WEBマーケティングをもっと身近に。
SEO対策 2024/04/17

SEOコンサルティング会社おすすめ9選!依頼するメリットをプロが解説

SEOコンサルティングの会社おすすめ9選のサムネイル画像です

SEOコンサルティングとは、自然検索結果で自社のWEBサイトを上位表示させ流入数や問合せ数を増加させる支援を行うサービスです。今回はSEOコンサルティングでオススメの会社の紹介と、実際に行ってくれる業務や会社の選び方・依頼するメリットについて詳しく解説します。SEO対策の外注を検討している方は是非最後までご覧ください。

1

SEOコンサルティングとは

SEOコンサルティングとは、SEO対策の専門知識を持つ会社やコンサルタントが、自社のSEO対策を代行するサービスのことです。依頼することで、キーワード選定・テクニカルな施策・被リンクの獲得・コンテンツの作成・CVRの改善など多くのサポートや支援を受けられます。

SEO対策を内製化できていれば依頼する必要はありませんが、リソース不足やスキル不足が原因で思ったようなWEB集客ができていない場合は、SEOコンサルティング会社への依頼を検討してみましょう。

具体的にどのようなことを行ってくれるのか、次の項目で紹介します。

1-1

SEOコンサルティングの内容

SEOコンサルティングの内容は会社によって異なりますが、一般的なコンサルティング内容は以下になります。

サービス内容説明
WEBサイトの分析流入キーワード・閲覧数など現状のアクセス状況の分析と、WEBサイト内にあるマイナス要因の特定を行います。
競合サイトとの比較分析ページ品質・インデックス数・関連ページ数・被リンク数など、WEBサイトの根本的な評価に関わる項目で比較分析を行います。
キーワード選定顕在キーワードから潜在キーワードまでビジネスにとって重要なキーワードを選定し、カスタマージャーニーマップに合わせたキーワード戦略を立てます。
SEO対策の戦略策定分析結果と対策キーワード・事業の強みをもとに、実行する施策の決定や施策の優先順位・スケジュールを決定します。
SEO内部対策titleタグ、hタグ、内部リンク、コンテンツの品質改善などページ評価を改善と、ページの内容を検索エンジンに正しく伝える施策を行います。
SEO外部対策被リンクを獲得するためのコンテンツ作成、被リンク営業などを行い、自社サイトの被リンク数・サイテーション数を増加させる施策を行います。
テクニカルSEOWEBサイトの構造、URL構造、サイト速度・canonical,nondexタグを活用したクロール、インデックスの最適化など、技術的な施策を支援します。
コンテンツSEOWEBサイトの専門性の向上と流入数を増加させるため、潜在層向けの検索キーワードに該当するテーマで記事を作成しページ内にアップします。
レポート&分析GoogleアナリティクスやGoogle Search Consoleを使ったWEBサイトへの流入分析や検索順位の報告を定期的に行います。また分析結果に応じた改善案を提出します。
インハウスSEO(内製化支援支援先の企業内にSEO対策のノウハウが蓄積されるように、SEOの講習会やノウハウの共有を行います。
CVR改善CV数を増加させるため、直帰率や離脱率の高いぺージに対してCVRの改善施策を行います。
進捗管理・関係者との連携SEO対策の実装を担当する制作会社や社内エンジニアとの打ち合わせや折衝外注ライターの管理などを行い、SEO戦略の進捗管理を行います。


記載した項目全てに対応してくれるかどうかは会社によって異なります。コンサルティングの内容を理解しておくと、外注先を選ぶ際に自社にとって必要な項目に対応してくれる会社かどうかを判断しやすくなります。

2

SEOコンサルティングを依頼するメリット

SEOコンサルティングを外注することによるメリットは多くありますが、主なメリットは以下3点です。

  1. 専門知識を活用したSEO対策ができる
  2. 社内のリソースを削減できる
  3. 社内にSEOに関するノウハウが蓄積される

それぞれ詳しく解説します。

2-1

専門知識を活用したSEO対策ができる

SEOコンサルティング会社に依頼するメリットは、自社内に知識が無くても専門的な知識を活用したSEO対策ができることです。

SEOコンサルティング会社は、日々検索エンジンの最新の動向やアルゴリズムアップデートに関する情報を分析しているため、SEO対策に関する専門的な知識を持っています。

また、さまざまな業種や業界のSEO対策を実施してきた経験や、有料のSEOツールを使った競合分析などができるため、それらのノウハウを活かしたSEO対策を行えます。

2-2

社内のリソースを削減出来る

SEOコンサルティングを依頼するメリットの一つは、社内のリソースを削減できる点です。SEO対策は、キーワード選定や競合分析、戦略の策定から実装、結果の分析などを継続的に取り組み続けないといけないため、業務負荷の高い作業が発生します。

また、SEO専門の担当者を採用する場合、採用コストや教育コストが発生し、会社のリソースに負担をかけることになります。SEOコンサルティング会社に業務を委託することで、このようなリソースに関する問題を解決できます。

2-3

社内にSEOに関するノウハウが蓄積される

SEOコンサルティングを外部の専門家に依頼することで、社内にSEOに関するノウハウが蓄積されるのもメリットの一つです。SEOコンサルタントとSEO戦略について情報共有しながら施策を進めることで、窓口となる担当者はSEOの効果的な施策やコンテンツの作成方法、ツールの使用方法などについて学べます。

社内でSEO戦略を立案するノウハウが内部に蓄積されることで、将来別のWEBサイトやページを作成する際にも、SEOの観点から最適な方法で作成できるようになります。

3

SEOコンサルティングでおすすめの会社9選

SEOコンサルティングでおすすめの会社は以下の9社です。

  1. オルグロー株式会社
  2. アユダンテ株式会社
  3. 株式会社ニュートラルワークス
  4. 株式会社PLAN-B
  5. ナイル株式会社
  6. 株式会社アイレップ
  7. 株式会社Speee
  8. アイオイクス株式会社
  9. 株式会社プリンシプル

各社の特徴について詳しく紹介します。

3-1

オルグロー株式会社

オルグロー株式会社

【特徴】

  1. 3,000社以上の施策実績を元に幅広いサイトに対応可能
  2. テクニカルな施策の実装からコンテンツ作成・ローカルSEOまで幅広く対応
  3. 課題や予算に合わせたオーダーメイド型のコンサルティング

3,000社以上の施策実績を元に幅広いサイトに対応可能

オルグロー株式会社が提供するホワイトリンクサービスでは、一般的なコーポレートサイトやサービスサイトのSEOだけでなく、データベース型のサイトやオウンドメディア・ニュースメディアまでさまざまなSEOコンサルティング支援が可能です。

また、これからWEBサイトを立ち上げる場合やリニューアル時のSEO支援など、WEBサイトの状況や規模に関わらず支援できます。

テクニカルな施策の実装からコンテンツ作成・ローカルSEOまで幅広く対応

課題の分析や改善策の提案だけではなく、技術的な施策の実装まで対応できるのもオルグロー株式会社の特徴です。フロントエンド・バックエンドのエンジニアが在籍しているためシステム改修を含む施策の実装に対応できます。

また、ライターやコンテンツディレクターも在籍しているため、記事コンテンツの作成・CMSの投稿・画像作成まで可能です。

課題や予算に合わせたオーダーメイド型のコンサルティング

パッケージ化された料金プランではなく、サイトの規模や課題に合わせたプランを提案できるのもオルグロー株式会社の特徴の一つです。

たとえば、一つのエリアに特化した集客を行っている場合は、月に数十万円もかけるSEO対策は必要がない場合が多いため、その分安価な価格でコンサルティングが可能です。

大規模サイトの場合でも課題の数や必要な施策によってプランを提示しています。これにより、予算と目標に合わせて最適なSEOコンサルティングを受けられます。

会社名オルグロー株式会社
住所東京都渋谷区神泉町10-10VORT渋谷神泉6F
電話番号03-5784-4330
コーポレートサイトURLhttps://www.allgrow.co.jp/
サービスサイトURLhttps://white-link.com/
費用月額10万円~70万円
設立年2012年
3-2

アユダンテ株式会社

アユダンテ株式会社

【特徴】

  1. 豊富なキャリアを持つSEOコンサルタントが多く在籍
  2. 技術的に複雑な案件やグローバルSEOにも対応
  3. SEO以外のWEBマーケティングにも対応

豊富なキャリアを持つSEOコンサルタントが多く在籍

アユダンテ株式会社の強みは豊富なキャリアを持つSEOコンサルタントが多く在籍しているため、大規模ECサイトからポータルサイトまで幅広く対応出来るのが魅力です。

また、案件ごとに専任コンサルタントが契約のスタートから施策の完了まで担当し、サイトの特徴や強みを理解した上でSEO対策を行って貰えます。

技術的に複雑な案件やグローバルSEOにも対応

アユダンテ株式会社では、SEOの知見を持ったエンジニアや多言語SEOに対応できるコンサルタントが在籍しているため、技術的に複雑な案件やグローバルSEOにも対応することが可能です。

クライアント側の開発担当者や外部の提供業者に対して、エンジニアが直接アドバイスを行ってくれるので、これからテクニカルSEOの実装を考えている企業は相談してみましょう。

SEO以外のWEBマーケティングにも対応

SEO以外にもGoogle広告やGA4のデータ解析など幅広く対応してもらう事が出来ます。Googleの認定リセラーのため、データ量の多いWEBサイトの解析や運用のコンサルティングまで対応してくれます。

また、GAの設定やタグマネージャーの設定など各種サポートも可能です。SEOと広告運用・アクセス解析をセットで依頼したい場合はオススメです。

会社名アユダンテ株式会社
住所東京都千代田区麹町2丁目2-4麹町セントラルビル6F
電話番号03-3239-8441
コーポレートサイトURLhttps://ayudante.jp/
サービスサイトURLhttps://ayudante.jp/products/seo/
費用・SEOサイト診断1ヵ月契約80万円~ 
・リニューアルSEO支援 400万円~(半年~1年間)
設立年2006年
3-3

株式会社ニュートラルワークス

株式会社ニュートラルワークス

【特徴】

  • 内部対策・外部対策・コンテンツ作成まで全て対応可能
  • SEO・広告運用・SNS運用など総合的な集客支援が可能
  • 有名SEOコンサルタントが参加

内部対策・外部対策・コンテンツ作成まで全て対応可能

株式会社ニュートラルワークスの特徴は、内部施策から外部施策・コンテンツ制作までSEOに関連する全ての施策に対応している事です。また、エンジニアも在籍しているため、テクニカルな施策の実装まで対応してもらう事が出来ます。

独自で作成したSEOチェックリストを基に、WEBサイトの分析・調査を行った上で施策の優先順位を付けて提供してくれます。

SEO・広告運用・SNS運用など総合的な集客支援が可能

株式会社ニュートラルワークスはSEOだけでなく、WEBサイト制作・リスティング広告・SNSの運用代行などの総合的なWEB集客支援が可能です。そのため、SEOコンサルティングサービスだけではなく、自社メディアや定期的に開催しているウェビナーで幅広く情報発信を行っています。

総合的なWEB集客支援を受けたい場合はオススメです。

有名SEOコンサルタントが参加

株式会社ニュートラルワークスの強みは、有名SEOコンサルタントがパートナーとして参加している事です。

SEOに関わる人なら多くの人が読んでいる「現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル」の執筆者である西山悠太朗氏や、日本で初めてSEOに関する書籍を執筆したボーディー有限会社の住太陽氏がパートナーとしてサポートしています。

このことからも、SEOについて専門的な知見を活かした施策を行っている会社であることが分かります。

会社名株式会社ニュートラルワークス
住所神奈川県茅ヶ崎市浜竹1-11-56
電話番号04-6737-5958
コーポレートサイトURLhttps://n-works.link/
サービスサイトURLhttps://n-works.link/seo-consulting
費用月額30万円〜
設立年2016年
3-4

株式会社PLAN-B

株式会社PLAN-B

【特徴】

  • WEBサイトの型に合わせたSEOコンサルティングを提供
  • 累計取引社数5,000社超で培ったノウハウがある
  • 自社開発したSEOツールを提供している

WEBサイトの型に合わせたSEOコンサルティングを提供

株式会社PLAN-BのSEOコンサルティングサービスは、定型的なSEO施策を行うのではなく、WEBサイトの型に合わせた施策を行うのが特徴です。

WEBサイトはメディアサイトやECサイト、データベース型のサイト、ポータルサイトなど様々な種類があり、それぞれの特徴を活かした施策を行う必要があります。それら全てに対応出来るノウハウがあるのは大きな強みと言えるでしょう。

累計取引社数5,000社超で培ったノウハウがある

株式会社PLAN-Bが提供するSEOコンサルティングの強みは、累計5,000社を超える様々な業界のクライアントとの取引経験をもとにした豊富なノウハウがあることです。有名企業との取引も多く、大規模メディアのSEO支援など多くの実績があります。

自社開発したSEOツールを提供している

株式会社PLAN-Bは、SEOの分析ツールSEARCH WRITE(サーチライト)を提供しています。社内のSEOノウハウを活かして開発したツールだけあって、施策の進捗確認や、効果検証、記事構成の作成などコンテンツSEOを取り組む上で役立つ機能が揃っています。

直接SEOコンサルティングを受けたい企業や、インハウスでSEOを行いたい企業どちらにも対応できるサービスがあるのが大きな強みです。

会社名株式会社 PLAN-B
住所大阪市西区新町1-28-3 四ツ橋グランスクエア6階
電話番号06-6578-5558
コーポレートサイトURLhttps://www.plan-b.co.jp/
サービスサイトURLhttps://www.plan-b.co.jp/solution/seo/consulting/
費用月額40万円
設立年2003年
3-5

ナイル株式会社

ナイル株式会社

【特徴】

  • 検索順位とCVR改善施策を高いレベルで実行
  • 有名企業や大手企業との豊富な取引実績
  • SEOメディア「ナイルのSEO相談室」を運営

検索順位とCVR改善施策を高いレベルで実行

ナイル株式会社のSEOコンサルティングの特徴は、検索順位の向上だけではなくコンバージョン率の向上を含む施策を高いレベルで行う事です。

経験豊富な経験豊富なSEOコンサルタントやアナリスト・コンテンツディレクターが事業理解やユーザー理解を徹底して行い、施策を立案・実行後、効果検証でABテストを実施するなど売上を最大限高めるためのコンサルティングを行ってくれます。

有名企業や大手企業との豊富な取引実績

ナイル株式会社は有名企業や大手企業と多くの取引実績があり、SEOの支援やSEO内製化サポートでクライアントの事業を成功させています。

大手企業のSEOを行っているイメージがありますが、中小企業でもSEOコンサルティングを受ける事が出来るので、大手企業の支援ノウハウを活かしたSEOコンサルティングを受けたい方にはオススメです。

SEOメディア「ナイルのSEO相談室」を運営

ナイル株式会社はSEOについての情報発信を行うメディア「ナイルのSEO相談質」の運営を行い、役に立つ情報をメディアを通して多く発信しています。SEOに関する用語や情報を調べた事があるユーザーであれば、一度は見た事があるのではないでしょうか?

最近は、メディアだけではなくウェビナーやYouTubeでもSEOの情報発信を行っているため、SEOに関する情報収集を行っている方は定期的にチェックしましょう。

会社名ナイル株式会社
住所東京都品川区東五反田1-24-2 JRE東五反田一丁目ビル7F
電話番号03-6409-6766
コーポレートサイトURLhttps://nyle.co.jp
サービスサイトURLhttps://www.seohacks.net/lp/seo-consulting/
費用要問合せ
設立年2007年
3-6

株式会社アイレップ

株式会社アイレップ

【特徴】

  • 本を代表するデジタルマーケティング企業
  • 収益化に拘ったSEOコンサルティング
  • SEOに関する資料が豊富

日本を代表するデジタルマーケティング企業

株式会社アイレップは、設立から25年以上の日本を代表するデジタルマーケティング会社です。大手広告代理店とのパートナーや日本で一番最初にGoogleアドワーズ広告の代理店になった事でも有名です。

2000年代初期にサーチエンジンマーケティング総合研究所を立ち上げるなど、日本の検索エンジンマーケティングに関して多くの実績を持っています。

収益化に拘ったSEOコンサルティング

株式会社アイレップは検索順位を上げる事ではなく、流入数が増えたその先にある収益を重要視したSEOコンサルティングを行っています。様々な取組みを通して培ったデジタルマーケティングの知見を活かしてクライアントの事業を成長させる事が出来ます。

また、SEO対策以外にもテレビCMを含む様々な広告出稿のコンサルティングを受ける事が出来ます。

SEOに関する資料が豊富

株式会社アイレップはSEOに関する資料を多く提供しています。その多くが検索エンジンの動向についての資料となっており、順位の推移やアルゴリズムの動向に関する分析データを無料で公開しています。

定期的にSEOに関する最新の動向についての資料を公開しているため、興味がある方はWEBサイトを確認してみましょう。

会社名株式会社アイレップ
住所東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
電話番号03-5475-2720
コーポレートサイトURLhttps://www.irep.co.jp/
サービスサイトURLhttps://www.irep.co.jp/service/communication/full-funnel/acquisition/seo/
費用要問合せ
設立年1997年
3-7

株式会社Speee

株式会社Speee

【特徴】

  • 複数のスペシャリストがSEOを担当
  • DX支援ツール「Markeship」で施策を管理
  • 自社でメディア事業を行っている

複数のスペシャリストがSEOを担当

株式会社SpeeeのSEOコンサルティングは、プロジェクトマネージャーだけではなくサイト分析を行うアナリスト、アルゴリズム解析を行うデータサイエンティストがチームになって案件を担当してくれます。

SEOの専門知識だけではなく、専門的なデータ分析の結果を元に実行されるSEO施策は、多くの有名企業のWEBサイトを成功させています。

DX支援ツール「Markeship」で施策を管理

株式会社SpeeeのSEOコンサルティングでは自社開発の「Markeship」で、WEBサイトの課題抽出、施策の進捗確認、アクセス解析で重要な指標のチェックなど、SEO対策を行う上で必用な項目を視覚的に把握することが出来ます。

SEOで行う施策や、進捗を可視化して進めたい場合はオススメです。

自社でメディア事業を行っている

株式会社SpeeeはSEOコンサルティング事業だけではなく、不動産に関するメディア事業も行っています。不動産関連のキーワードは競合性が高く、SEO対策の難易度が高い業界ですが、株式会社Speee社が運営するメディアサイトは難易度の高いキーワードで多くランクインしています。

このことからもSEOのスキルが高い事が分かります。

会社名株式会社Speee
住所東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー35階、39階
電話番号-
コーポレートサイトURLhttps://speee.jp/
サービスサイトURLhttps://webanalytics.speee.jp/
費用要問合せ
設立年2007年
3-8

アイオイクス株式会社

アイオイクス株式会社

【特徴】

  • 老舗のSEO会社
  • 丁寧な事前調査と的確な施策の実行
  • 情報量国内トップクラスのSEOメディア「SEO JAPAN」の運営企業

老舗のSEO会社

アイオイクス株式会社は、国内では老舗のSEO会社として有名な会社です。まだSEOという言葉が一般的ではない時代からSEOコンサルティングサービスを行っていて、数多くの企業のSEOを支援してきた実績があります。

丁寧な事前調査と的確な施策の実行

約1ヵ月の時間をかけて、事業の強みやWEBサイトの課題についてのヒアリング・調査をしっかりと行った上で施策方針を決めるため、事業を成長させるために必要な施策の解像度が高いのが特徴です。

また、施策項目の優先度を事前に設定し、重要性の高い項目から施策を行ってくれるため、短期間でSEO効果を出してくれます。豊富な経験をもとに行う柔軟なSEOコンサルティングで、多くの企業のWEB集客を成功に導いています。

情報量国内トップクラスのSEOメディア「SEO JAPAN」の運営企業

アイオイクス株式会社は、日本最大級の情報量を誇るSEOメディア「SEO JAPAN」の運営企業です。一般的なSEOに関する情報発信だけではなく、海外SEOメディアを日本語に翻訳した記事を多く掲載しています。

古くからSEOに関する情報発信を行っているため、同業者からの認知度も高くSEOに関する専門性の高い企業です。

会社名アイオイクス株式会社
住所東京都渋谷区恵比寿3-46-3
電話番号 03-6408-2870
コーポレートサイトURLhttps://seojapan.com/
サービスサイトURLhttps://seojapan.com/service/seo-consulting/
費用7ヵ月480万円~
設立年2002年
3-9

株式会社プリンシプル

株式会社プリンシプル

【特徴】

  • 一流のSEOコンサルタントが解析力を活かした最新の検索アルゴリズムに対応
  • WEBサイト全体の緻密な解析と具体的な施策を提案
  • 施策の実施後に効果を測定・分析して次の施策へと活かす

大規模サイトに強いSEOコンサルティングサービス

株式会社プリンシプルは大規模サイトのSEO対策に定評があります。大規模サイトのSEOでは重要となるサイトの改修が発生するテクニカルな施策でも、提携している開発会社と連携を取り、Googleのアルゴリズムや評価基準にマッチしたサイトを構築してくれます。

また、サイト改修が出来ない場合やCMSの仕様によって施策が出来ない場合でも、その中で最適な施策を提案してくれます。

WEBマーケティング全般の対応が可能

株式会社プリンシプルは、SEO対策だけではなくGoogle広告の運用やサイトリニューアルのコンサルティング・アクセス解析・Looker Studio、Tableauの運用支援・DX人材の育成まで幅広くサービス展開を行っています。

SEO対策の効果検証を行うため、自社向けにカスタマイズしたデータ分析を行いたい場合や社内にデータ分析のノウハウを構築したい場合はオススメです。

データ分析に関する多くの書籍を出版

本記事内で紹介するSEOコンサルティング会社の中で、アクセス解析やデータ分析について一番多くの書籍を出版しているのが株式会社プリンシプルです。

Googleアナリティクス4やSQL・Tableauを覚える上で読んだ事があるユーザーも多いのではないでしょうか?大規模サイトのデータ分析を含むSEOコンサルティングを検討している場合は、依頼先の筆頭候補になる会社です。

会社名株式会社プリンシプル
住所東京都千代田区神田駿河台4-2-5 トライエッジ御茶ノ水10階
電話番号03-6206-9003
コーポレートサイトURLhttps://www.principle-c.com/
サービスサイトURLhttps://www.principle-c.com/service/strategy-planning/seo/
費用要問合せ
設立年2011年
4

SEOコンサルティング会社比較表

ここまでに紹介した会社がSEOに関しての情報発信数や取り組み、事例数などを比較表にしたのでご確認ください。

SEO関連の記事数SEO事例数SEO資料数SEO関連の書籍数
オルグロー株式会社3308980
アユダンテ株式会社901804
株式会社ニュートラルワークス161190
株式会社 PLAN-B3608500
ナイル株式会社28063665
株式会社アイレップ30373
株式会社Speee0390
アイオイクス株式会社2544
(海外翻訳含む)
10112
株式会社プリンシプル621548
2024年3月26日時点
※ 記載内容に誤りがある場合はご連絡ください。
5

SEOコンサルティング会社を選ぶポイント

SEOコンサルティング会社に外注する場合は、以下のポイントを踏まえた上で選びましょう。

  • SEOに関する知識・スキルがあるか
  • 自社に近い業界の実績があるか
  • 施策の実装やコンテンツ作成まで対応可能かどうか
  • 施策内容を事前に開示してもらえるかどうか
  • サポート体制が整っているか

それぞれ詳しく解説します。

5-1

SEOに関する知識・スキルがあるか

SEOコンサルティング会社を選ぶ際、もっとも重要なポイントは、その会社がSEOに関する知識やスキルが十分にあるかどうかを確認することです。

知識やスキルを確認する分かりやすい確認方法の一つとして、その会社自体が「SEO会社」や「SEO」などのキーワードで上位表示されているかどうかを確認します。SEOのプロであれば、自社サイトもSEOで集客できているはずです。

次に、ブログやオウンドメディア・YouTubeなどで発信してるSEOに関する情報を見てみましょう。専門的な意見や情報を発信している会社であれば、SEOの知識やスキルが高いと言えます。

最後に、窓口に立っているSEOコンサルタントのレベルを確認します。SEOに関することや自社サイトの課題について質問を行い、論理的に回答できるのであれば問題ありませんが、誤魔化すような回答や曖昧な回答の場合は注意が必要です。

なぜなら、実際にSEOの戦略を考えるのはSEOコンサルタントになるため、担当者のスキルや知識が豊富でなければ良い結果は得られないためです。

【確認するポイント】

  • SEOコンサルティング会社自体がSEO対策をやっているかどうか
  • SEOコンサル(担当者)のSEOスキルの確認
  • SEOコンサルティング会社が行っている情報発信
  • 最新のSEOトレンドを把握しているかどうか
5-2

自社に近い業界の実績があるか

SEOコンサルティング会社を選ぶ際は、自社に近い業界の実績があるかどうかを確認しましょう。

業界ごとにキーワード難易度や、競合サイトの状況、そしてSEOの施策が異なります。そのため、自社の業界に精通しているコンサルティング会社を選ぶことで、より効率的なSEO対策が期待できます。

また、記事作成やコンテンツSEOを行うオウンドメディアのSEO実績が豊富でも、自社のWEBサイトがデータベース型のWEBサイトの場合、取組む施策が大きく異なるためWEBサイトのタイプに応じた実績の確認が必要です。

【確認するポイント】

  • 自社の業界に近い成功事例やランクイン事例の確認
  • 自社のサイトタイプに近い成功事例やランクイン事例の確認
  • 実際に対策を行ったクライアントの声を確認する
5-3

施策の実装やコンテンツ作成まで対応可能かどうか

SEOコンサルティング会社を選ぶ際は、施策の実装やコンテンツの作成まで対応が可能かどうか確認しましょう。SEO対策は、HTMLの修正やCWVの改善・クロール、インデックスの最適化などテクニカルな施策や、WEBサイトによってはシステムの改修が必要になるケースがあります。

そのため、リソース不足で社内にエンジニアがいない場合や制作会社が対応できない場合、内部対策の実装が可能なエンジニアがSEO会社側にいることが施策を行う上で必須条件となります。

また、コンテンツSEOに取組む場合や、オウンドメディアのSEO対策を行う場合は、高品質な記事作成を継続的に行う必要があります。

高品質な記事を作成するためには、記事の執筆だけではなく、事前のテーマ選定やWEBサイトでの重複確認、記事構成の作成、校正校閲など多くの作業が発生します。そのため、これらの作業に事前に対応することが可能かどうかも合わせて確認しておきましょう。

【確認するポイント】

  • 社内のエンジニアの数
  • 対応可能なCMSやプログラミング言語の数
  • 記事の品質・構成を管理するコンテンツディレクターの有無
  • 自社の業界に精通したWEBライターの有無
5-4

施策内容を事前に開示してもらえるかどうか

SEOコンサルティングで行う施策内容が明確になっているかを、事前に確認しましょう。

SEO対策はノウハウになるため、SEO会社としても事前にすべてを公開するのは難しいのが実情ですが、施策内容を明確にしてくれない場合は注意が必要です。

何故なら、何をやるのか分からない状態で契約をしてしまうと「思っていた施策内容と違う」「やって欲しいことをやってくれない」といったトラブルに発展するケースがあるためです。

SEO対策はWEBサイトにより課題や問題点が異なるため、WEBサイトが抱える改善点を事前に分析してもらい、施策内容を明確にしてもらった上で契約するようにしましょう。

明確になっているか判断しづらい場合は、複数社から提案をしてもらい比較すると分かりやすくなります。

【確認するポイント】

  • 自社サイトが抱えるSEO上の問題点とその理由
  • 契約期間中に行う施策の内容
  • 提案された施策で効果が出なかった場合の対応策
  • 施策の実装範囲

ただし、施策内容が明確だからと言ってパッケージ化されたSEOサービスの場合は注意が必要です。「記事を〇〇本納品する」「Titleタグやhタグの修正しかやらない」など、やることが明確でもWEBサイトの問題点とマッチした施策内容でなければ順位は上がらないためです。

5-5

サポート体制が整っているか

SEOコンサルティングは、半年~1年程度の期間をかけて取り組むため、定期的に連絡を取り合い、疑問や問題に迅速に対応してくれるサポート体制が整っているかどうかも確認しましょう。

サポートがなければ、契約期間中にどのような施策をやっているのか分からないまま終わってしまう可能性があります。

そこで、契約前にコンサルタントが定期的に進捗報告やWEBサイトの順位やパフォーマンスに関する詳細な分析結果を提出してくれるか確認します。メールだけでなく、電話やオンラインミーティングなどで直接コミュニケーションがとれるかも合わせて確認しましょう。

また、契約期間中サポートを行うSEOコンサルタントのコミュニケーション能力も重要です。
SEO対策を成功させるには、WEBサイトが達成したい目標をコンサルタントが理解し、それにもとづいた戦略を立てる必要があります。

コミュニケーション能力が高いSEOコンサルタントは、企業のニーズや目指すべき目標を明確に把握できるため、WEBサイトの現状分析や市場のトレンド、競合の状況を踏まえた上で、最適な施策を提案してくれるでしょう。

【確認するポイント】

  • SEO効果検証を行う際の提出物の内容や頻度
  • 対応可能なコミュニケーション方法
  • 打ち合わせの上限数の有無、打ち合わせの頻度
  • 担当者のコミュニケーションスキル
6

選んではいけないSEOコンサルティング会社の特徴

SEOコンサルティング会社に依頼したからといって、必ずしも成果が出るとは限りませんが、以下に該当する会社はそもそも選ぶべきではありません。

  • ブラックハットSEOを行う
  • 費用が不透明
6-1

ブラックハットSEOを行う

SEOコンサルティング会社の施策内容にブラックハットSEOが含まれている場合は、依頼してはいけません。

ブラックハットSEOとは、Googleのガイドラインで禁止されている手法を使って検索順位を操作するSEO施策のことで、最悪の場合Googleからペナルティを与えられる可能性があります。

【ブラックハットSEOに該当する手法】

これらの行為を意図的に行うSEOコンサルティング会社はほとんどいないと思いますが、知識がないせいで意図せずブラックハットSEOを行ってしまうケースを耳にするため注意が必要です。

このような施策をおこなう会社かどうか判断するためには、発注者側も基本的な知識を身に着けておく必要があります。Googleがガイドラインに定めているスパム行為については、以下のページで説明されているので一度目を通しておきましょう。

【参考記事】:Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー

6-2

費用が不透明

費用が不透明なSEOコンサルティング会社との契約は、慎重に行う必要があります。

理由は、初期の見積もりでは把握できなかった追加費用が後になって発生する可能性があるためです。契約の途中で追加費用が発生した場合は、予算計画の見直しを行わなければいけないため、SEO対策の進捗が遅れてしまいます。

また、費用が不透明な会社は、提供するサービスの質や範囲も不明確になりがちです。事前の分析をもとに必要な施策の洗い出しや提案が出来ない会社に依頼した場合は、SEOで成功する可能性は低いと言わざるを得ません。

そのため、SEO対策を外注する場合は、必ず数社で相見積もりを行いましょう。次の項目でSEOコンサルティングの費用相場を紹介しますので、そちらも参考にしてみてください。

7

SEOコンサルティングの相場

SEOコンサルティングの一般的な相場は、月額15万円〜50万円くらいです。費用の幅が大きい理由は、WEBサイトの規模やキーワード難易度、競合サイトによって必要になる施策が異なるためです。

以下表は、一般的なSEOコンサルティングの費用と施策やWEBサイトの種類に応じた費用相場です。

施策項目説明月額相場(円)
サイト診断課題抽出と改善指示書の作成100,000円~200,000円(払いきり)
SEOコンサルティング総合的なSEO対策の支援150,000円~500,000円
コンテンツ作成SEO記事の作成50,000円~100,000円(1記事)
被リンク獲得支援被リンク獲得の代行・サポート150,000円~200,000円
ECサイトSEOオンラインショッピングサイトに特化したSEO100,000円~200,000円
エリアSEO地域に特化したSEO50,000円~200,000円
データベース型SEOポータルサイトなどのSEO200,000円~500,000円


尚、コンサルティング費用が高い会社だから良い、安い会社だから悪いといったことはありません。WEBサイトの目標や目的を達成させるために必要な施策の提案と、それに見合った費用を提示してくれる会社を選ぶようにしましょう。

8

SEOコンサルティング導入から実行の流れ

SEOの外注を行ったことがない方に向けて、SEOコンサルティングを導入する流れを「導入前」「導入後」それぞれに分けて説明します。

8-1

【導入前】資料請求・問合せ

まずは、SEOコンサルティングを行っている会社数社に問合せを行います。実績や対応領域、費用感などを参考に3~4社程度に事前に絞った上で資料請求か問合せを行いましょう。

沢山の会社に問合せを行っても問題はありませんが、その分コンサルティング会社からのヒアリングや説明を聞く時間が増えるため、多くの会社に問合せをする場合は、時間に余裕ある状態で行います。

資料請求や問合せを行ってから数日経っても連絡がない会社は、契約後の対応も迅速ではない可能性があるため依頼先から外しましょう。

8-2

【導入前】担当者からのヒアリング

コンサルタントはクライアントからヒアリングを行い、事業の目的や目的・強みを理解したうえでSEO戦略を考えます。

そのため、事前に自社のWEBサイトにおける課題や問題点と感じる部分や、SEO対策を行う目的や半期・年間の目標を社内で決めた上でヒアリングを受けましょう。

また、現在SEO対策を外注している場合や過去に行っていた場合は、取組んでいる施策の内容をできる限り共有し、状況を理解してもらうようにします。

優秀なコンサルティング会社であれば、ヒアリングに対しての回答を深堀し自社が気づいていないSEOの課題や、設定すべき目標を提案してくれます。

反対に、一般的なヒアリングしかしないコンサルティング会社やヒアリングがない会社であれば、成功する可能性が低いため依頼しないほうがよいでしょう。

8-3

【導入前】分析・提案内容の確認

優良なSEOコンサルティング会社であれば契約前にヒアリングをもとに、WEBサイトの分析結果や競合サイトとの比較分析を行い提案資料を作成してくれます。

提出された分析・提案内容で特に確認すべきポイントは、以下になります。

  • SEO対策で得たい成果を理解していくれているか
  • 課題に対する改善案は根拠のある内容かどうか
  • どのような施策を行うのかが明確かどうか
  • 作業を行うのがどちらなのか具体的に書いてあるか
  • 施策を行うスケジュールが具体的に書いてあるか
  • コンテンツの品質に関する分析、テクニカルな分析、被リンク分析を行っているか
  • 提案されたキーワードに抜け漏れがないか
  • ペルソナやカスタマージャーニーマップに間違いや認識違いがないか
  • サポート体制の記載があるか
  • Googleのガイドラインに遵守した施策かどうか

これらの項目をチェックして、問題がなければ契約に進みます。具体的に提示されていない項目がある場合は、コンサルタントに質問を行い疑問点を解決した上で契約に進みましょう。

8-4

【導入後】SEO施策の立案と実施

SEOコンサルティング会社と契約を締結したら、施策を実施していきます。契約前に確認した内容をもとに、SEOディレクターもしくはSEOアナリストがWEBサイトを上位表示させるためのSEO戦略を立案しクライアントに提出します。

実施するSEOの施策内容は、以下のようなものになります。

SEO施策例概要
titleタグ・metaタグの変更titleタグにページのテーマを表すキーワードの設定を行うことで検索結果でのクリック率(CTR)を向上させます。また、各種metaタグの設定を行い、ページの内容を正確に検索エンジンに伝えます。
重複ページの削除WEBサイト内で重複するコンテンツやぺージを特定し、削除またはcanonicalタグ・301リダイレクトを使用して正規のページを指定します。重複ページがなくなることで、検索エンジンの評価が分散することを防ぎます。
コンテンツ内容の改善ユーザーの検索意図にマッチしたコンテンツの作成や修正作業を行います。また、検索意図からずれる項目の削除を行います。これにより、検索クエリとページの関連性を高められます。
コンテンツ品質の改善コンテンツの専門性や正確性・独自性を高めてぺージの品質を改善する作業を行います。競合他社と比べて有益で価値の高いぺージを作成することで、検索エンジンからの評価を高めます。
被リンク獲得関連性や権威性の高い他サイトからの自然なリンクを獲得し、WEBサイトの権威性を向上させる施策を行います。ドメイン自体の評価と信頼性を高めることでランキングを向上させます。
URLの正規化wwwの有無・index.htnlの有無、http.httpsの統合を301リダイレクトで行いクロールリソースの分散を防ぎます。URLの正規化を行うことで被リンクが分散するのを防げます。
ユーザーエクスペリエンスページのロード時間の短縮や、表示速度の向上、モバイルフレンドリー対応を行いユーザーエクスペリエンスを向上させます。WEBサイトの利便性が向上することで検索順位とCVRが向上します。
内部リンクの最適化WEBサイト内のページ間で適切な内部リンクを設定し、ユーザビリティを高めます。また、内部リンクの設計を行うことで、検索エンジンに重要なページを伝えられます。
サイト構造の設計シンプルなサイト構造にすることで、クローラーの巡回効率を高めます。分かりやすいカテゴリ設計を行うことでユーザビリティの向上が期待できます。また、対策キーワードごとに必要なページの選定・作成を行います。


上記はあくまで一例ですが、このようにSEO施策の範囲は多岐に渡るため、契約前に「どのような施策が必要なのか」「だれが実装するのか」を把握しておく必要があります。

8-5

【導入後】効果検証と再施策

SEO施策を実装によってどのような効果が出たのか、定期的にミーティングを開き効果検証を行います。効果検証を行う一般的な頻度は、1か月に1回程度です。

効果検証の内容は主に以下の3点です。

  1. 検索順位
  2. アクセス解析
  3. クロール・インデックスの確認とエラー確認

検索順位は施策の前後で対策キーワードの検索順位がどのように推移したのかを確認し、効果を見て次の施策を検討します。アクセス解析はGoogleアナリティクスを使って自然検索結果からのアクセス数の増減や推移、CV数の確認を行います。

たとえば、施策によって1位になったキーワードがあったとしても、アクセス解析を行った結果CV数が0の場合は効果があったとは言えません。その場合は、キーワード変更やページ内に設置したCTAボタンの変更などを行います。

クロール・インデックスの確認とエラー確認とは、Googleサーチコンソールを使ってCVWやインデックスに関するエラーの確認や「インデックス未登録」になっているページの率が低下しているかなどを確認します。

効果検証の結果をもとに、次の施策を考えるのもSEOコンサルティング会社の役割ですが、ある程度用語や起きている現象を理解できるように、社内のSEO知識を向上させておきましょう。

9

まとめ

今回はオススメのSEOコンサルティング会社と選び方について解説しました。本記事で紹介できなかった実力のある会社も多くあるため、外注を検討している場合は色々な会社のWEBサイトを確認して自社にマッチした会社を選定することをオススメいたします。

コンサルティング会社と良い関係を築くには、担当者との相性やサービスの相性も重要です。記事内で紹介した選び方を参考に、SEO対策が成功するイメージを持てる会社を探してみてください。

ホワイトリンク 記事内用バナー


この記事を書いたライター

SEO施策部

SEMを軸にSEOの施策を行うオルグロー内の一部署。 サイト構築段階からのSEO要件のチェックやコンテンツ作成やサイト設計までを一貫して行う。社内でもひときわ豊富な知見を有する。またSEO歴15年超のノウハウをSEOサービスに反映し、3,000社を超える個人事業主から中堅企業までの幅広い顧客層に向けてビジネス規模にあった施策を提供し続けている。

RECOMMENDED ARTICLES

ぜひ、読んで欲しい記事

  • CGMとは?具体例とSEO効果について解説のサムネイル画像です
    SEO対策
    2024/05/17

    CGMとは?具体例とSEO効果について解説

    2024/05/17

  • QDFとは?のサムネイル画像です
    SEO対策
    2024/05/17

    QDFとは?

    2024/05/17

  • リンクファームとは?SEO効果と見つけ方を解説のサムネイル画像です
    SEO対策
    2024/05/16

    リンクファームとは?SEO効果と見つけ方を解説

    2024/05/16

  • DMCAとは?デジタルミレニアム著作権法が侵害された場合のGoogleへ申請方法を解説のサムネイル画像です
    SEO対策
    2024/05/17

    DMCAとは?デジタルミレニアム著作権法が侵害された場合のGoogleへの申請方法を解説

    2024/05/17

  • 強調スニペットとは?表示方法や仕組みについて解説のサムネイル画像です
    SEO対策
    2024/05/17

    強調スニペットとは|出し方と対策・非表示にする方法

    2024/05/17

  • 「サイト評判の不正使用」とは?該当する行為・対処法を解説のサムネイル画像です
    SEO対策
    2024/05/17

    「サイト評判の不正使用」とは?該当する行為・対処法を解説

    2024/05/17

backtotop