WEBマーケティングをもっと身近に。
MEO対策 2024/06/05

MEO対策の費用・料金相場とは?低価格で依頼するためのポイントを解説

MEO対策の費用・料金相場│低価格で依頼するために知るべき費用の仕組みのサムネイル画像です

MEO対策会社を選ぶ際に料金で比較する方が多いですが、費用の相場を知らなければ比較はできません。そこで今回はこれからMEO対策を業者に依頼しようとしている方向けに、MEO対策の費用相場と業者が費用を決めている項目について解説します。業者選びの参考になりましたら幸いです。

1

MEO対策の費用相場

MEO会社にMEO対策を依頼した場合の費用は契約形態によって異なりますが、月額固定型の場合は月額1万円〜3万円、成果報酬型は3万円〜5万円が相場です。

また、Googleビジネスプロフィールの登録やストリートビューの撮影など、初期設定だけを依頼する場合は、5万円〜10万円程度の費用が払い切りで掛かります。

月額固定型成果報酬型払いきり型
費用月額1万円~3万円1日1,000円~2,000円5万円~10万円
課金方法毎月固定で費用が発生決められた条件を満たした場合に費用が発生1回のみ費用が発生


基本的な費用相場は上記となりますが、契約期間や対策キーワード数、施策の範囲、ツール提供の有無によっても費用が変動します。

1-1

MEO対策にかかる初期費用について

MEO会社によって異なりますが、初期費用が発生する場合の費用は1万円〜5万円が相場です。

MEO対策をおこなうためには、Googleアカウントを取得した上でGoogleビジネスプロフィールの登録及びオーナー認証が必須となります。初期費用には、これらの作業を代行するのにかかる人件費が含まれています。

GoogleアナリティクスやGoogle広告の初期設定に比べると設定項目が少なく、基本的には店舗名や住所・電話番号など店舗の情報を入力するだけなので、初期費用は安めに設定されています。

また、最近ではGoogleビジネスプロフィールの登録状況に関わらず、初期費用を無料にしているMEO会社が増えています。

2

契約形態ごとのメリット・デメリット

MEO対策でよくある契約形態は、「月額固定」「成果報酬」「払いきり」の3パターンです。

それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

2-1

月額固定型

月額固定型は、契約時に定めた費用を毎月支払う契約形態です。

月額固定型のメリットとデメリットは、以下になります。

メリットデメリット
・料金が毎月一定のため、年間の予算が組みやすい
・成果報酬に比べて多くのキーワードで対策ができる
・レポートやツール提供など付属サービスが多い
・ランクインしていない状態でも費用が発生する

月額固定型はランキングの日数や有無に関わらず、決められた費用を毎月支払わなければなりません。ただしその分成果報酬型に比べて費用が安かったり、Googleマップから予約や来店数を増やすための運用サポートまで付いていることが多いです。

2-2

成果報酬型

成果報酬型は、あらかじめ定められた順位にランクインした分だけ報酬を支払うプランです。

成果報酬のメリット・デメリットは、以下になります。

メリットデメリット
・ランクインした日だけ費用が発生する
・ランクインしなければ費用が一切発生しない
・月額固定に比べて費用が高い
・競合性の低いキーワードを設定した場合、採算が取れない可能性がある

成果報酬型は、キーワード毎にだいたい500円〜2,000円の単価が設定されており、3位以内にランクインした場合は、「キーワード単価×ランクインした日数」分の費用が発生する仕組みです。

一見リスクが全く無いように見えますが、競合性の低いエリアやニッチな業界の場合は注意が必要です。上位表示されても需要が少ないため来店や問い合わせに繋がらず、無駄に高い費用を支払う可能性があるためです。

2-3

払い切り型

払いきり型は、契約期間が無く1度費用を払ったらその後の費用が発生しないプランです。

払いきり型のメリット・デメリットは、以下になります。

メリットデメリット
・費用が継続的に発生しない・アルゴリズムの変化による順位変動に対応できない
・効果が無ければ払った費用が無駄になる

払いきり型は、MEO対策専門会社以外の会社(店内ストリートビュー撮影会社など)が提供していることが多いプランになります。継続的に支払いが発生しないため、検索順位が上がりやすい競合性が低い地域や、ニッチな業界の場合にオススメです。

ただし、1度対策をおこなったらそれ以降は対策をおこなわないため、順位が下がった場合や対策キーワードを変更したい場合は、その都度費用を払ってMEO対策をやり直す必要があります。

3

MEO対策の費用に影響がある項目

MEO会社が提供しているプランが適正な価格かどうかを見極めるために、どのような要素がMEO対策の費用に影響するのか覚えておきましょう。「月額が1万円だから安い、5万円だから高い」と判断するのでは無く、提供されるサービスの内容で費用が高いか安いかを判断するべきです。

MEO対策の費用に影響がある項目は、以下になります。

  • 契約期間
  • キーワード数
  • 店舗数
  • 対策内容
  • 順位計測ツール
  • 追加費用

それぞれ詳しく解説します。

3-1

契約期間

MEO対策の費用は、契約期間によって変動することがあります。

例えば、月額固定型のプランで6ヶ月と12ヶ月契約の2パターンの契約期間が用意されていて、契約期間が長い12ヶ月契約は、6ヶ月契約よりも月額の費用が割引されているプランを用意している場合があります。

長期的に専門家による施策をおこなってほしい場合や、毎月の固定費を抑えたい場合は12ヶ月契約を選択しましょう。逆に一定の効果が出た後は、インハウスでMEO対策をおこなうことを考えている場合や、長期契約をリスクに感じる場合は6ヶ月契約を選択しましょう。

ただし、契約期間によって対策項目や提供サービスの内容が変わるプランを提供しているMEO会社もあるため、事前に確認しておきましょう。

3-2

キーワード数

MEO対策の費用は、対策をおこなうキーワードの数によっても異なります。一般的には対策をおこなうキーワードの数が増えれば増えるほど、MEO対策にかかる費用も比例して増えていきます。

MEO対策にかかるコストを抑えるためにはキーワード数を少なくする必要がありますが、その分Googleマップ上での露出も減ってしまい来店に繋がらない可能性があります。

また、業界によっては3単語、4単語で検索をおこなうロングテールキーワードからの流入が多いケースもあるため、どのくらいのキーワード数でMEO対策をおこなうのが適切なのか専門家に相談の上、費用とのバランスを考えて決めましょう。

3-3

店舗数

MEO対策をおこなう店舗数によっても費用は異なります。対策する店舗数が増えるほどMEO対策にかかる総額の費用は増えますが、1店舗あたりの対策費用を割引してくれる会社が殆どです。

例えば、弊社のMEOサービスは自社開発したツールを使って一括で投稿作業などができるため、店舗数が多ければ多いほど効率よく施策をおこなうことができ、その分費用を割引できます。

店舗を複数運営している場合は、1店舗で申し込む場合と複数店舗で申し込む場合でどの程度費用に差があるのか、事前に見積もりをとるようにしましょう。

3-4

対策内容

Googleマップ内で上位表示させるためにおこなう対策内容によっても、MEO対策の費用は異なります。

例えば、Googleビジネスプロフィールの運用についてアドバイスをしてくれるだけの会社と、投稿作業や写真のアップなどの実作業をやってくれる会社では対策にかかる人件費が変わるため、MEOのサービス費用が異なります。

対策内容が充実しているMEO会社は費用が高額になる傾向がありますが、その分MEO効果や集客効果が期待できます。ただし高いから良い、安いから悪いということではありません。自社でできる部分は社内でおこない、出来ない部分だけ外注してコストを抑えるのも1つの手段です。

MEO会社と自社で作業分担の範囲を決めた上で、それに見合ったコストの会社を選ぶことが大切です。

3-5

順位計測ツール

MEO対策の成果報告や、レポート提出で利用する順位計測ツールが「自社開発」か「他社システム」なのかによってMEO対策の費用は変わります。

自社開発している場合は、順位計測に関するデータを自社内に保有するのにサーバー代くらいしかかりません。一方で、他社のシステムを利用している場合は、システムの利用料が発生しているためその分のコストがサービス費用に追加されてます。

また、過去のデータを最大何ヶ月保有できるかどうかや、上位に表示されていることを証明するためのスクリーンショット機能があるかどうかによっても費用は変わるため、どのような順位ツールを利用できるかどうかも含めて費用を確認しましょう。

3-6

追加費用

MEO会社の中には基本プランとは別にオプションが用意され、追加費用が発生するケースがあります。

MEO対策はGoogleビジネスプロフィールの更新や運用以外にも、URL欄に掲載したWEBサイトの最適化や引用・言及を増やすサイテーション、地域に関連するサイトからのリンクの獲得など外部施策が必要になる場合があります。

MEO会社によっては、これらの施策はオプションとして設定され別途費用が発生します。

また、上記以外によくあるオプションとしては、「口コミ返信の代行」「ストリートビュー撮影」「管理ツール」「口コミ獲得ツール」「サイテーションの代行」などが挙げられます。

オプションの内容は会社によって異なるため、事前にオプションがあるかどうかの確認と、契約途中で追加費用が発生することがあるかを事前に確認しておきましょう。

4

MEO対策を外注するかどうかの判断基準

MEO対策を外注するかどうかの判断基準は、以下になります。

  • 予算とリソース
  • 自社の知見では改善できない場合

それぞれ詳しく解説します。

4-1

予算とリソース

MEO対策を外注するかどうかを判断する上で一番重要なことは、予算やリソースの状況を正しく把握することです。

業界によっても異なりますが、一般的な広告費は売上の5%~10%と言われています。まずは、ビジネスの状況から広告費としてMEO対策にかける費用が、売上に対して適切な金額かどうかを確認します。また、社内のリソースが本当に余っているかどうかを確認し、人材や時間が余っているのであれば社内で取り組みましょう。

予算があり社内で対応するリソースが無い場合は、MEO会社に依頼することを検討します。プロに任せることで専門的な施策を効率良くおこなえるため、社内で取り組むよりも効果を早く出すことができるでしょう。

4-2

自社の知見では改善できない場合

自社でMEO対策を取り組んでも、中々結果が出ない場合は外注を検討しましょう。

効果の無い施策や間違った施策を続けてしまったり、意図せずGoogleのガイドラインに反した施策をおこなってしまうとアカウントが停止されたり、最悪削除される可能性があるため、やみくもに社内で施策を続けるのは得策とは言えません。

費用はかかりますが、プロに相談することで、自社では気づけなかった改善点や課題を発見することができるため、順位が改善される可能性が高くなります。

外注に依頼してMEOを成功させるには、信頼できるMEOコンサルを選ぶことが大切です。

次の項目で、どのような会社を選べば良いか解説します。

5

費用対効果の高いMEO会社の選び方

MEO対策は、プランや料金体系が良くてもサービスの特性上、成果が出なければ掛けた費用が無駄になってしまいます。そのような事態にならないために、費用対効果の高いMEO会社の選び方を解説します。

MEO対策会社を選ぶポイントは、以下6つです。

  1. 実績を確認する
  2. プランを確認する
  3. 対応してくれる施策範囲を確認する
  4. 効果測定の方法を確認する
  5. MEOの専門的なノウハウがあるか確認する
  6. サポート体制

それぞれ詳しく解説します。

5-1

実績を確認する

費用対効果の高いMEO会社とは、支払った費用に対して大きな成果を上げてくれる会社です。まずは、過去におこなってきたMEO対策でどのような実績があるのか、ホームぺージのお客様の声や口コミなどを確認して調べましょう。

ただ実績を見るのではなく、自社のサービスと近い業界の実績があるかどうかや、得意な業界がどこか、どのように売上が伸びたかなど詳しく確認します。

また、MEO会社自体のGoogleビジネスプロフィールが「MEO」や「MEO会社」などのキーワードで、Googleマップに表示されているかも合わせて確認します。自社の対策がしっかりできていない場合は、注意が必要です。

しっかりと実績のあるMEO会社を選べば、費用対効果の高いMEO対策をおこなうことができます。

5-2

プランを確認する

費用対効果の高いMEO会社を選ぶには、自社の目標や目的に合うプランを提供しているかを確認しましょう。例えば、多くのキーワードで競合店舗よりも露出させたいことが目的の場合は、キーワード数が多く対応できるプランを提供しているMEO会社を選ぶ必要があります。

また、「途中でキーワード変更ができるのか」「キーワードを追加することができるのか?」「効果が見られない場合は追加の施策をおこなってもらえるのか?」などを確認して、柔軟な対応をおこなうことができるプランかどうかを確認しておきましょう。

事前に、達成したい目標や求める成果を明確にしておくと、自社にマッチしたプランを提供している会社を選びやすくなります。

5-3

対応してくれる施策範囲を確認する

費用対効果の高いMEO会社を選ぶには、対応してくれる施策の範囲を確認しておくことが大切です。

MEO対策でおこなう施策の内容は多岐にわたりますが、その全てをMEO会社が代行してくれる訳ではありません。そのため、どこまでの範囲をやってくれるのか?自社でやらないといけない事は何かを事前に理解しておく必要があります。

例えば、自社内でおこなう必要がある作業が多い場合は、担当者や作業者を用意しておかないと、施策が進まず本来出るはずの成果が出ずに中途半端な結果になってしまいます。

別途社内に担当者を用意したことで、結果的に外注費と人件費がかかり費用対効果が悪くなってしまう可能性もあるため、事前に確認しておきましょう。

5-4

効果測定の方法を確認する

成果報酬プランの場合は、効果測定の方法を事前に確認しておくことが重要です。

Googleマップは、ユーザーのいる場所から近くにある店舗を表示する仕組みになっています。成果報酬型のMEO会社の中には、この仕組みを悪用して店舗がある住所に、順位計測地点を合わせてランクインしやすく調整している会社があります。

露出が増えていないにも関わらず課金されれば、費用対効果が悪いどころか費用の無駄になってしまいます。

一方で良心的な会社であれば、計測地点を自由に指定することができたり、Googleの広告プレビューで使うジオターゲットを利用して公平に順位を計測してくれるため、事前に順位測定の方法をしっかりと確認しましょう。

5-5

MEOの専門的なノウハウがあるか確認する

MEO対策の専門的なノウハウがあるかどうかを確認することで、費用対効果の高い施策をおこなうことができます。

残念なことに、専門的なMEOの知識が無いにも関わらず、サービス提供をおこなっている業者も多く存在します。

このような会社に間違って依頼しないように、最低限以下のポイントを確認してください。

  • 自社メディアやコラムでMEOに関する最新の情報発信をおこなっている
  • サービス資料や提案資料に具体的な施策内容が記載されている
  • Googleビジネスプロフィール外の施策にも対応している
  • Googleビジネスプロフィールのガイドラインを熟知している

上記を確認した上で、複数社から提案をしてもらい比較をおこない、一番専門的と思った会社に依頼するようにしましょう。営業担当者に知識がない場合や、施策内容が曖昧な場合は注意しましょう。

尚、注意すべきMEO会社の特徴については、別の記事で詳しく解説しています。

5-6

サポート体制

見落とされがちですが、サポート体制も長期的な費用対効果を見る上では重要な項目です。

定期的に打ち合わせをおこなうことが出来るだけではなく、役立つ情報を教えてくれる会社であれば社内に知見が貯まります。そうなればインハウスでMEOをおこなう事ができるようになるため、費用をかけずにMEO対策を続けることができます。

来店率を高めるために必要な、「レビュー返信のやり方」「レビューの獲得方法」「投稿する写真の内容」「投稿に内容」など、運用に関わる部分も含めてサポートしてくれるかどうか事前に確認しておきましょう。

6

費用を抑えるためにインハウスでMEO対策をおこなう

MEO対策はHTMLやプログラミングの知識が無くてもできるため、予算が取れない場合は、費用を抑えるために社内で取組むことも検討しましょう。

MEO対策はGoogleビジネスプロフィールの仕組みを理解することができれば、基礎的な施策は簡単におこなうことができます。Googleビジネスプロフィールは無料で登録することができるため、自分でおこなえば費用は一切かかりません。

まずは、MEO対策を自分で出来る所までおこない、自分自身にある程度の知識がある状態でMEO会社に相談することで、「適切なプランかどうか」「自分では出来ない施策をやってくれるかどうか」を見極めることが出来るでしょう。

費用を抑えるために自分で取り組んでみたい方は、以下記事を参考に進めてみてください。

7

まとめ

今回は、MEO対策の費用相場について解説しました。

MEO対策を外注する際は契約形態や料金プラン、施策内容をしっかりと精査して費用対効果の高い会社に依頼する必要があります。

費用の相場やプランの違い、費用がどのように決められているのかを知っていれば、自社の目的や目標にマッチしたMEO会社に依頼することが出来るため、是非本記事を参考に、費用相場や依頼時にチェックするポイントを覚えてみてください。

尚、弊社ではMEO対策に関するサービスやツールの提供をおこなっております。MEO対策に詳しい経験豊富なスタッフが詳細をヒアリングし、御社に合ったMEO対策方法をご提案いたします。

MEO対策でお悩みの方は、ぜひお問い合わせください。

ホワイトマップ 記事内用バナー


この記事を書いたライター

MEO施策部

オルグロー株式会社のMEO施策部は、地域の中小企業や地元の事業者がオンラインで成功するための専門的な支援を提供する組織です。クライアントのレビュー管理やオンライン評判の向上もサポートし、信頼性と信頼度を高めています。

RECOMMENDED ARTICLES

ぜひ、読んで欲しい記事

  • MEO対策の費用・料金相場│低価格で依頼するために知るべき費用の仕組みのサムネイル画像です
    MEO対策
    2024/06/05

    MEO対策の費用・料金相場とは?低価格で依頼するためのポイントを解説

    2024/06/05

  • MEOとは?対策方法と意味・上位表示のやり方をわかりやすく解説のサムネイル画像です
    MEO対策
    2024/06/21

    MEOとは?MEO対策のやり方と上位表示のポイントを分かりやすく解説

    2024/06/21

  • MEOツール比較のサムネイル画像です
    MEO対策
    2024/06/04

    MEOツール比較16選|選び方やポイント・料金を解説

    2024/06/04

  • Yahoo!プレイス一括管理ツール│メリットや選び方を解説のサムネイル画像です
    MEO対策
    2024/03/26

    Yahoo!プレイス一括管理ツール│メリットや選び方を解説

    2024/03/26

  • Yahoo!プレイス「LINE公式アカウント」連携方法│友だち追加ボタンの設置方法を解説のサムネイル画像
    MEO対策
    2024/03/19

    Yahoo!プレイス「LINE公式アカウント」連携方法│友だち追加ボタンの設置方法を解説

    2024/03/19

  • GoogleビジネスプロフィールにSNSアイコンを表示させる方法のサムネイル画像です
    MEO対策
    2024/01/12

    【新機能追加】GoogleビジネスプロフィールにSNSアイコンを表示させる方法

    2024/01/12

backtotop