品の買取に関する専門知識を提供しており、顧客の信頼と関心を高める役割を果たしています。

福ちゃんのコラムでは、ブランド品や宝石、アンティークだけでなく、おもちゃや金券、楽器等のさまざまなカテゴリーに焦点を当て、商品の価値や買取プロセスについて深い洞察を提供しています。

さらに、市場のトレンドや買取価格の変動についての情報も共有しており、読者にとってタイムリーかつ実用的な情報を提供することで、最新情報に敏感な読者のエンゲージメント率を向上させています。

8

まとめ

今回は、買取店のWEB集客において記事作成を行うメリットからキーワード選定の方法、記事作成ポイント、推奨文字数と推奨記事作成数、記事作成の流れについて解説しました。

見込み顧客に向けた記事を作成することで、顕在顧客だけでなく潜在顧客に対しても効率良くアプローチすることが可能です。本記事で解説したキーワード選定の方法や記事作成のポイントを参考に、買取店の利用に繋がる記事を作成しましょう。

一方、特定の地域だけで買取をしている買取店やネット買取・宅配買取に対応していない買取店の場合、買取を検討しているユーザーに向けた記事を作成しても、十分な効果が得られない可能性があります。

ローカルビジネスを展開している買取店がWEB集客する場合には、MEO対策の方が効果的です。


この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。 サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超のノウハウをSEOサービスに反映し、3,000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

RECOMMENDED ARTICLES

ぜひ、読んで欲しい記事

  • SEOと文字数は関係ない│多いページが上位される本当の理由を解説のサムネイル画像です

    SEOと文字数の関係│多いページが上位表示されている理由を解説

    2024/04/12

  • YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説のサムネイル画像です

    YMYLとは?対象ジャンルとテーマ例・SEO対策のポイントを解説

    2024/04/03

  • リライトとは?リライト記事の選び方とSEO効果を高めるやり方を解説のサムネイル画像です

    リライトとは?SEO効果を高めるやり方とコツを解説

    2024/03/12

  • 社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    社労士のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    旅行・観光業界のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/29

  • 探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイントのサムネイル画像です

    探偵事務所のWEB集客における記事作成(コンテンツSEO)のポイント

    2024/02/27

backtotop